Beauty Charge

様々なスタイルから心と体に美しさをチャージ

円満の秘訣はグレーゾーン!恋愛を破局させる白黒思考とは?

shutterstock_459199219

「恋愛が長続きしない」

「いつも男性に疲れたとフラれる」

と悩んでいませんか?

あなたの恋愛が上手くいいかないのは、もしかすると白黒思考が原因になっているかもしれません。

白黒思考に陥ってしまうと男性だけではなく、自分自身も追い詰めてしまいます。

実は円満なカップルほど、グレーゾーンをしっかり作っているんですよ。

そこで今回は、恋愛をダメにする白黒思考とは一体何なのか、グレーゾーンがなぜ必要なのかをお伝えします。

白黒思考って何?

shutterstock_401186173

白黒思考とは、読んで字の如く「白か黒かはっきり決着をつけたがる」考え方の事を指します。

白黒はっきりつける場面は、


  • 正しいか間違っているか
  • 勝つのか負けるのか
  • 良いのか悪いのか
  • 付き合うのか別れるのか
  • 合うのか合わないのか
  • するのかしないのか

など生活のあらゆるところで起こります。

そのため、何でもはっきり決着をつけたがる性格は自分の生活や人間関係に大きな影響を与えます。

また、白黒思考をしていると「自分が正しい」と思い、相手に勝つ事ばかりを意識するようになります。

心の状態がよくないと白黒思考に陥りやすい!

shutterstock_334063310

白黒思考は次のような方に多く見られる傾向にあります。


  • 完璧主義の方
  • 自分に絶対的な自信がある方
  • 自分に自信がない方
  • コンプレックスが強い方
  • 心に余裕がない方

つまり、心の状態が正常ではない時の方が白黒思考に陥りやすいのです。

グレーゾーンを抱えて心がもやもやする事よりも、白か黒かはっきりつけた方が自分を守る事ができ、安心感を得られるからです。

恋愛を破滅させる!白黒思考の恐ろしい欠点

shutterstock_263250467

白黒はっきりさせる事は、生活や仕事を行う上ではとても大切ですよね。

しかし、人間関係においては白黒思考は時に敵を多く作る原因となります。

特に濃密な人間関係が必要となる恋愛や夫婦関係では、白黒思考はマイナスに働いてしまうんですよ。

それは白黒思考には、


  • 相手を追い詰める
  • 自分を追い詰める
  • 関係性を悪化させる

という3つの弱点があるからです。

白黒思考は相手を追い詰める

白黒思考で相手に接していると、間違いなく恋人やパートナーは精神的に追い詰められていきます。

白か黒かはっきりさせようとする事で次第に、


  • 相手に完璧を求めるようになる
  • 相手を決め付けるようになる
  • 相手をコントロールしようとする

という3つのステップで相手を自分の支配下に置くように接してしまうのです。

白黒思考をしていると「自分の考えが絶対だ」と考えるようになり、自分の正しさを相手に押し付け、相手の意見を排除するようになるんですよ。

白黒思考は自分を追い詰める

白黒思考は、相手だけではなく自分も精神的に追い詰めていきます。

白黒はっきりさせる事で安心感を得ていたはずなのに、白黒はっきりさせる事で


  • 相手への不満が大きくなる
  • 相手を許せなくなる

というように心の憤りがさらに大きくなってしまうのです。

白か黒かはっきりさせるという事は、言い換えれば自分の意見と合うか合わないかの2択になるという事です。

人は自分の考えを否定される事に不満を抱くため、白黒思考をしていると答えが合わない度に、相手への不満が心に蓄積し、許せなくなるまでに膨れ上がってしまうんです。

白黒思考は二人の関係を悪化させる

白黒思考は相手と自分を追い詰め、さらに関係性を崩壊させます。

それは、白か黒かはっきりさせようとする事で


  • どちらかが必ず悪者になる
  • 価値観の押し付け合いになる
  • 発展性のないケンカが増える

と3つのステップでお互いに傷付け合うようになり、関係の修復ができなくなるためです。

白黒思考をしていると

「自分と同じ意見は善」

「自分と異なる意見は悪」

という極端な考え方をするようになります。

白か黒かはっきりさせる事で必ずケンカの中に悪者が生まれてしまい、白黒思考の人は自分の正しさを相手に押し付けようとするため、相手もまた反撃に出ます。

すると、関係性を良くするためのケンカではなく、「どちらがどれだけ悪いか」という発展性のないケンカばかりが増えてしまうのです。

恋を円満にする鍵はグレーゾーンにあり!

shutterstock_357474419

では、恋愛や夫婦関係を円満にするためには、どうすればいいのでしょうか?

その答えは「グレーゾーンを作る」です。

白か黒だと必ず意見が割れ、悪者が発生します。

悪者にされた方は反発しますし、正しい方は被害にあった事に腹を立て悪者を責めます。

よい関係を築くためには、悪者を作らない環境が大切なのです。

白と黒の間にグレーゾーンという隙間を作ると、お互いの意見を受け入れて歩み寄れるスペースが生まれます。

すると「正しいのか悪いのか」を決めるのではなく、二人が納得し合える新しい解決策を見つけるための話し合いができるようになるんですよ。

まとめ

私が夫と壮絶なケンカを繰り返していた時は、完全に白黒思考に陥り、夫の全てを否定していました。

ある時、父からの「お前の正しさが全てではない」という言葉にはっと我にかえったのです。

白黒思考から脱却するためには「相手の正しさ」を認める事が大切です。

すると、ケンカをしても自分を否定された気持ちにならず「これが相手の正しさなのか」と歩み寄れるようになります。

実際に私が夫の正しさを認めるようになったら、夫は私に心を開くようになり、ケンカが激減したんですよ。

Pick Up

Return Top