Beauty Charge

様々なスタイルから心と体に美しさをチャージ

嫌な生理の症状が一気に解決!布ナプキンを使ってみて感じた5つのメリット

image

布ナプキン、みなさんご存知ですか?

その名の通り、布でできた生理用ナプキンです。

柔らかな使い心地が楽しめるだけでなく、女性にうれしい効果が得られることや、繰り返し使うことができるエコの観点から、世の女性から注目を集めてきました。

今回は、布ナプキンを使用し始めて1年経った私が感じる、布ナプキンのメリットを5つご紹介します。

きっと、生理中のあなたの悩みやストレスを解消してくれるメリットが見つかるかもしれませんよ。

布ナプキンって、どんなもの?

image

布ナプキンは、柔らかなコットンなどをはじめとする天然素材から作られた生理用ナプキンです。

形状は紙ナプキンとほぼ一緒

形状は紙ナプキンと同じような形で、少ない日用から多い日の夜用まで、経血量に合わせて様々なサイジングから選ぶことができますよ。

装着方法は紙ナプキンと少し異なります

素材以外で紙ナプキンと異なる点は、ショーツに取り付ける際にスナップボタンなどで固定する点。

紙ナプキンでいう「はね」の部分がスナップボタンになっています。

また、粘着面もないため、はがす際のあの「バリッッ」という音もなく公共のトイレでも気持ち良く使用することができますよ。

洗って繰り返し使える、エコなナプキン

布ナプキンはその素材から、「洗って繰り返し使える生理用品」ともいわれています。汚れの度合いによって洗濯方法は異なるのですが、一般的な洗濯方法は「つけおき洗い」。

アルカリ系粉末洗剤などを利用してつけおき洗いすると、汚れもスッキリと落ち、そのまま洗濯機で洗えます。

使い始めた時は、洗ったり乾かしたりと紙ナプキンよりも面倒に感じましたが、その面倒さもどうでも良くなるくらい多くのメリットを得られました。

布ナプキンを使って感じた5つのメリット!

布ナプキンを使っていると、髪ナプキンと比べて様々なメリットを感じることができました。

布ナプキンを使って1年経った私が実感した布ナプキンの5つのメリットが下記です!

月イチの憂鬱。生理痛が軽くなった!

あのどんよりとした鈍〜い痛みを感じる生理痛・・・生理中はかなり辛いですよね。

505768

私も10年以上、あの痛みに悩まされていました。痛み止めが要らない時はなかったほどです。

ですが、布ナプキンを使い始めて2回目くらいから、あの痛みがゆっくりと和らいでいくのがわかりました。

布ナプキン販売サイトで「使うと生理痛が軽くなることも期待できる」というコラムを読み、試しに数枚購入してみたのですが、まさか使い始めてすぐに本当に軽くなるとは思っていなかったです。これは本当にうれしかったです!

紙ナプキンは生理痛を重くしてしまうことも

多くの人が生理中に使う紙ナプキンには、血液を吸収・凝固させるためのポリマーをはじめ、数多くの化学物質が含まれているとのこと。

そして、これらの化学物質は子宮内部の筋肉収縮活動を増やす原因となり、さらに痛みが増してしまう、といわれていますが、布ナプキンは天然素材で作られているため、子宮の収縮活動を活発にすることはありません。

布ナプキンを利用すると生理痛がひどくなりにくいのです。

506666

私の生理痛も、紙ナプキンの化学物質による影響が原因だったのかもしれません。紙ナプキンをやめ、布ナプキンにしたため痛みが和らいだのでしょうね。

いやなにおいが軽減された!

413619

生理中、ナプキンのにおいにうんざりしている方は多いのではないでしょうか。

私も毎回うんざりしていました。

ですが、紙ナプキンから布ナプキンに変えてから、あのにおいが気にならなくなりました。

本来、経血は無臭。なぜにおいが発生するの?

理由は諸説ありますが、主なにおい発生源は紙ナプキンに含まれる化学物質といわれています。

化学物質が経血と混じることにより、あのにおいを発生させるのだそう。

化学物質フリーの布ナプキンを使用するようになったため、あのにおいが軽減されたのかな、と感じます。

ちなみに、デリケートゾーンのにおいだけでなく、トイレ内のにおいもなくなりました(布ナプキンの使用で、サニタリーボックスが必要なくなってしまったことも重なって)。

布ナプキンはごみにならないため、ナプキンごみ処理のストレスからも解放されました!

あれ?冷えない?冷え性が改善された!

紙ナプキンを使っていた10年くらいは生理中の冷えがいつも気になっていましたが、紙ナプキン卒業後はそこまで冷えが気にならなくなりました。

やはり、冷えの原因も紙ナプキン?

紙ナプキンに含まれる吸収剤・ポリマーは「熱さましシート」に使われているポリマーと同一のものだそうです。

つまり、紙ナプキンを使うと必要な熱まで紙ナプキンに吸収されてしまうということ。これにより子宮が冷えてしまうのですね。

冷えの影響で生理痛も強くなってしまうこともあるので、辛いです。

コットンで作られた布ナプキンなら、子宮をやさしく温めてくれるので、冷え症に悩む方は一度使ってみてはいかがでしょうか?

516069

もしかしたら、あなたの冷え性や生理痛も解消してくれるかもしれません。

デリケートゾーンのかゆみにさよならできた!

私はもともと肌が弱く、生理になると肌がより敏感になるため、いつもデリケートゾーンにかゆみを感じていました。

ですが、コットン素材の布ナプキンの使用を開始してからはかゆみがなくなりました!

下着にも使われるコットンをナプキンとしてデリケートゾーンに使用するため、いつも通りの環境を維持できたためだと思っています。

下着感覚で使用できる布ナプキン。毎回とても助けられています♪

生地は若干分厚いけど…案外ムレない!

image

コットン素材の布ナプキンは少し厚め。

初めて手にした時は、「意外とずっしりしてるなぁ」と感じました。

ですが、コットンはそのずっしり感とは裏腹に、通気性の良さで知られている素材。生理中に気になってしまうムレもほぼカットしてくれます。

ムレを防いでくれるということは、ムレからくるかゆみも防止してくれるということ。

毎回「蒸れるしかゆいし、もう最悪!」とストレスを感じている方におすすめしたいです。

ちなみに、私は夏の生理期間中でも、今のところ一度もムレを感じていません^^

まとめ

布ナプキンは洗濯が必要だったり、必要に応じてサイズを買いそろえないといけないなど面倒な面も、確かにあります。

ですが、女性にもうれしい効果で生理中のストレスから解放される(もちろん、効果には個人差はあります)だけでなく、一度買うと長期間使えてごみもなくなる、家計にも環境にもエコなアイテムです。

布で作られていることもあり、様々な柄やカラーがあり、自分好みのデザインを選ぶだけでも楽しいですよ!

気になった方は、ぜひ手に取ってお試しくださいね♪

Pick Up

Return Top