Beauty Charge

様々なスタイルから心と体に美しさをチャージ

ニキビを隠す前に知っておきたい!ニキビが出来たときのメイクの方法と注意するポイント!

ニキビ鏡

「朝、鏡をふと見るとニキビが・・・!」

かなりショックですよね・・・。

それもデートの日や気合の入った合コンの日だったら最悪!

ニキビができたら、ホントはメイクしない方がいいけれど、女子的にノーメイクはナシですよね。

そんな時のために!

今回は、ニキビが出来てしまったときにオススメなメイク方法を紹介します!

これを知らないと、さらにニキビを悪化させてしまうかもしれません・・・。

ニキビがある時にメイクがダメな理由

ニキビができている場所は、肌が敏感になっています。

少しの刺激で

  • ニキビが悪化
  • ひどくなるとニキビ跡が残る

という悪循環にハマってしまいます。

さらに、ファンデーションにはニキビの大敵、「油分」が多いです。

ニキビというのは、皮脂が毛穴に詰まった状態。

ニキビバイ菌

油分が増えれば、毛穴の詰まりがひどくなるだけでなく、油分が大好物なアクネ菌(ニキビの炎症をおこす常在菌)も増えてしまいます。

ファンデーションには持ちやフィット感を高めるために、添加物が多いものも少なくありません。

こうした添加物が肌を刺激し、ニキビを悪化させる原因になるのです。

CHECK!ニキビ+化粧のデメリット

  • ファンデーションを塗ることでニキビを刺激してしまう
  • ファンデーションの油分や添加物がニキビを悪化させてしまう

ニキビがあるなら、ファンデーション選びが肝!

ファンデーションがニキビによくないとはいえ、

「すっぴんで出歩くのはツライ!」

そんな時は、ファンデーションを見直しましょう。

ニキビがある時は、なるべく

  • 油分
  • 添加物

が少ないファンデを選ぶことで、ニキビの悪化を防ぐことは可能です。

油分の少ないファンデーション

ファンデーションパウダー

油分が少ないファンデといえば、パウダリーファンデーション

  • クリームファンデ
  • リキッドファンデ

は油分が多めでしかも重め。

パウダリーファンデは付け心地が軽いだけでなく、

  1. 落としやすい
  2. クレンジングの負担も少ない
  3. ニキビを刺激しない!

という効果があります。

添加物の少ないファンデーション

パウダリーファンデは、クリーム&リキッドファンデよりも添加物は少ない傾向があります。

なので、もし両タイプのファンデを持っているならニキビがある時はパウダータイプを使うようにしましょう。

ミネラルファンデーション

オンリーミネラル ファンデーション10g

つけて寝てしまっても肌に不安をかけないミネラルファンデーション

これもニキビがある時に使えます。

カバー力が弱いというネックはありますが、ニキビを刺激しない上に日焼け止め効果のあるものもあるので、個人的には一押しです!

ファンデーションはブラシでつける!

ファンデーションブラシ

ファンデをつける時、いつものようにスポンジを使うとニキビを刺激してしまう恐れがあります。

できれば、肌あたりのよいブラシでさっとつけるようにしましょう。

ニキビを隠したくてつい厚塗りになりやすいですが、ニキビ隠しはコンシーラーで仕上げます。

コンシーラーはニキビ用のものがベスト

ニキビを隠すにはコンシーラーが最適!

でもコンシーラーでニキビを刺激してしまうこともあるので、できればニキビ用のコンシーラーを使うと安心ですね。

ダーマメディコ UVプロテクトコンシーラープラスC SPF50

ニキビへの塗り方は、ニキビの周りにコンシーラーを乗せてからぼかすようにやさしくニキビに塗ります。

厚塗りにならないように薄く塗ります。

さらにフェイスパウダーをインしても

「ニキビがそれでもしっかり隠れない!」

という場合は、ふわっとフェイスパウダーをつけるのがオススメ!

視線をニキビから反らす!

化粧

ニキビがある時は、

  • ベースメイクは薄めにすることを心がる
  • 目や唇などに視線を集めるようにポイントメイクを強めにする

のがオススメ。

ニキビから目を反らせるようにすると、案外ニキビに気づかれないかも?

ど~してもニキビを隠したい時

ニキビが大量にできちゃった時とか、目立つ場所に大きなニキビができることってありますよね。

例えば、鼻のてっぺんにニキビができるとか。

ニキビをどうしても隠したい時は次のような方法もあります。

でもニキビの負担になりやすいので、「どうしても!」という時だけにしましょう。

マスクで隠す

マスク

鼻から下にニキビができた時は、マスクで隠す方法があります。

秋から春先までは、風邪や花粉症対策にマスクをする人が多いので、マスクをしていても不自然に見えません。

夏は微妙かもしれないですが、とりあえず隠したい!という時は役立ってくれます。

注意

  • 大き目のマスクを使うこと!
    (ニキビにマスクがなるべく触れないように)
  • 使い捨てのマスクを使用すること!
    (マスク内のムレで雑菌が増えてしまうことがあるので使いまわしはNG!)

髪の毛などで隠す

髪隠す

おでこにニキビができた時は、髪をおろしたり帽子で隠せます。

注意

  • 髪の毛がニキビに触れることでニキビを刺激してしまう
  • 髪をおろす時は、整髪料をつけないこと!
    (整髪料の薬剤でニキビが悪化してしまうことがあります)

まとめ

ニキビがあると、どうしても隠したくなりますよね。

メイクで隠そうとすると厚塗りになりがち。

なるべく肌に負担のないファンデを使って、これ以上ニキビが悪化するのを防いでください。

そして早くニキビを治すために洗顔やスキンケアにも気を配りましょう。

Pick Up

Return Top