Beauty Charge

様々なスタイルから心と体に美しさをチャージ

肌にも髪にも天然の恵みを!目的別キャリアオイルの有効成分と優れた効果を紹介

shutterstock_379693699

色々なクレンジングや化粧水を試しているけれど、どうも効果が実感しにくい・・・。

そんな経験ありませんか?

そんなときに、ぜひ一緒に使ってほしいのが「キャリアオイル」!

今回はクレンジングや化粧水と一緒にはもちろんのこと、単独でも使用でき、美肌やヘアケアに効果の高いキャリアオイルを目的別でご紹介します。

キャリアオイルとは

キャリアオイルとはアロマテラピーにおけるマッサージにおいて、精油を希釈する際の基剤として使用される植物油のことです。

「キャリア」とは、「carry=運ぶ」が語源で、有効性分を体に運ぶものという意味を持ちます。

また、肌への浸透性に優れ美肌効果が期待できるため、マッサージだけでは無くスキンケアやヘアケアにも適しています。

キャリアオイルのメリット

キャリアオイルには、その原料となる植物それぞれの個性的な特徴があり、使用感や効果もバリエーションに富んでいます。

スキンケアに使う場合のメリット

スキンケアの場合はマッサージの他に、クレンジングや化粧水の後の乳液、クリームの代わりに使用します。

効果については後述しますが、キャリアオイルそのものの美肌効果が高いため、様々な肌トラブルに対してとても有効です。

ヘアケアに使う場合のメリット

また、ヘアケアには洗髪前の頭皮のマッサージや、洗髪後(リンスやトリートメント後)のタオルドライを終えてから毛先を中心に塗布します。

これによって、ドライヤーの熱から髪を守り健やかな髪に導きます。

キャリアオイル一番のメリットはこれ!

キャリアオイルを使用する一番のメリットは、

  • 肌へのリスクが少ない
    (保存料や香料などの添加物がない)
  • 欲しい効果のキャリアオイル同士のブレンドが容易
  • 精油と組み合わせて香りやその作用をプラス出来る

ことなどがあげられます。

目的別で選ぶ効果抜群のキャリアオイル

スキンケアやヘアケアにおすすめのキャリアオイルですが、使用する種類によってさまざまな効果があり目的で選ぶことが大切です。

ここからは、目的別に厳選のキャリアオイルをご紹介します。

全てのお肌と髪に!アンチエイジング効果の高いアルガンオイル

アルガンオイル

アルガンオイルは気温が50℃近くにもなるモロッコの過酷な環境下に自生するアルガンツリーに実るアルガンの実から採れるオイルです。

科学的にも

  • 美白
  • 抗酸化作用
  • アンチエイジング効果
  • 傷や火傷の治療
  • 皮膚がんの予防

などの効果が期待できます。

主なアルガンオイルの有効成分と効果

アルガンオイルに含有されるお肌や髪に働く主な有効性分には、「オレイン酸」「リノール酸」「ビタミンE」「フィトケミカル」「不けん成分」があり、下記のような働きや効果があります。

中でもビタミンEはオリーブオイルの4〜10倍の含有率を誇ります。

オレイン酸

皮脂に近い成分でお肌を柔らかくに、高い保湿作用で肌にバリア機能を正常にする効果があります。

リノール酸

厚生労働省に医学部外品の有効成分として認められているリノール酸は、美白効果や肌の油分と水分のバランスを保って、肌を柔らかくするエモリエント効果や保湿効果に優れ、肌荒れや抜け毛、にきびなどの肌や髪のトラブルに有効に働きます。

ビタミンE

ビタミンEは数少ない肌に浸透しやすい成分のひとつといわれています。

「若返りのビタミン」や「天然の防腐剤」とも呼ばれ、抗酸化作用はもちろん、血行を促進し肌のターンオーバーを早める効果が期待できます。

また、活性酸素を除去し、細胞を活性化して肌の新陳代謝を促進します。

フィトケミカル

フィトケミカルとは植物に含まれる化学物質のことで、活性酸素を取り去る抗酸化力があり、シミやシワに作用して、美白や美肌、アンチエイジング効果に期待できます。

不けん化成分

不けん化成分は、肌のバリア機能を高める成分ですが、ビタミンEやポリフィェノールも不けん化成分に含まれています。

アルガンオイルに含まれているリノール酸と不けん化成分を合わせるとより効果が高くなることが分っています。

また、不けん化成分には紫外線予防や皮膚の保護、角質細胞を増やすトリテルペン類、ニキビ予防に効果があるステロール類が含まれます。

ニキビに有効なホホバオイル

ホホバの実

ホホバオイルは分子構造や含有される栄養素から、すべての肌に合う「美容液」や「保湿液」としても理想的なオイルだといわれています。

どんな肌質の方にも使いやすく、価格的にもリーズナブルなのでキャリアオイル初心者にもおすすめのオイルです。

特にニキビ肌に効果がありニキビケアに最適です。

また、砂漠でも育つくらいに熱に強いため、酸化安定性が高く70℃以上の高温で4日間熱しても品質には変化がないといわれていますが、常温では数年間の保存が可能です。よって、保存料が不要で刺激が少ないメリットがあります。

また、地球上で唯一の人工心臓の潤滑油として認められたオイルなので、信頼性や安全性が高く、敏感肌の方でも安心して使用できます。

ホホバオイルの有効成分と効果

ホホバオイルはオイルといわれていますが、厳密にいうと他のオイルとは違い油脂ではなく、「ワックスエステル」です。植物ではこのワックスエステルはホホバオイルにしか含まれていません。

ホホバオイルの成分は9割をワックスエステルが占め、残りの1割にビタミンE・A、ステアリン酸、カロチノイド、アラキン酸、トリクロサンが含有されています。また、微量ですがオレイン酸やリノレン酸も含まれています。

ホホバオイルの効果は

  • 肌の保湿やハリ、潤いを与える効果
  • ニキビや吹き出物の予防
  • 毛穴の黒ずみを落とす
  • アンチエイジング
  • 髪や頭皮を乾燥から保護する
  • 妊娠線予防

などがあります。

ワックスエステル

ワックスエステルとは人間が持っている皮脂構成と同じもので、肌を構成している成分です。

そのため、肌に馴染みやすくどんな肌質にも受け入れやすい性質があります。

その結果、皮膚をイキイキとさせてふっくらとした柔らかくみずみずしい肌に導いてくれます。

このワックスエステルが私たちの肌に弾力と潤いを与えてくれるのですが、減少すると肌のバリア機能が衰えて乾燥が進む恐れがあるため補っていかなければいけません。

ワックスエステルはニキビ予防に最適!

ワックスエステルの肌との親和性から他のオイルよりも毛穴の詰まりを起こしにくく、ニキビや吹き出物の防止に有効に働きます。

またマッサージオイルとして使用すれば毛穴の汚れを除去し、さらなるニキビや吹き出物の予防に役立ちます。

ビタミンA

ビタミンAはその抗酸化力で活性酸素からお肌を守ります。

また、肌バランスの機能を正常しダメージをケアして、肌のハリやうるおい、弾力を保つ役割をしてくれます。

ビタミンE

ビタミンEは数少ない肌に浸透しやすい成分のひとつといわれています。

「若返りのビタミン」や「天然の防腐剤」とも呼ばれ、抗酸化作用はもちろん、血行を促進し肌のターンオーバーを早める効果が期待できます。

また、活性酸素を除去し、細胞を活性化にて肌の新陳代謝を促進します。

トリクロサン

ホホバオイルに含まれるトリクロサンは抗酸化作用が非常に強く、アクネ菌などの殺菌に効果があります。

これによって、肌のターンオーバーが正常に働き、ニキビ撃退に効果があります。

美白を狙うならラズベリーシードオイル

ラズベリーシードオイル

ラズベリーシードオイルとは、赤くて甘酸っぱいラズベリーの種子から摂れるオイルですが、特筆すべきポイントとして紫外線防止効果があげられます。

紫外線のUV-A波、UV-B波のどちらもブロックして、SPF28〜50、PA++程度あり、日中のケアに最適なオイルです。

また、ラズベリーセラミドという肌の角質層にある保湿成分がたっぷりと配合されていて、その植物性の成分が美肌に導いてくれます。

その他にも、抗酸化作用や抗炎症作用で肌の老化予防や、紫外線を浴びてしまった後のシミを改善する効果があります。

ラズベリーシードオイルの主な成分とその効果

ラズベリーシードオイルには、ラズベリーセラミドの他に、ポリフェノールの一種・エラグ酸、リノール酸、α−リノレン酸、ビタミンA、ビタミンE、などが含有されています。

高い紫外線防止効果の他にも、

  • 抗酸化作用
  • シミの予防や改善
  • 美白効果
  • たるみの予防・改善
  • 肌のキメを整える効果
  • 保湿効果
  • シワの予防・改善

などに効果があります。

エラグ酸

優れた抗酸化作用でラニンの生成を促すチロシナーゼ酵素の働きを抑え、シミやシワ、たるみに効果があります。

ラズベリーセラミド

肌のバリア機能を正常に整え、乾燥肌を改善し柔らかくみずみずしい肌に導きます。

リノール酸

厚生労働省に医学部外品の有効成分として認められているリノール酸は、美白効果や肌の油分と水分のバランスを保ってくれます。

また、肌を柔らかくするエモリエント効果や保湿効果に優れているため、肌荒れや抜け毛、にきびなどの肌や髪のトラブルに有効に働きます。

α−リノレン酸

血流改善、抗炎症作用や抗酸化作用があり、肌のアンチエイジングに効果があります。

また、他の美肌効果の高いオイルと同様にビタミンEやビタミンAが多く含有されています。

ラズベリーシードオイルに精油を加えてダブルの紫外線防止効果

もともとラズベリーシードオイルはキャリアオイルですので、アロマテラピーに使用される精油を加えることは本来の使用法であり楽しみ方です。

紫外線防止効果のある精油でもある

  • ペパーミント
  • レモングラス
  • ラベンダー

を加えて香りと効果をプラスすれば、紫外線防止効果の向上やそれぞれの精油の相乗効果が、心身ともに有効に作用します。

キャリアオイル界の期待の新星!ウチワサボテンオイル

ウチワサボテン

ウチワサボテンオイルとは、メキシコなどの南米を中心にアメリカやアフリカに自生するウチワサボテンの種子から抽出されるオイルですが、特にモロッコ産のものが有名です。

ウチワサボテンオイルは1年に一度しか咲かない花の種子を乾燥後オイルとして搾取しますが、1ℓのオイルを採るためには、ウチワサボテンの種子が10トン(約100万個)必要です。

その希少価値や美容成分の多さから「幻のオイル」と呼ばれ珍重されています。

ウチワサボテンはビタミンEの含有率はアルガンオイルの1.6倍、オリーブオイルの3.2倍でキャリアオイルの中でもトップレベルを誇ります。

ウチワサボテンオイルの主な成分とその効果

ウチワサボテンオイルの主成分は含有率100g中約90mgのビタミンEですが、その他にもリノール酸やオレイン酸、パルチミン酸が含まれています。

ウチワサボテンオイルの効能は、

  • 高い抗酸化作用
  • アンチエイジング
  • 保湿効果
  • シミやソバカスの予防・改善
  • 美白効果
  • 肌の引き締め効果

などがあります。

ビタミンE

ビタミンEは抗酸化力が高く、しわやハリの低下、老化が引き起こす肌トラブルに効果があります。

また、数少ない肌に浸透しやすい成分のひとつで、「若返りのビタミン」や「天然の防腐剤」とも呼ばれ、抗酸化作用はもちろん、血行を促進し肌のターンオーバーを早める効果が期待できます。

活性酸素を除去し、細胞を活性化にて肌の新陳代謝を促進します。

リノール酸

厚生労働省に医学部外品の有効成分として認められているリノール酸は、美白効果や肌の油分と水分のバランスを保って、肌を柔らかくするエモリエント効果や保湿効果に優れ、肌荒れや抜け毛、にきびなどの肌や髪のトラブルに有効に働きます。

オレイン酸

皮脂に近い成分でお肌を柔らかくに、高い保湿作用で肌にバリア機能を正常にする効果があります。

パルチミン酸

パルチミン酸とは不飽和脂肪酸の一種で、抗酸化作用を持ちます。働きとしては、ビタミンAを安定化させてシワを抑える効果や、過剰な皮脂の分泌を抑え、ニキビや吹き出物を減らす効果があります。

有効成分のほとんどをアンチエイジング効果の高いビタミンEが占めるウチワサボテンオイル、きっと使用するたびにお肌がよみがえっていくような嬉しい効果が期待できます。

まとめ

いかがでしたか?

キャリアオイルにはそれぞれ含有される成分からなるユニークな特徴や効能があり、スキンケアやヘアケアに目的別でオイルを選べば欲しい効果が期待できます。

また、天然成分100%ですから保存料や香料などの添加物がなく、肌へのリスクが少ないために安心して使用できます。

いつものスキンケアやヘアケアにプラスして、植物の力を実感してみませんか?

Pick Up

Return Top