Beauty Charge

様々なスタイルから心と体に美しさをチャージ

座り方を変えるだけで美人に!あなたが注意すべき姿勢と意識すべき7つの座り方

shutterstock_123203863

普段デスクワークをしていると、知らぬ間に肩こりがひどくなっていたり、下半身がむくんでいたり、背中が痛かったりと、気づいたら疲労がたまっていることが多くないですか?

今回はデスクワーク中に意識するだけで疲労感が取れる座り方をご紹介。

1日の大半を過ごす職場での座り方を意識して、疲労感を減らしていきながら美BODYをゲットしましょう!

こんな座り方、していませんか?

shutterstock_152632517

まずは、NGな座り方をチェックしてみましょう。

猫背

shutterstock_186817253

デスクワークに集中するあまり、徐々に猫背になってしまう方は多いのではないでしょうか?

猫背でデスクワークを続けている=背中やお腹に筋肉を使わない姿勢を続けている状態に。このままだと、お腹にどんどんお肉がついてしまいます!

頑張ってお仕事をしているのに、お腹が出っ張るなんて…。(泣)

また、猫背の状態が続くと、顎の位置がどんどん上に上がってしまいます。

顎の位置がずっと上にキープされていると腰にも負担がかかり、肩こりがひどくなってしまうことも。

脚を組んでいる

shutterstock_146050664

勤務中に脚を組んで座っている方も多いのではないでしょうか。

骨盤がゆがみ、開く

脚を組んで座っていると、骨盤がどんどんゆがんでしまい、きれいなスタイルの維持が一気に難しくなります。

また、骨盤のゆがみだけでなく、骨盤の開きを懸念するドクターも多いそう。

骨盤が開くと…

  • お尻が大きくなる
  • 下腹が出てくる

など、いいことなし!

むくみも発生

脚を組むことにより、組んだ脚の下側が圧迫されますよね。

圧迫されることにより血流が悪くなってしまい、同時にリンパ液の流れも停滞してしまいます。ここからむくみが発生してしまうわけです…。

背もたれにもたれかかっている

shutterstock_73626886

デスクワーク中に疲れた時にしていまいがちな座り方ですよね。

もたれかたによっては、同僚や上司から注意を受けそうですが、休憩中などにもたれかかるようにして座っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

後ろに体重がかかるため、脚を組んで座った時と同じように骨盤が開いてしまいます。

骨盤のゆがみチェック

以下の項目に当てはまる方は、残念ながら骨盤がゆがんでいる可能性が高いです。


CHECK!骨盤のゆがみチェック!

  • スカートを履いているといつもウエスト部分が同じ方向にくるくる回る
  • ネックレスのトップ部分も同じ方向にくるくる回る
  • 左右の肩の高さが違う
  • イスに座ると脚が勝手に開いてしまう

体のバランスに違和感があったり、洋服やアクセサリの一部の位置がいつも回ってしまうなど、わかりやすいサインですね。

きれいなスタイルになる座り方を意識しよう

shutterstock_390217711

長時間過ごすことが多いオフィスでのお仕事ですが、デスクワークの方だと特に体を動かすことは少ないはず。

そんなデスクワークだからこそ、悪い座り方のままだとどんどん美BODYから遠ざかってしまいます…!

姿勢の改善から意識し始めることによって、座ってお仕事をしているだけにもかかわらず脂肪燃焼効果やスタイルアップ効果が期待できるんです。

早速、お手本にできる座り方をチェックしてみましょう。

美しくなる座り方① 背筋を「立てて」座る

基本中の基本ですが、猫背と真逆の背筋をピンと立てて座ると簡単に脂肪燃焼もでき、スタイルアップも可能に。

横から見て、座った姿が「L」字に見える座り方が理想的ですね。

背筋だけでなく、太ももと床が平行になるよう心がけるとより美しいラインが完成しますよ。

ずっとキープするのは少ししんどいかもしれませんが、それはあなたの腹筋や背筋をフルに使っているため。

しんどさを感じている間にも、あなたの体は少しずつ美BODYに近づいていますよ!頑張りましょう♪

バランスボールで練習するとなお良し!

shutterstock_158588930

おうちでご飯を食べる際やテーブルで何かしらの作業をされる際、イスの代わりにバランスボールを使うと自然に背筋が立ちやすく、姿勢をキープしやすいですよ。

姿勢のキープに慣れてきた頃に職場で「L」字座りを実践してもいいかもしれません。

おうちにバランスボールがある方は、ぜひトライしてみてくださいね♪

美しくなる座り方② 両足の裏は必ず地面に!

shutterstock_478078744

脚を組んでしまう癖のある方は、最初なかなか難しいかもしれませんが、この座り方もあなたのスタイルをきれいにしてくれる大事な座り方なんです。

両足裏を地面につけておくことで、

  • むくみにくくなる
  • 上半身の重さを全身に分散できる
  • 腰痛を解消できる

というメリットが得られますよ。

場合によっては足台を用意するとベター

職場やイス、みなさんの身長によっては、足の裏が地面につかないこともありますよね。

そんな時は簡単な物でも構いませんので、台を用意することで対策ができますよ。

美しくなる座り方③ 顎の高さは一定にキープ

shutterstock_323596373

猫背のパートでお伝えした通り、猫背がちだと顎の位置が高くなっていく傾向が挙げられます。

顎を引くイメージでパソコンの画面を見ると肩こりを引き起こしにくいので、ぜひ実践してみてくださいね。

顎を引いていると顔つきもよりシャープに見え、普段のお仕事中の顔もよりきれいに見えるはず♪

難しい時は背中にクッションを置いてみよう

気がつくと猫背になっている瞬間ってありますよね。

そんな時は背中にクッションを置いてみましょう。

猫背も解消でき、顎の位置をキープしやすくなりますよ。先ほど紹介した、「L」字キープの座り方が難しい方にもクッションをおすすめします。

美しくなる座り方④ 肩甲骨を動かしてみよう

shutterstock_65253685

肩甲骨を中心に寄せ、元に戻す作業を繰り返すだけの簡単なエクササイズです。

デスクワークで一息つく時に行ってみましょう。

何回か繰り返して行うことで、バストが上向きに♪

このエクササイズ、これまで猫背でデスクワークをされていた方に特におすすめです。

猫背だと上半身のパーツが全て下向きになってしまうため、バストが垂れてしまうんですよね…。バストアップのためにも、ぜひ取り入れてみてください。

こちらの動画も参考にしてみてください。

猫背矯正でバストアップ☆姿勢美人になれる肩甲骨ストレッチ

気分転換にもなり、バストアップもできるなんて一石二鳥ですね。

美しくなる座り方⑤ 物を取る際はイスから立って

shutterstock_482850889

デスクワークで遠くにあるものや横のデスクにあるものを取る際、イスに座ったまま腕を伸ばして取ることがありますよね。

この動作は、疲労の面で考えるとNG。

何気ない動作ですが、実は腰に大きな負担がかかっています。

ずっと続けていると慢性的な腰痛を引き起こすことにつながる可能性が高いので、周辺のものを取る時は一度席を立ってみましょう。

一度立ち上がることにより、座りっぱなしの状態を避けることもできますね。

美しくなる座り方⑥ かかとと足の指を交互に上げてみよう

shutterstock_85253173

こちらも、先ほどご紹介した肩甲骨を寄せるストレッチと同じように簡単なストレッチです。

両足裏を床につけるのはもちろんですが、気づいた時にかかとと足の指を交互に上げてみましょう。これで足のむくみが解消できますよ。


簡単かかとストレッチ手順
① デスク下で両脚をそろえます。

② 足の指は床につけたまま、かかとをゆっくりと上げていきます。

③ かかとをゆっくりとおろし、足の指をゆっくりと上にあげていきます。

④ ②と③を交互に繰り返します。


これでむくみが解消できるだけでなく、ふくらはぎのストレッチもできます♪

デスク下で誰にも見えないので、好きなだけできますよ〜!

美しくなる座り方⑦ 首にかける社員証は後ろに回して

shutterstock_364025903

社員証やIDカードをぶら下げている方におすすめしたい座り方スキル。

カードをぶら下げている方だけでなく、人によってはカギやペンななどを引っ掛けている方もいらっしゃるかもしれませんね。

毎日首からぶら下げていると気づきにくいのですが、このちょっとしたアイテムでも首の負担になりがち。

体正面の定位置に下げているだけでも、だんだん猫背になっていることもあります。

長時間デスクで作業することがわかっている時は、あらかじめカードを後ろに回しておきましょう。

これだけでも首の疲労が和らぎ、猫背対策もできますよ!

座り方のまとめ

shutterstock_390162601

デスクワーク中に意識したい、スタイルアップも疲労回復もできる座り方を7つご紹介しました。

全てを一度に実践するのは初めのうちは難しいと思いますので、取り入れられそうなものから徐々にトライしていきましょう。

継続することによって、疲労回復できるだけでなくスタイルアップもできますので、あきらめずにコツコツ実践していきましょう!

Pick Up

Return Top