Beauty Charge

様々なスタイルから心と体に美しさをチャージ

あなたの洗顔方法は間違っている!今更聞けない正しい洗顔法と得られるメリット

洗顔

毎日行う洗顔ですが、あなたはきちんと正しい洗い方でお肌を洗えていますか?

間違った洗顔ポイントを見直しながら、正しい洗顔のポイントをチェックしてみましょう。

洗顔って何のためにするもの?

疑問

洗顔は、汗やホコリなどを落とし、清潔を保つためにするものと思われがちですが、

本来は、

  • 毛穴をキレイにする
  • 皮膚のターンオーバーを促す

という目的があるようです。

正しい洗顔をすることで、お肌のターンオーバーが促進され、毛穴もキレイに保てるのです。

意外と知らない「正しい」洗顔法

洗顔

皆さんは、毎日どんな方法で洗顔していますか?

実は日常で当たり前に行っている洗顔にも正しい方法と間違った方法、両方存在しているんです。

間違い洗顔法をチェック

まず、さっそく間違った洗顔法からチェックしてみましょう。

ちなみに私は、これからご紹介する項目では半分以上当てはまっていました…。

① 冷たすぎる水や、熱めのお湯で洗っている

お湯

急激に肌を冷やすことで、毛穴が引き締まる!

と感じている方は多いかもしれませんが、急激な冷えは肌の赤みや乾燥を引き起こす原因につながってしまいます。

逆に、熱いお湯で洗うと、確かに皮脂や汚れはよく落ちるのですが、

  • お肌に必要な皮脂を奪ってしまう
  • その結果、肌が乾燥してしまう

というリスクも生じますので要注意です。

② 洗顔料を泡立てる時の水が少ない

洗顔泡

洗顔料を泡立てる時に泡立てネットを使用する方は多いのではないでしょうか。

モコモコ泡で洗顔するの、とても気持ちいいですよね!

見た感じモコモコになっている泡も、水分があまり含まれていない場合、お肌への摩擦が強くなってしまい、お肌の負担が増えることに…。

③ ゴシゴシ洗っている

洗顔 (2)

「汚れがしっかり落ちるように!」

とゴシゴシ洗っている方、今すぐやめた方が良さそうです。

ゴシゴシ洗いで、当然摩擦が生まれ、その上角質を傷つけてしまいます。

皮膚の薄い目元や口元は摩擦に弱いので、洗う際は優しく力を入れずに洗ってくださいね。

④ 洗顔時間=2分以上

肌に洗顔料をつけている時間が長ければ長いほど、お肌の負担がアップしてしまいます。

これも、あなたのお肌を敏感肌化・乾燥肌化させてしまうのです。

⑤ 1日の洗顔回数=3回以上

特に清潔感を重視する方や脂性肌でお悩みの方は、1日に何度も洗ってしまう方は多いのではないでしょうか。

先ほども少しお伝えしましたが、肌には落とすべき皮脂と肌にとどめておくべき皮脂があります。

1日に何度も洗ってしまうと、乾燥を引き起こしやすくなるほか、皮脂を失った皮膚が乾燥をカバーしようとし、より多くの皮脂が分泌されてしまいます。

つまり、よりオイリー肌を増長させてしまうのです…!

間違った洗顔方法を続けると・・・

ちなみに、ここまでで紹介した方法をずっと続けると起こりやすいのは、

  • 肌の乾燥
  • 肌の敏感化
  • 毛穴の目立ち
  • シミの発生
  • ニキビの発生

まさに、いいことナシ!

明日からの、いえ、今日からの洗顔をすぐに見直しましょう。

正しい洗顔法を教えて!

しっとり肌

ここまで、間違った洗顔法をご紹介いたしました。

結構当てはまる方もいらっしゃったのではないでしょうか。

ここから、正しい洗顔法をご紹介しますね♪

① まずは手洗いから

手には雑菌が数え切れないほど付着しています。

まずは手を石鹸で洗浄しましょう。

② ぬるま湯だけで洗顔

いきなり洗顔料をここで泡立てて洗いたくなりますが、ここは我慢。

まずはぬるま湯で洗い、お肌の毛穴を開かせ、汚れや皮脂が落としやすくなるように準備をしましょう。

お湯の温度は32〜35度あたりがお肌に適した温度でしょう。

先ほどお伝えしたように、あまり高い温度で洗うとお肌に必要な皮脂も一緒に洗い流されてしまいます。

③洗顔料を泡立てる

泡立てネットを使っても、手だけで泡立てても大丈夫です。

しっかり泡立てて、顔のお肌と手の間にやわらかいクッションを作ってあげましょう。

④ 力を入れすぎないように!皮脂の多いTゾーンから洗顔開始

泡を額につけて、マッサージするように優しくやわらかく洗いましょう。

小鼻周辺はくるくると指をすべらせながら洗います。

⑤ 頰を洗う

頰は皮脂が少ない場所なので、泡をつぶさないように洗う程度で大丈夫ですよ。

⑥ 目と口の周辺を洗う

目と口の周辺はとてもデリケート。

肌に泡を乗せて、泡をコロコロ転がすように優しく洗いましょう。

⑦ ぬるま湯で洗い流す

回数は最低でも20回は必要です。

お肌に泡が残ると、吹き出物等のトラブルになりやすいのでご注意。

⑧ 清潔なタオルで顔を優しく「押さえる」

「拭く」のではなく、「押さえる」というところがポイントです。

ごしごし拭いてしまうと、乾燥が生じやすくなります。

水分が吸収されるよう、優しく押さえましょう。

ティッシュを使用して優しく水分を吸収するのもgood!

⑨ すぐ保湿!

洗顔後すぐのお肌から水分が蒸発するのはあっという間。

3分以内に必ず十分な保湿をしましょう。

正しい洗顔で得られるメリット♪

笑顔

正しい洗顔をすることで、このようなメリットが得られますよ^^

不要な皮脂だけでなく、古い角質も取り除ける!

古い角質や過剰な皮脂は、お化粧ノリを邪魔したり、シミができやすくなってしまいます。

ですが、正しい洗顔をすることで、シミの生成を防ぎ、お化粧ノリもアップ!

お化粧をしても顔がぼんやりして見える、ノリが悪く厚化粧になってしまうという方は、一度洗顔法を見直すのもいいかもしれません。

洗顔後の保湿ケアで、お肌へ有効成分が届きやすくなる!

正しい洗顔をすることで、お肌の表面に膜として残っていた過剰な皮脂や汚れが流されるため、スキンケア用品の成分がもっとお肌の内部に浸透しやすくなります。

もっとお肌が潤い、有効成分のメリットを得られやすくなるのです。

お手元の化粧水やクリームなどがもっと生きますよ!

まとめ

正しい洗顔方法の大切さを、間違った洗顔方法やそれに伴うリスクとともにご紹介しました。

化粧が映えないな、お肌がくすんでいるなと感じている方は、もしかしたら間違った洗顔方法をしているかもしれません。

一度、見直してみて、お肌の様子をチェックしてあげてくださいね。

Pick Up

Return Top