Beauty Charge

様々なスタイルから心と体に美しさをチャージ

デコルテで見た目年齢が決まる?デコルテしわの改善はスキンケアがポイント!

デコルテ

周りのキレイなお姉さん世代の女性に、顔の肌は若々しくてとってもキレイなのに、

  • デコルテ
    (首から胸元にかけての部分)

を見たらシワシワな人がいてびっくりした、なんてことはありませんか?

顔の肌と同じくらい、首からデコルテにかけた肌は年齢が出やすい部分であるのにもかかわらず、これといったスキンケアをしていない人が多いんです。

放ったままにしておくと、気づいた頃にはもう肌年齢が実年齢より上になってしまうかも!

手遅れになる前に、今日からデコルテのケアを一緒に見直してみましょう!

こんな人は要注意!デコルテ年齢要注意10項目

注意 (3)

普段の洗顔後のスキンケアで、首から胸元にかけての「デコルテ」パーツのケアもしていますか?

顔にだけ化粧水と乳液をつけたら終了!という人が多いのではないでしょうか。

以下の項目に一つでも該当する人は、デコルテ年齢要注意です!

  1. 外出時に首やデコルテの紫外線対策を特にしていない
  2. 首やデコルテは体の他の部分と同じようにボディタオルでゴシゴシ洗う
  3. 姿勢が悪い
  4. 肩が凝りやすい
  5. セミロング〜ロングヘアだ
  6. 最近フェイスラインがたるんできた気がする
  7. パソコンの前に長時間座っている事が多い
  8. デスクワークだ
  9. スマホをいじっている時間が長い
  10. 電車内でよく寝てしまう

首や胸元の皮膚は、顔と同じく常に

  • 紫外線
  • 乾燥
  • ほこりまみれの空気

などにさらされ、さらに衣服や髪による摩擦を受けているため、私たちが思う以上にダメージを受け続けています。

デコルテのケアをしている人としていない人とでは、将来の見た目年齢が大幅に違って見えてしまうのです。

デコルテは意外と見られている!?

首元開いた

首元や胸元の開いたデザインの洋服は、顔周りがスッキリと見えて女性らしさの感じるステキなスタイルですよね。

そんなデザインのお洋服を着ながら、お化粧は完璧でも、デコルテのケアまで入念に行っている人は案外少ないのではないでしょうか。

私が20代後半に入った頃、久しぶりに会った友人の男性に、

「首にシワないよね!周りの同い年の女の子達、首に結構シワあるよ!」

と言われて驚いた時の事を、今でも良く覚えています。

意外と男性の方が女性より細かい所までしっかり見ている物なんですね。

それまでは特に意識してデコルテケアをしてこなかった私ですが、上記の件があって以来、首元からデコルテにも意識を向けるようになりました。

デコルテは顔の皮膚と同じくらいデリケート!

マフラー女性

首を含めたデコルテ部分の皮膚は、私たちが思う以上にとても薄く、そしてデリケートです。

特に首部分は皮脂腺や汗腺が少ない分、ニキビや吹き出物と言った肌荒れの悩みは顔の肌に比べて多くはありません。

しかし、油分が少ないため乾燥しやすくなっています。

また、ファンデーションを塗る場所ではないので紫外線対策を怠りがちになるのに加え、

  • 髪の毛
  • ストール
  • マフラー

などの繊維による摩擦刺激に常にさらされているので、肌にダメージが蓄積しやすく、それに気づかずに首にシワが出来て初めて気づく人が大半です。

デコルテのケア方法

デコルテのケア方法と言っても、特別難しい事はありません。

顔の肌にいつも行っているスキンケアの延長と考えると簡単でしょう。

デコルテの洗い方

洗顔泡

ボディタオル+ボディソープでのデコルテゴシゴシ洗いは危険です!

首やデコルテはあくまでも顔の延長と思って、顔を洗顔する時に洗顔フォームをそのまま首、デコルテまで伸ばし、手で優しくなでるように洗いましょう。

擦るのは厳禁です。

あくまでも、泡を転がしながら円を描くようにして「なでる」のがコツです。

どうしても汚れが気になる、という方は、

  • コットン100%
  • シルク

などの天然素材のタオルに替え、合成繊維のタオルは使わないようにしましょう。

デコルテのスキンケア方法

スキンケア

「朝と入浴後のスキンケアは顔だけ」はNGです!

首元とデコルテにもしっかりと潤いを与えてあげましょう。

方法はいたって簡単!

洗い方と同じように顔の延長だと思って、顔のスキンケアと同時に化粧水→乳液のケアするだけです。

化粧水や乳液を普段使っている量より少し多めに手に取って、首やデコルテまで保湿してあげましょう。

化粧水がもったいない…と言う方は、1,000円以下のプチプラ化粧水やクリームを首専用に使っても問題ありません。

シートパックなどの特別なフェイスケアの時は、使い終わったパックは捨てずに、ぜひそのまま首やデコルテにも貼ってしまいましょう!

普段から出来るデコルテのシワ対策

首女性

何気ない普段の行いが、首やデコルテにシワを作っていることがあります。

例えば、猫背だったり、常に頭がうつむきがちな姿勢の悪い人は首にシワが出来やすく、次第にデコルテにもたるみが出てきます。

どんなに毎日スキンケアをがんばっても、姿勢が悪いままだと首やデコルテに「シワグセ」がついてしまいます。姿勢を良くするだけで、たるみやシワはかなり予防できますよ。

  • 常に背筋を伸ばす
  • 頭のてっぺんから糸で引っ張られているような感覚を意識する
  • 顎の先を気持ち上に上げる
  • 出来るだけうつむかないようにする
  • 枕の高さを下げる

これらを意識するだけでもずいぶんと首とデコルテのシワが改善され、外見も凛としたイメージになれますよ。

まとめ

デコルテのスキンケアについてお話ししてきました。いかがでしたでしょうか?

普段からケアを続けている人とそうでない人とでは、首から下のシワやシミ、肌の質感、全ての違いが将来の見た目年齢として差が出ます。

肌の美しさは毎日の地道な努力の積み重ねと日頃の習慣により作られます。今から始めても決して遅くはありません。ぜひ顔と同じように、デコルテも毎日ケアしてあげて下さいね。

Pick Up

Return Top