Beauty Charge

様々なスタイルから心と体に美しさをチャージ

カレーライスを食べるだけ!!カレーダイエットのやり方と効果的な方法とは?

カレーライス

国民的人気メニューといえば、「カレーライス」ですね。

手軽に食べられておいしいことから、ランチはカレー!という人も多いです。

このカレー、実はダイエットにも効果的なのです。

カレーってカロリー高そうだけど、ホント?と思うかもしれませんが、ホントです!

ただし、うまく利用しないと逆に太ってしまうことも。

今回は、カレーダイエットの食べ方やコツを伝授します!

カレーがダイエットにいいワケ

それではさっそく、カレーがダイエットに効く理由について紹介していきます!

スパイスにダイエット効果

カレーの原料には、いろんなスパイスが使われていますよね。

このスパイスにダイエット効果があるのです。

ガラムマサラ

ガラムマサラ

ガラムマサラとは、いろんな香辛料をブレンドしたスパイスのこと。

カレーの味を決めるスパイスです。

新陳代謝を活発にして体を温め、ダイエット効果があがります。

ターメリック

ターメリック

ターメリックとは、二日酔いなどのドリンクによく使われている「ウコン」のこと。

ターメリックに入っているクルクミンという成分が、

  • 脂肪細胞を抑制
  • 脂肪の分解などをサポート

して太りにくくしてくれます。

唐辛子

唐辛子

ダイエットによく使われる香辛料の唐辛子

脂肪を燃やし、血行を改善する働きがあります。

ナツメグ

ナツメグ

ナツメグは、発汗や代謝をアップさせる効果があります。

ただ食欲を増してしまうというデメリットも。

ニンニク、生姜

ニンニク生姜

ニンニクや生姜は、脂肪の代謝をアップさせます。

野菜がたっぷり摂れる

野菜 (3)

日本のカレーは煮込むタイプ。

つまり、野菜をたっぷり摂取することができます。

野菜の栄養も摂れるので栄養価も高く、また野菜自体はカロリーも低いのでダイエットに最適です。

でもカレーライスってカロリーが高いのでは?

疑問

カレー単品のカロリーは、およそ300kcal程度

でも具材に肉をたっぷり加えると、さらに脂肪分が増えてカロリーアップしてしまいます。

また、カレーライスのカロリーは一皿600~800kcal程度

カレーライスだけを食べるとしたら、一食分のカロリーとしてはまあまあ普通ですが、ダイエット中なら微妙ですね。

それに、カレーは香辛料効果で食欲を増進してしまう危険も。

夏、食欲がなくてもカレーを食べるとたくさん食べられるという人は多いです(私もこのタイプです)。

つまり、ダイエットのつもりで食べているのに、つい食べ過ぎてしまう危険があるのです。

カレーダイエットはコツがある!

痩せやすいスパイスがたっぷり入り、野菜も摂れるカレーライス。

カレーでダイエットするには、ちょっとしたコツがあります。

ご飯を工夫しよう

玄米

カレーライスの時はいつもよりご飯が多く盛られていることがほとんど。

某有名カレー専門店の普通盛りは、一皿300gもご飯が盛られています!

ご飯茶碗1杯は約150g(250kcal)ですから、2倍も食べてしまっているのです。

カレーライスが大好物、という人は、ご飯を減らすと物足りなくなってしまうかもしれません。

それなら、ご飯を工夫してみましょう。

白ご飯を玄米にしたり、雑穀や蒟蒻米を混ぜます。

玄米にしてもカロリーはさほど変わりませんが、白ご飯よりも噛みごたえがあることで

「食べた!」

という実感がわきます。

また、玄米は代謝をアップさせたり便秘にもいいので、最終的にはダイエットにいいです。

また蒟蒻米を使えば、カロリーを3割カットも可能です。

他にもご飯のカロリーカット方法はありますので、下記の記事を参考にしてみてください

関連記事

野菜ベースのカレーにする

まいたけ

お肉たっぷりのカレーは美味しいですが、脂肪分がぐっと増えてカロリーもアップしてしまいます。

お肉を減らすか、野菜のみのカレーにすることでカロリーカットできます。

また、きのこ類を入れるのもオススメ。

中でもまいたけは、中性脂肪を分解・排出する作用のある成分「MXフラクション」が入っています。

まいたけはカロリーも低く、食物繊維も豊富、しかも旨みがあるのでカレーの具材に理想的です。

カロリーオフタイプのルーを使う

普通のカレールーは意外と油分が多くカロリーが高め。

最近はカロリーオフしたカレールーも増えているので、こうした商品を使ってみるといいですね。

カレーダイエットは「朝」に食べる!

カレーを食べるときに、ぜひ食べて欲しい時間帯があります。

それは、「朝」です。

朝に食べるメリット

朝起きる

スポーツ選手が、朝にカレーを食べているという話はよく聞きますよね。

ダイエットとしては、カレーに含まれるスパイスにより血行がよくなり、脂肪の分解が活発になります。

朝はある程度カロリー摂取しても、午前・午後の活動で消費できます。

そのため、カレーダイエットをするなら朝が最適です。

2~3日置きでOK

カレーライス (2)

カレーは美味しいけれど、さすがに毎日では飽きてしまいますよね。

ダイエットの失敗は「飽きてしまう」ことが一因です。

2~3日置きなら、具を変えてもいいし忙しい時はレトルトカレーを利用してもOKです。

より効果アップするなら、カレーを食べたあとに運動も

ウォーキング (2)

カレーで新陳代謝が活発になっているので、運動をプラスすることでより脂肪燃焼効果がアップします。

運動する時間がないなら、カレーでパワーアップした後に一駅歩いたり、階段を利用するだけでも筋力がつき、脂肪を燃やすことが可能です!

まとめ

カレーは美味しくて栄養もたっぷり摂れる反面、カロリーが若干高め。

でもうまく利用すればダイエットにも有効です。

2~3日置きでいいので、ムリのないダイエットをしたい人にオススメです!

Pick Up

Return Top