Beauty Charge

様々なスタイルから心と体に美しさをチャージ

違いを知っていますか?「ケミカルコスメ」 vs 「ノンケミカルコスメ」どちらが肌にいいの?

化学

基礎化粧品を選ぶときに効果とはもちろんですが、ノンケミカルや添加物という言葉が気になったりしませんか?

化粧品の広告やコスメショップ、ドラッグストアには

  • ノンケミカル
  • オーガニック
  • 無添加
  • 自然派
  • 天然・植物由来

という商品の謳い文句がデカデカとかかげられ、ケミカルが悪者にされている風潮がみられます。

ケミカルとは英語でchemicalと書きますが、化学物質を含むものを指します。

よって、ケミカルコスメは化学物質を含む化粧品、ノンケミカルコスメとは化学物質を含まない化粧品ということになりますが実際はどうなのでしょうか?

また、本当にノンケミカルコスメが肌に良くて、ケミカルコスメは肌に悪いのでしょうか?

今回はケミカルコスメとノンケミカルコスメの実際と、化粧品を選ぶときの注意点についてご紹介します。

化粧品に「ノンケミカル」という言葉が使われるようになった由来

化粧品選び

化粧品において「ノンケミカル」とは、元々日焼け止めに対して使用されていた用語です。

具体的には

  • 紫外線吸収剤使われているものを「ケミカル」
  • 紫外線吸収剤使われていないものを「ノンケミカル」

とよんでいました。

紫外線吸収剤は、有機化合物であるため、肌への負担が大きく人によっては肌荒れや刺激を感じる場合や、アレルギ−反応を起こすことがあります。

反対に紫外線散乱剤は、有機化合物ではないため、肌への負担が少なく安全な物質です。

そんな日焼け止めの対比から「ノンケミカル」という言葉が生まれました。

薬局などを覗いて見ると日焼け止めにおいてはノンケミカルが優勢な感じがしますが、化粧品全般としてみればどうなのでしょうか?

化粧品におけるケミカルとノンケミカルの違い

実は市場に出回る化粧品についていえば、「ノンケミカル」とは、「紫外線吸収剤無配合」のことをいいます。

つまり「ノンケミカル」というのは、

「化学物質を使用していない」

のではなく、

「紫外線吸収剤を使用していない」

ということを指す用語なのです!

ノンケミカルコスメや無添加コスメと謳っていても、化学物質を使用していないコスメはほとんど無いというのが現状です。

ノンケミカルというふれこみで販売しているコスメの中には

  • 界面活性剤
  • ポリマー
  • シリコーン

などの化学物質がたくさん含まれている商品が存在するので注意が必要です。

ケミカル化粧品のメリット、デメリット

化学 (2)

ケミカルと聞くと、訳もなく化学物質=怖いというイメージが思い浮かんでしまいます。

ケミカル化粧品は本当にお肌に悪いのでしょうか?お肌に良いものはあるのでしょうか?

ケミカルのメリット

化粧品にケミカルが配合されるいちばんの目的は、コスメの品質を保つための防腐作用です。
物質的に安定したケミカルだからこそ使用されています。

しかし、ケミカルな化粧品が全てダメということではありません。

ノンケミカルでは再現不可能な効果を安定して届けてくれるのです。

保湿保護剤のワセリン

例えば、アトピーやお肌にトラブルがあったときに皮膚科ですすめられるワセリンは石油から精製された100%ケミカルの保湿保護剤です。

化粧品を断ってきれいな素肌を目指す、肌断食時にもワセリンがおすすめされています。

優れた美肌効果のフラーレン・ビタミンC誘導体

化粧品に使用される成分の中でノーベル賞に輝いた「フラーレン」や美肌や美白効果では定番の「ビタミンC誘導体」も100%ケミカルな物質です。

とても効果のある素晴らしい成分として、皮膚科医の方々からも信頼されている科学物質です。

関連記事

ケミカルのデメリット

化粧品に配合されるケミカルな成分はそれぞれの目的にあわせて、たくさん存在します。

ケミカルコスメを使用して

  • 肌が黒ずむ
  • 肌がまだらになる

など、ケミカルコスメのトラブルはよく耳にします。

また、ノンケミカルコスメを使用してきた人がケミカルコスメを使用して、

  • 炎症が起きる
  • アレルギ−反応が出る

などの例が後を断たないのも事実です。

特に肌に影響のある2つのケミカル成分について紹介します。

合成ポリマー

つけたときの使用感だけで配合される「合成ポリマー」は肌をビニールのような膜で覆って肌を乾燥させないようにし、ハリが出たように見せかけます。

しかし、使い続けると肌に負担をかけて、ニキビや肌荒れの原因になってしまいます。

合成界面活性剤

洗顔剤やクレンジング剤に使用される「合成界面活性剤」は、汚れが落ちやすい反面、余計に皮脂を落として乾燥や肌荒れの原因になります。


やはり、一概にはケミカルコスメが肌にいいとは言いがたいですね。

ノンケミカル化粧品のメリット、デメリット

自然化粧品

消費者である私たちが思う「ノンケミカルコスメ」とは、

  • 界面活性剤無添加
  • 防腐剤無添加
  • 合成香料無添加
  • 合成染料無添加

など、化学物質が一切含まれない植物や天然素材が原料の化粧品のことを指すのだと思います。

そんな良いことだらけに思えるノンケミカルのメリットとデメリットを紹介します。

ノンケミカルのメリット

ノンケミカルがお肌に良い理由は、肌に害のある防腐剤や合成ポリマーなどが使用されず、肌本来の力で健康な肌を保つような手助けをしてくれることです。

たとえば、ノンケミカル化粧品でよく使用されている植物オイルは肌本来の働きを助け、皮脂膜と混ざり合って角質層から潤いを与えてくれます。

また、体に必要な必須脂肪酸や天然のビタミンが含有されているので、自分の力で肌が潤う力を手助けしてくれます。肌本来の働きの邪魔をしないので、たまに使わなくても乾燥が気にならなくなるほどに肌に力がついてきます。

ノンケミカルのデメリット

ノンケミカルの化粧品には、植物由来の成分が多く含まれている場合がほとんどです。

植物から作られているといえばお肌に良さそうですが、実際に

  • 特定の植物でアレルギ−反応を起こす人
  • 触れるだけで肌がかぶれてしまう植物
  • 紫外線を浴びるとシミになってしまう、「光毒性」のある植物

など、すべての植物が肌に良いとは限りません。

なぜなら、それぞれの植物には身を守るためのを持っているからです。

皮膚は臓器として排泄する役割をもっていますので、

  • 炎症
  • アレルギ−反応
  • メラニン色素の分泌

などの防御反応が出てしまうのです。

また、防腐剤無添加の化粧品で腐ってしまったものや、酸化したものをお肌に塗ってしまうのはとても危険です。

配合されている成分を調べて、安全な化粧品選び

美肌

ケミカル化粧品とノンケミカル化粧品のメリット・デメリットを紹介してきましたが、どうやったらメリットの多い化粧品にであえると思いますか?

私が考える賢い基礎化粧品選びの一番のポイントは、

「商品に配合されている成分をチェックする」

ことです!

今では化粧品の全成分は商品のボトルや箱に記載されていますし、ホームページでも確認することができます。

特に、化粧品の全成分は配合料の多い順に記載されているので、1〜2段目に書かれている成分が配合料の多い成分であり気をつけたい成分です。

成分の上位に記載されていたら避けたい成分

化粧品

それでは、実際に成分表の上位に記載されていたら避けたい成分を紹介します。

紹介する成分がどのくらい入っているのか?を必ずチェックする癖をつけてみてくださいね。

エタノール

お酒が飲めない人や弱い人がエタノール高配合の化粧品を使用すると、肌が荒れることがあります。

また、非常に蒸発しやすい性質があるので急速な蒸発でお肌を乾燥させてしまう恐れがあります。

DPG(ジプロピレングリコール)

コスメ成分としては保湿剤としての役割がありますが、高配合の場合は赤みやかゆみを感じる場合があります。

また、目に入ると大変痛みますので注意が必要です。

アスコルビン酸(ビタミンC)

美白効果や美肌効果には定評がある成分ですが、高配合になると注意が必要です。

高配合の場合は酸度が高く刺激が強いので、肌が炎症を起こし炎症から色素沈着になる危険性があります。

ハイドロキノン

美容皮膚科などでもシミ消し剤として使用されていますが、メラニンを抑制すると同時に出来てしまったシミを薄くする効果もあります。

しかし、カネボウ白班事件のニュースで話題になった成分の「ロドデノール」と構造が類似しているので、高配合の場合には白班や刺激のリスクが潜んでいるので注意が必要です。

その他の注意すべき成分

  • ラウリン酸ポリグリセリル
  • フェノキシエタノール
  • ステアリン酸
  • 安息香酸

など、通常の配合では問題が無くても稀にアレルギ−や刺激を感じることがあるため敏感肌の方は避けたほうが良い成分です。

また、香料は肝臓などの解毒作用のある器官を通さずに脳や体に直接入ってしまうため、注意が必要です。

まとめ

植物由来というお肌に優しそうな成分にもアレルギ−があることや、食べても大丈夫な成分がお肌に悪影響を与えることがあるなんて驚きですよね!

また、100%ケミカルな成分のほうが安全な場合があることも事実です。

ケミカル・ノンケミカルに関わらず化粧品に配合されている成分を調べて、安全で自分のお肌にあったコスメを選んでくださいね。

Pick Up

Return Top