Beauty Charge

様々なスタイルから心と体に美しさをチャージ

元パーソナリティーが教える!意外とおもしろい「地方コミュニティーラジオ」 の実態

shutterstock_384517537

コミュニティFMってご存知ですか?

いわゆるキー局とは違い、特定の地域だけで視聴できるラジオ放送。

今回はコミュニティFMのパーソナリティを務めたことのある筆者が、コミュニティFMの裏側や、リスナーのうれしい特典など、普通のラジオでは味わえない醍醐味をたっぷりお伝えします♡

コミュニティFMって?

2016年8月現在、全国で303局となったコミュニティ放送局。

超短波放送用周波数を使用する放送で、放送エリアが狭いFMです。

放送エリアが市町村単位に限定されるため、地域活性化に役立つ放送番組が多いのも特色と言えます。

私が務めさせていただいていた番組にも、音楽系アーティストのゲストの他に、地元のコーヒーショップのオーナーをゲストに呼んで、美味しいコーヒーの淹れ方などを語って頂いたりと、とても地域に根ざしたコーナーもありました。

知っている近所の人がテレビやラジオに出るって、なんだかワクワクしますよね♪

収録日のサテライトスタジオには、その方のご家族やお友達が遊びに来てくれたりと、いつも変わらない盛り上がりを見せてくれる局でした。

コミュニティFMの視聴方法

コミュニティFMの視聴方法は大きく分けて2つあります。

ラジオで周波数を合わせて聴く

shutterstock_296303579

一般的なラジオの視聴方法。

ラジカセや車中のラジオなどお手持ちのラジオで、周波数を合わせて視聴します。

コミュニティFMの放送局が一覧で見られるサイトがあるので、ぜひ自分がいる地域のラジオ局の周波数を確認してみてください。

長年住んでいても意外と知らない近所のラジオ局などもあるかもしれません♪

参考サイト http://www.jcba.jp/map/

インターネットで聴く

shutterstock_198184187

近年、パソコンやスマートフォンの普及により、インターネットでもコミュニティFMが視聴できるようになりました。専用のアプリも開発されています。

その地方でしか聴けなかった放送が、世界中どこでも聴けるようになった大革命!

懐かしい地元の放送などもこれで視聴可能です♪ぜひアクセスしてみてください。

参考サイト http://www.jcbasimul.com/

パーソナリティが担当する意外なお仕事

shutterstock_323912357

コミュニティFMのパーソナリティは、トークするだけが仕事ではありません。

例えば、私がお仕事させて頂いていた小さな局での仕事内容はさまざまありました。

番組は私と先輩DJと二人トーク番組でしたが、なんと番組スタッフもその2人だけ(笑)

番組の企画も、喋るのも、曲を流すのも、Qを出すのもすべて2人で行いました。

よくテレビで見かける、ガラスのこちら側にディレクターがいて、Qを出し、パーソナリティが話し始める、っていうアレではないんですね。

これはコミュニティFMならではで、なかなかおもしろい光景だと思います。

私が見た先輩DJの神業

shutterstock_373495819

ここで、私がご一緒させて頂いていた先輩DJがよく1人でこなしていた放送中の神業をご紹介します。


1.イントロに乗せて1曲紹介

2.1コーラス流している間に、リスナーのお便りを確認

3.リクエストが来た曲を、裏の大量にCDが格納されている倉庫から一瞬で見つけ出しダッシュで戻る

4.サビが終わったころ、手動で曲の音量を下げ、また喋りだす

5.喋りながらCDを入れ替えて、今度はリクエスト曲を流す・・・


このように、ディレクター、スタッフ、パーソナリティ、何人分もの仕事を生放送で一気に行うのです!

どうやら、その先輩DJだけじゃなく、他の番組を担当していた方々も、同じように全業務を担っているようでした。

お便りは全部読みます!

shutterstock_415628962

そしてもうひとつ驚いたことが。

キー局では、ハガキやFAXなど、お便りを出しても、読まれる確率ってとっても低いもの。

ハガキ職人なる方も存在し、「ラジオでよく読まれるハガキの書き方のコツ!」なんてスレッドも立つほど、なかなか採用されないものですよね。

しかし、私の担当させて頂いた番組は届いたお便り、すべて紹介するのです!!(※放送事故になりそうなものを除く)

常連のリスナーさんが多いコミュニティFMは、パーソナリティとリスナーさんの距離がものすごく近いのも魅力。

番組中に何通もやり取りしてお喋りするなんてものザラでした。

通常がそのような感じなので、たまにお便りが集中してお便りを読み切れないと、リスナーさんが「あれ?さっきの届いてないみたいなので、もう一回送りま〜す!」と、また同じメールが届くなんてことも(笑)

それくらい必ず読まれるお便りって、小さなコミュニティFMならでは♪

毎週視聴する番組を決めてお便りを出し続け、パーソナリティに覚えてもらうのも、“一緒に番組を作り上げている感”を味わえて楽しいですよ♪

地元出身のアーティストが光る!

shutterstock_183368294

どの局でも、1カ月間、何度も流される「今月のパワープッシュ」というものがあります。

たいてい今売り出し中の大手レコード会社所属のアーティストの新曲だったりしますが、コミュニティFMの場合、地元出身のアーティストのこともあります。

また近所のCDショップのランキングを紹介するコーナーがある場合では、地元出身のアーティストがインストアライブを行って一時的にその店のCDの売り上げが伸び、10位以内にランクインする、なんてことも。

オリコンとは違う週間ランキングを楽しめるのも、コミュニティFMならではですね♡

旅先でのコミュニティFMのススメ

shutterstock_458318665

旅先で、その地域のコミュニティFMを聴いてみるのもおススメです。

その地域の方言バリバリのパーソナリティが喋っていたり、その地域出身のアーティストの曲や、地域に根差した音楽が流れるので、“あ〜旅にきた〜!”と気分も一気に高揚!!

例えば、奄美大島のFMで、「民謡」や「元ちとせ」が、ガンガン流れたりするようなことですね。

普段、聴いている曲を旅先で聴くのも楽しいですが、その地域でしか聴けない音を味わうのも旅の醍醐味と心得て♡

コミュニティFMリスナーの利点

shutterstock_33990841

以上のようなことから踏まえ、コミュニティFMのリスナーのあるあるや利点まとめてみました。


  • その地域の細かい天気予報や災害情報を得られる
  • お便りを読まれる確率が、とっても高い
  • よってリクエスト曲も、流してもらいやすい
  • ゲストにたまに知り合いが出る
  • パーソナリティがそもそも近所の知り合い
  • 地域活性に繋がるような活動をしていると自分もゲストに出られることがある
  • サテライトスタジオが空いていて、ゲストの顔もバッチリ見える
  • 旅先でその地方の方言や音楽に浸れる

まとめ

いかがでしたか。

恰好いい英語バリバリのキー局ラジオもいいけれど、一歩踏み込んで楽しむなら、コミュニティFMもよさそうだど思いませんか?

あなたの住んでいる地域や地元、旅行先…etc その地域の電波を拾って楽しんでみてはいかがでしょうか♪

Pick Up

Return Top