Beauty Charge

様々なスタイルから心と体に美しさをチャージ

鼻の毛穴の黒ずみ原因7つを徹底分析!あなたの毛穴は大丈夫?

shutterstock_401311396

毎朝鏡を見るたびに・・・顔の中心が何だか黒い・・・。

そう、気になるのが鼻の毛穴の黒ずみ。鏡に近づいても、何が原因で黒くなっているのかが分からない・・・。そんな悩みありませんか??

対策やケアをするにも、原因が分からなければ無駄になってしまうかもしれません。
小さくて原因がつかみにくい鼻の黒ずみの原因を、肌コンディションごとに分析してみました。

鼻の黒ずみの原因を7つに分類!

汚れが落とし切れていない肌

shutterstock_232566679

毛穴の黒ずみの一番多い原因が、この汚れが落とし切れていない肌です。

自分ではしっかり洗顔をしているつもりでも、皮脂や古い角質やホコリなどの汚れが毛穴に残っているという可能性があります。

また、メイクをしっかりと落とし切れていなく、これまた毛穴に詰まってしまって、黒ずみの原因になることが非常に多いです。

仕事で疲れて帰ってきて、メイクを落とさずに寝てしまったり、飲み会の後にメイク落としがめんどくさくてそのまま寝てしまったりしていませんか??

毎日しっかり洗顔していると思っていても、そういった1晩、2晩寝かせてしまった毛穴の汚れ達が完全に落ち切れていなく、蓄積してしまっている可能性があります。

このタイプの毛穴の黒ずみは、鼻を触るとザラザラと異物感を感じるのが特徴です。汚れが詰まっている証拠ですね。

テカテカ光るオイリー肌(脂性肌)

お次は、気づけば肌がテカテカと光ってしまうオイリー肌の人。
そんなあなたの毛穴の黒ずみ原因は、その顔を光らせてしまっている皮脂です。

でも、よく考えてみるとこんなことを思うはず・・・。

分泌される皮脂は、液体状態なのでは??

そう、体から分泌される皮脂は液体のため、それだけでは毛穴に詰まるということはありません。

ではなぜオイリー肌が毛穴の黒ずみの原因となるのでしょうか??それは次の3つ目の肌コンディションと深い関係があるのです。

気づけばいつもカサカサ乾燥肌

shutterstock_134351117

一見、オイリー肌と乾燥肌は両極端に位置するように思われがちです。
しかし、それぞれの肌を考えてみるとそうではないことがはっきり分かります。

オイリー肌:通常よりも皮脂量が多い状態の肌

乾燥肌:通常よりも水分量が少ない状態の肌

もちろん、皮脂量が少ない場合も乾燥肌という場合もありますが、皮脂量が少ない場合にはヒビ割れ等の症状を伴い、加齢等によるヒジやヒザ、カカトなどに起きやすい現象です。

顔を考えてみると、額から鼻のTゾーン、頬から顎のUゾーンにかけては他の部位よりも皮脂腺が多い傾向にあります。

毛穴の黒ずみ関しては、この皮脂量が多いオイリー肌と水分量が少ない乾燥肌が密接に関係してきます。

水分量が少ない乾燥肌は、うるおいが足らないために肌が固くなりやすくなります。
そのため毛穴の柔軟性が低下してしまいます。
つまり、毛穴が開きにくい=毛穴汚れが落ちにくい原因になります。

さらにうるおいの足らない肌が、うるおいを補うために皮脂腺から通常よりも多くの皮脂を分泌させます。

そのことにより、毛穴内の汚れと過剰に分泌された皮脂が混ざり合い、空気にさらされることで酸化されることにより毛穴の黒ずみが生じてしまうのです。

日焼け大好き!メラニン色素肌

shutterstock_187342262

メラニン色素肌という言葉があるかは分かりませんが・・・(苦笑)
夏はやっぱり日焼けでしょう!!という方や、日常特に日焼け対策を行っていないような方はここに分類されます。

特に5月辺りから強くなる紫外線の影響によって、毛穴に汚れが詰まっていないのにも関わらず、毛穴が黒ずんで見えてしまうことがあります。毛穴にもメラニンが蓄積されてしまうんですね。

鼻を触ってみても、ボコボコ感がない等であれば、このメラニン色素が原因であると考えてみても良いかもしれません。

最悪は毛穴の中で色素沈着を起こしてしまい、シミになってしまう場合もあるため、油断は大敵です!

しっかりよく見て!産毛肌

毛穴の黒ずみがあるっっ!!!と鏡を見てビックリする前に、もうちょっとしっかり鼻の毛穴を見てみませんか??

鼻の毛穴からもうっすらと産毛が生えており、開いた毛穴から産毛が生えていてそれが黒く見えてしまったり、産毛が短くて手で触っても分からないけれど実は肌に透けて産毛が見えているだけということがあります。

毛穴パックをしたりすると、角栓と一緒に鼻の産毛も一緒に抜けませんか??
(私だけですかね???笑)

毛を抜いてみたらきれいになった?ということもあるので、顔の脱毛をしていない方は、もう一回しっかりと鼻の黒ずみチェックをしてみましょう。
ただの産毛が見えているだけかもしれません。

加齢により肌が硬くなるカチカチ肌

shutterstock_376249999

実際に肌がカチカチに硬くなる訳ではないですが・・・。

加齢が毛穴の黒ずみを悪化させる原因となる場合があります。

年を取るごとに、どうしても遅くなるのが肌のターンオーバーの日数。
通常のターンオーバーの日数は28日前後と言われているのに対し、加齢に伴い35日、40日と段々とその日数が増えてしまいます。

ターンオーバーの日数が増えると、その分古い角質が現状の肌から剥がれ落ちないでそのまま肌に蓄積していることになります。

その古い角質が肌に残ったまま硬くなり、毛穴の入口をふさいでしまうことで、毛穴が詰まってしまい、鼻の毛穴黒ずみの原因となってしまうのです。

ターンオーバーが早ければ早いほどいいとは言えませんが(状態が悪い肌であれば意味がないですからね)、加齢に伴うこともあり、しっかりとスキンケアをして古い角質を除去してあげる必要がありますね。

また、加齢で肌のハリが衰えることで、毛穴が開きっぱなしになってしまうことがあります。
そうなると汚れが入りたい放題になりますから、項目1の汚れ毛穴になっている可能性も高くなります。

間違った毛穴ケアを続けた結果・・・間違い肌

shutterstock_420182557

暇さえあれば、毛穴パックで角栓除去。
毛穴の奥の奥まで洗うために、ゴシゴシゴシゴシしっかり洗顔。
やりすぎは、本当に禁物です。

いらない角栓を除去するし、汚れも落とすのだから大丈夫でしょ??と思われるかもしれません。

しかし、毛穴パックを頻繁にやり続けると、毛穴は広がったままになってしまいます。
また、ゴシゴシと刺激を与えながら洗顔を行うと、肌へダメージを与え、水分量低下の乾燥肌や皮脂量過多のオイリー肌になってしまう可能性が高いです。

そうなると、余計毛穴の黒ずみは加速しますから、結局は毛穴の黒ずみから抜け出すことが出来ないのです。

急がば回れ。

正しいケアを焦らず続けることが大切になってきます。

毛穴の黒ずみ原因まとめ

今回は、肌コンディション別に、鼻の毛穴の黒ずみ原因を探ってみました。
多くの方が、今回紹介した7つの原因の内のどれかには当てはまるのではないでしょうか。

また、一つだけではなく、二つ、三つの原因が重なり合うことで生じている可能性もありますので、まずは自分の肌の状況と、毛穴の黒ずみの状況をしっかりと確認することが必要です。

Pick Up

Return Top