Beauty Charge

様々なスタイルから心と体に美しさをチャージ

その食欲大丈夫?過食症(過食・過食嘔吐)の原因、症状、治療、予防方法を紹介

shutterstock_340548845

食べることを止められず、詰め込むように食べてしまう。過食症も摂食障害の一種で、近年過食症に悩む女性が増えています。

食べ過ぎないように気をつけようと思っていたのに、お腹がはち切れるくらい食べてしまい、自己嫌悪に陥るものの、また過食に走ってしまうという悪循環から何年も抜け出せないという人もいます。

今回は若い女性が発症しやすい「過食症」の症状、原因、予防や治療方法をご紹介します。

過食症(過食・過食嘔吐)はどんな症状が出るの?

shutterstock_354490796

過食症という名前を聞いたことがある人は多いと思いますが、実際どんな病気なのか把握している人は少ないと思います。

過食症は摂食障害の一種で、比較的若年層(10代~20代)の女性が発症しやすい病気であり、神経性大食症とも呼ばれています。

自分で食欲のコントロールができず、異常なドカ食い(過食)を繰り返してしまう病気で、過食だけを繰り返してしまう過食(むちゃ食い障害)と、過食したあと嘔吐を繰り返す過食嘔吐の二種類があります。中には過食のあと体重の増加を恐れ、下剤を乱用してしまう人もいます。

過食や過食嘔吐により、体重の急激な増減や、低血糖、胃腸不良などを引き起こしてしまうこともあります。

また、過食をしてしまった罪悪感、ストレスにより、うつ病や自傷行為など精神的に不安定な状態が続いてしまう場合もあります。

肉体的にも精神的にも、負担が多く、違う病気を併発してしまう恐れがある病気なのです。

過食症は誰でも発症する!過食症の原因とは?

過食症など摂食障害を引き起こす原因は人それぞれで、明確な原因は定かではないものの、ストレスやダイエット、拒食症の反動で発症する人が非常に多いです。

また悩みを抱きやすい思春期に発症するケースが大半です。

過剰なダイエット

shutterstock_367721519

過食症や拒食症のような摂食障害を引き起こす原因として、圧倒的な割合を占めているのが過剰なダイエットです。

コンプレックスややせ願望が強く、過剰なダイエットに走り、無理な食事制限をした反動でドカ食いに走ってしまいます。

最初は太ることへの恐怖心から食事ができなくなる「拒食症」になり、その後「過食症」へ移行するケースも多いようです。

ストレス

shutterstock_128113853

コンプレックスや家庭環境、日常生活で感じているなんらかのストレスやプレッシャーを晴らすためドカ食いに走り、過食症になってしまう人もいます。

また、家族との死別や失恋など、心の穴を埋めるために、ドカ食いをしてしまうこともあります。

低血糖症

shutterstock_430020121

今までは心の病気として知られていた摂食障害ですが、低血糖が急激に低下する「低血糖症」も摂食障害の原因になっていることが、近年の研究で判明しました。

糖分の多く含むお菓子やスイーツ、炭水化物を過剰摂取すると、血糖値が急激に上昇します。そのとき、血糖値を下げるために「インスリン」というホルモンが分泌されるのですが、このインスリンが分泌されすぎると、逆に血糖値が下がりすぎてしまいます。

低血糖状態にあると、生命を維持するために脳が「食べる」という指令を送ります。脳が生命の危機にさらされていると勘違いしてしまうのです。

この指令が送られることで、自分ではコントロールできない食欲が湧いてしまうのです。


CHECK!過食症になりやすい人
過食症に陥りやすい人は自尊心が低く、完璧主義の人が多いです。そのため過食する自分を責めてしまうことも多く、過食の悪循環からなかなか抜け出せません。

自分を責めることで罪悪感や自己嫌悪が生まれ、その感情がストレスとなってしまうのです。


過食症は完治できるの?過食症の治療法

shutterstock_292934846

過食症は完治するまでに時間がかかるものの、完治できる病気です。

心療内科や摂食障害に対する専門科があるクリニックを受診し、カウンセリングや投薬、そして自分の思考を変えていくことで改善されます。

摂食障害は心因的なダメージだけでなく、肉体的なダメージも受けてしまいます。過食や拒食によりホルモンバランスが崩れてしまっていることが多いので、出来るだけ規則正しい生活を送るように心がけましょう。


CHECK!ストレスが原因の人の対処法
過食の原因となるストレスが明確な場合は、思い切って環境を変えてみるのもいいでしょう。環境が変えれない場合でも、時間をかけて専門医やカウンセラーと面談を重ねることで、ストレスへの対処法が見えてきます。

CHECK!低血糖が原因の人の対処法
低血糖で過食を引き起こしている場合は、急激に血糖値を上げる食べ物を控え、バランスの良い食事を規則正しく摂取することで、突発的な過食を防ぐことができます。食事の指導もカウンセリング時に指導してもらえます。


投薬やカウンセリングで改善は見られるものの、自分自身が過食症に向き合う心を持ち、自分を認めてあげることが完治への重要なポイントとなります。

治療には長い時間がかかりますが、自分で自分を認めてあげながら、焦らずゆっくりと治療していきましょう。

同じ摂食障害で悩む人とディスカッションできる場所もあるので、いろいろな人の話を聞いて、同じ悩みで苦しむ人がいることを知って、気持ちが楽になる場合もあります。

過食症を予防する方法とは

shutterstock_273033320

最近、ドカ食いに走ることが多く、過食症を発症するかもしれないと悩んでいる人は、「毎日3食、ゆっくり食べる」ことと、「過食衝動が起きそうなときは飴やガムを噛む」ことで予防することができます。

もし、無理なダイエットをしていたり、自分に対するコンプレックスが強い場合は、過食症の治療と同様、自分を認めてあげる心を持てるようになりましょう。

どうしても頭から食べ物のことが離れないなら、一人の時間を減らし、友達や家族と過ごすことで、過食衝動を抑えることができます。

摂食障害は完治する病気です。大半の人が治らないかもしれないと思っていますが、必ず治る病気です。過食症を完治させるにも、予防させるにも、とにかく無理なダイエットをしないこと。そして食事以外でストレスのはけ口を見つけてみましょう。

まとめ

自分を好きになれない気持ちはストレスとなり、どんどんアナタらしさを失ってしまいます。

頑張る姿は素晴らしいですが、ときには頑張りが仇となってしまうこともあるのです。たまには「ま、いっか」と思える気持ちを大切にしましょう。

Pick Up

Return Top