Beauty Charge

様々なスタイルから心と体に美しさをチャージ

【体験談】夫婦別姓で働くってどう思う?夫婦別姓で仕事をするメリットとデメリット!

夫婦

結婚すると、夫か妻のどちらかの苗字が変わりますよね。

日本では、ほとんど女性が苗字を変えます。

しかし、仕事をしている女性にとって、苗字が変わることに抵抗がある人もいます。

今回は、実際に夫婦別姓で働いた私が感じた事も含めて、メリット・デメリットについてお伝えしていきたいと思います。

そもそも夫婦が同じ苗字を名乗るのはなぜ?

オフィス

日本では、民法750条によって、

「夫婦は、婚姻の際に定めるところに従い、夫又は妻の氏を称する。」

と定められています。

そのため、結婚すると必ずどちらかは苗字が変わるんですね。

このように、結婚後の苗字は必ず変えなければならないと決まっているのは、世界で見ても珍しいんですよ。

夫婦別姓にする場合はどうすればいいの?

夫婦別姓で働くためには、現行の日本の法律下では以下の2パターンが考えられます。

事実婚

夫婦恋人

ひとつは、籍を入れずに事実婚にすること。

戸籍上の夫婦とはなりませんが、お互いの苗字を変えることなく働くことはできます。

日本で事実婚が認められるには、

  • お互いに夫婦であるという意識があること
  • 同居して生計を同じにしていること

が必要です。

事実婚カップルにも、入籍した夫婦と同様に、

  • 扶助義務
  • 貞操義務
  • 離婚時の財産分与請求権

などもあります。

仕事だけ旧姓を利用

仕事

もうひとつは、入籍後、仕事上だけ旧姓を利用しながら働くことです。

私の場合はこちらに当たります。

仕事をする上で名前が変わらないので、

  • 取引先や仕事で使う印鑑
  • 名札

などの変更がいらないので、そのままストレスなく働き続けることができます。

夫婦別姓のメリット・デメリットは?

夫婦別姓にするにあたって、メリットとデメリットがあります。

いいこともあるし、悪いこともある。

それを含めてどちらの方がいいか考えていく必要があります。

夫婦別姓のメリット

まずは、夫婦別姓のメリットについて紹介していきます。

事実婚の場合、面倒な手続きがいらなくなる

カード

事実婚で、夫婦として暮らしていく場合、

  • 免許証
  • 銀行口座
  • 保険証
  • クレジットカード

など名義を変更する手続きがいりません。

役所関係に提出する書類は、本人が持って行かなくてはなりませんし、平日の手続きになることが多いので、休暇を取らないといけなくなります。

そんな面倒な手続きは一切必要ないので、これは大きなメリットだと思います。

会社関係の取引先や職場の名札、印鑑などを変える必要がない

印鑑

先ほども言いましたが、

  • 取引先へ氏名が変わったことを報告
  • 名刺を作り直す
  • 職場の名札を変更する
  • 印鑑を新しく用意する

などの必要がなくなります。

職場での呼び方も変わらないので、自分のキャリアとしても変わることがないように感じました。
(名前だけでキャリアが変わるわけではないとは思いますが・・・)

印鑑なども新しくする必要がないので、仕事の滞りもありませんでしたし、混乱することもありませんでした。

事実婚であれば、通称と戸籍上の苗字を使い分ける必要もないので、煩わしさもなくなりますね。

夫婦別姓のデメリット

次に、夫婦別姓のデメリットについてです!

事実婚の場合、控除などが受けられないことがある

お金溜まる

事実婚の場合、法的に夫婦と認められない状態なので、扶養控除などが受けられないことになります。

また、

  • 生命保険の受取人にできない
  • 夫婦間での相続権がなくなる
  • 携帯などの家族割引が利用できない

などのデメリットが存在します。

保険の受取人として設定したい場合は、いつから事実婚であると、はっきり証明できる客観的事実が必要になります。

  • 同じ住民票にしておき、どちらかを世帯主として届けておく
  • 結婚式を挙げた場合、その写真を撮っておく
  • 事実婚に関する契約書を作る

などの手を打っておく必要があります。

仕事だけで旧姓を使う場合、それに関しての書類が必要

サイン書類

私のように、入籍後に職場の通称のみ旧姓を使う場合、書類が必要になってくることが多々あります。

そして、

  • 戸籍上の氏名でのサイン
  • 職員名でのサイン

が必要になったりしました。

正直、この辺はすごくわずらわしかったです。

就業規程によって違うと思いますし、私のように旧姓を使い続けることができない職場もあるかもしれませんが、旧姓が使えたとしても、何らかの申告は必要になると思います。

さらに、それに関して周りから「なぜ?」という疑問をぶつけられることが多々ありました。

職場に男性しかいなかったこともあるかもしれませんが、旧姓にこだわることに疑問を持つ人も多いという印象です。

事実婚の場合、子供が「非嫡出子」になる

赤ちゃん (2)

事実婚で子供をもうけた場合、子供は「非嫡出子」となります。

非嫡出子とは、法的な夫婦関係を持たないカップルの間に生まれた子供を言います。

非嫡出子は、

  • 認知することができる
  • 相続権が発生する

の権利はありますが、法的に相続できる財産は嫡出子(法的な夫婦関係を持つカップルの間に生まれた子供)の半分になります。

事実婚の時に生まれた子供を認知していて、その後入籍すれば嫡出子になります。

また、生まれた子供がどちらの姓を名乗るかも決めなければならなくなります。

まとめ

いかがでしたか?

私は、事実婚の夫婦別姓ではなかったですが、やはり仕事で呼ばれる名前が変わらないのは個人的によかったです。

自分の名前を大切にしたい、仕事をする上で「○○の嫁」と言われたくないという自分の思いを汲んでくれた夫にも感謝しています。
(私には言いませんでしたが、周りからはいろいろ言われていたみたいでした。)

それぞれのメリットもデメリットも、個人を取り巻く環境によって変わっていきます。

自分の思いやライフスタイルを考えた上で、どちらにするか選択できるのが一番だと思います。

Pick Up

Return Top