Beauty Charge

様々なスタイルから心と体に美しさをチャージ

近距離が破局の原因に!夫、彼氏とのベストな距離の取り方とは?

夫婦喧嘩

遠距離が破局の原因になりやすいのは、周知の事実ですよね。

しかし、実は遠距離よりも近距離の方がドロドロの破局劇に発展しやすいんですよ。

大好きな夫や彼氏とはできるだけ近くにいたいと思うものですが、近づきすぎるとお互いに良くない事ばかり起こってしまうのです。

今回は近距離がどうしてダメなのか、夫や彼氏とのベストな距離の取り方についてお伝えします。

近距離は心の距離感を狂わせる

恋人 (5)

近距離恋愛とは、

  • 職場や学校が同じ
  • 同棲している

など相手の存在が日常のすぐそこにある恋愛の事を指します。

体の距離が近いだけですと問題はないのですが、厄介な事に体の距離が近いカップルは、心の距離の取り方が狂いやすくなる傾向にあります。

  • いつでも何をするにも相手と一緒
  • 何よりもまず恋人を優先する
  • 相手と連絡を常に取り合っている
  • 恋愛以外に趣味がない

というように心の距離感が近付きすぎると、恋愛は一気に転落へと傾き始めるのです。

近距離が恋愛をダメにする5つの理由

では、どうして近距離で心の距離感が近付きすぎると恋愛はダメになるのでしょうか?

理由は以下の5つです。

相手への依存度が高くなる

不安

相手と心身の距離が近くなると、相手ありきの生活になります。

すると側に彼氏や夫がいないだけで大きな不安に襲われるようになります。

不安が大きくなると、より相手と密着していたいという気持ちが高まります。

相手ありきの生活が、次第に相手なしでは生きられないという依存関係に変貌してしまうのです。

相手を支配するようになる

支配

近距離ですと、不安になった時や気になる事があった時に、相手を監視する事ができるため、感情を自分の中で処理する必要性がありません。

すると、我慢する事ができなくなり、感情のままに相手を縛っては、不安を解消していくようになります。

また、相手の全てを把握したいという気持ちに際限がなくなるため、彼氏や夫を自分の支配下においてコントロールし始めてしまうのです。

相手の短所や自分との違いに敏感になる

恋人不安

ずっと同じ空間で時間を共有していると、相手と自分との違いに敏感になるようになります。

価値観が合って、居心地のよい部分は特に意識しませんが、価値観が異なって不快に感じる事に対しては人間の防衛反応が働いて強く意識してしまうのです。

相手の短所にばかり意識がいくようになると、自ずと嫌悪感が出た対応になり、関係が悪化します。

さらに、相手を変えようとするため、彼や夫も居心地の悪さを感じるようになるのです。

お互いの逃げ道がなくなる

避難口

お互いの体と心が近付きすぎると、周囲の世界に目を向けなくなり、相手の事しか目に入らなくなります。

すると、何かトラブルがあった時に、逃げ道を見つける事ができなくなってしまいます。

逃げ道がなくなると、相手を攻撃して現状を打破するしかないですよね。

まさに「窮鼠猫を噛む」といった状態になって、お互いに追い詰めては傷付け合うことになってしまうのです。

相手を知るための努力をしなくなる

女性悩み

彼や夫ありきの生活をしていると、相手の全てを知っているという錯覚に陥るようになります。

すると

「あなたはこういう人だから」

「あなたがそんな事するはずはない」

というように自分の頭の中の相手像をそのまま本人に投影してしまいます。

相手の真実の姿を知ろうとしなくなり、自分の中の相手像と合致させる事ばかりに労力を使うようになります。

決めつけられて本当の自分を見てもらえない彼や夫は、別の居場所を探すようになるのです。

彼氏、夫とのベストな距離感とは

道路距離

近付きすぎると関係は悪化し、離れすぎると心も離れます。

男女の関係において、距離の取り方はとても重要で、かつ最も難しい課題の一つでもあります。

彼氏や夫とのベストな距離感とは、2つの丸で表す事ができます。

384px-Venn0001.svg

引用:https://ja.wikipedia.org/

2つの丸が完全に一致してしまうと、近付きすぎです。

2つの丸が重なる事なく離れてしまうと、遠すぎです。

ベストな距離は、2つの丸がちょうど中央で重なり合う状態(上図の赤色部分)です。

お互いに共有する時間がありつつ、自分だけの時間も確保できるという距離感が最も恋愛が長続きしやすいんですよ。

彼氏、夫とのベストな距離を取る5つの方法

恋人海

それでは、二つの丸がちょうど中央で重なり合うように距離をとるためには、具体的にどうすればよいのでしょうか?

彼氏や夫とベストな距離感を保つためには、

  • 一人になる時間を必ず作る
  • 定期的にプチ喧嘩をする
  • お互いの交友関係には口を出さない
  • 恋愛以外で打ち込む物を作る
  • 中立的な共通の知人を作る

の5つのポイントを押さえるようにすればいいでしょう。

1つずつ詳細に紹介していきますね。

一人になる時間を必ず作る

お互いの関係を良好に保つためには、必ず一人になれる時間や空間を作る事が大切です。

特に男性は、何かトラブルが起こった時に、周囲をシャットアウトして一人になりたがる性質があります。

一人になれる時間がないと、窮屈さを感じ、喧嘩をしても相手の存在があると冷静になれず、解決できないまま関係がこじれてしまうんですよ。

定期的にプチ喧嘩をする

彼や夫とのベストな距離を探るためにも、定期的に小さな喧嘩をする事をおすすめします。

普段は恋人に気を遣って言えない事でも、喧嘩して興奮している時は本音をぶつける事ができます。

お互いの本音を知る事で、距離を微調整する事ができるのです。

喧嘩したくないという方は、お互いに気になる事や嬉しい事などをインタビューし合う習慣をつけるといいですよ。

お互いの交友関係には口を出さない

家族や職場の人間との付き合い、友達関係などは、自分だけの時間に属する物です。

そのため、お互いの交友関係にまで口を出してしまうと、自分だけの時間が減り、息が詰まるようになります。

近付きすぎを防ぐためにも、彼や夫との交友関係には口を出さないようにしましょう。

恋愛以外で打ち込む物を作る

視野が恋愛オンリーになると、彼や夫なしでは生きられない依存体質になります。

依存体質になると、相手と距離を保つ事ができなくなり、相手の全てを独占するようになります。

すると恋愛や結婚生活は破滅に一直線です。

ベストな距離感を保つためには、恋愛以外に打ち込む物を作り、視野を広げる事が大切なのです。

中立的な共通の知人を作る

中立的な第三者は、彼や夫とあなたとの関係を冷静に分析してくれます。

恋愛や結婚をしている当事者は、様々な感情に支配されているため、お互いの事を冷静に見る事ができません。

第三者の意見を鵜呑みにするのもよくありませんが、一つのアドバイスとして聞く事で、見失っていた相手との距離を掴めるようになります。

まとめ

私と夫はお互いに心身を擦り減らすような喧嘩ばかりしてきました。

お互いを監視しては、相手に変化を求め、自分の思い通りに動かそうとしてしまっていたのです。

追い詰められていた時

「距離が近すぎる」

という知人の言葉に我に返りました。

一人になる時間を作って距離を調節する事で、その後喧嘩はみるみる減っていったんですよ。

人間関係において距離感はとても重要です。

彼や夫との関係に疲れている方は、一度距離を見直してみてくださいね。

Pick Up

Return Top