Beauty Charge

様々なスタイルから心と体に美しさをチャージ

本人は気付いていない!口がクサイ&肌が冴えないのはドライマウスのせい?

ハブラシ

いろんな口臭グッズを試しているのに、

「まだ口臭が気になる・・・。」

と悩んでいませんか?

それは、もしかしたら「ドライマウス」が原因かもしれません。

ドライマウスとは、唾液の分泌が少ない口腔乾燥症のこと。

このドライマウス、口臭の原因になるだけでなくお肌にも悪影響を与えてしまうというからコワイですね。

原因や改善法などを交えて、ドライマウスについて徹底解説していきます!

ドライマウスの原因

ドライマウスは年齢が上がるとなりやすいという話ですが、若くても生活習慣によってはなりやすいそうです。

では、ドライマウスになってしまう原因を見ていきましょう。

柔らかい食べ物をよく食べる

唾液というのは、よく噛むことで分泌されやすくなります。

でも柔らかく、あまり噛まなくていい食事をしていると、唾液が必要ないので分泌されにくくなってしまいます。

ファーストフードが好きな人は要注意!

口呼吸している

口で呼吸すると、口が開けっ放しになってしまいますよね。

そうすると、口の中がどんどん乾燥してカサカサになってしまいます。

強いストレスや緊張を感じている

発表会やプレゼンなど、人前で話す時に緊張して口の中が乾燥して喋りにくくなったことはないですか?

強いストレスを感じると、唾液が出にくくなり口の中が乾きやすくなります。

なぜ口臭の原因になるの?

ドライマウスは唾液の量が少ないことが原因。

唾液は、食べ物をスムーズに飲み込むだけでなく、口の中の虫歯菌や歯周病菌を流し、虫歯や歯周病を防ぐ役割もあります。

つまり、唾液が少ないと虫歯になりやすいのです。

虫歯

虫歯のある人や歯周病の人の口はクサイのは、いろんな菌が口の中に留まっていることが原因です。

ドライマウスでなぜ肌あれするの?

肌トラブル

ドライマウスと肌あれって一見関係がなさそうに見えますよね。

でもドライマウスを改善すると、肌もキレイになれるのです。

栄養が肌に行き渡らない

唾液が少ないと、きちんと食べ物が消化されず栄養素をうまく体に取り込めなくなってしまいます。

つまり肌に栄養が行き渡らないので、肌が荒れてしまう一因になります。

パロチン不足

唾液には成長ホルモンのパロチンという成分が含まれています。

パロチンはアンチエイジング効果があり、肌をキレイにしてくれるのですが、唾液が少ないとパロチンが不足して冴えない肌に。

関連記事

EGF不足

パチロン同様に、EGFは唾液に含まれる成分です。

肌の新陳代謝(ターンオーバー)を活発にする効果があります。

EGFも不足すると美肌から遠のいてしまいますね。

風邪やインフルエンザになりやすいというデメリットも!

唾液が少ないと、口から入ってきたウィルスを洗い流すことが難しくなってしまいます。

バイキン

風邪やインフルエンザにかかりやすいなら、風邪予防だけでなくドライマウスを改善することも考えてみましょう。

ドライマウス度チェック!

先生ポイント

もしかしてドライマウスかな?と思ったら、以下のような症状がないかチェックしてみてください。

  • 水分の少ない食べ物が食べにくい
  • 口や舌の渇きを感じることが多い
  • 口の中のねばつきが気になる
  • 虫歯になりやすい
  • 口呼吸をしている
  • ストレスを感じやすい
  • 柔らかい食べ物をよく食べる

このうち、5以上該当したらドライマウスの可能性が高いため、注意が必要です!

唾液を増やすのは実は簡単!

shutterstock_106117964

唾液を増やすのって難しそう、と思うかもしれませんが実は意外と簡単です。

よく噛んで食べる

食べる時は、時間をかけてよく噛むことが大切。

噛むことで唾液腺を動かし、唾液が出やすくなります。

試しに、ご飯を口に入れて30回ほど噛んでみてください。
ご飯が甘くより美味しく感じられるはずです。

これは唾液に含まれる酵素が、ご飯のでんぷんを分解してぶどう糖や麦芽糖にするからです。

よく噛むことで消化がよくなり、栄養素がしっかり肌に届くというメリットも。

唾液を増やすマッサージをする

マッサージをすることで唾液の分泌を促進できます。

食事前にやると、食べやすく消化吸収もアップ。

また、お風呂でやるとリラックス効果から唾液がスムーズに出やすくなります。

耳下腺

耳たぶから1cmほど前にある耳下腺に指を当て、くるくるとマッサージ。

舌下腺

あごから3cmくらい内側の舌下腺を押すようにマッサージ。

顎下腺

顎の頬の下側にある顎下腺を、耳方向に向かってマッサージ。

ガムを噛む

噛む行為を繰り返すガムは、唾液をスムーズに分泌するのに最適です。

特に虫歯や歯周病が気になるなら、ミント系のキシリトール入りのガムを噛むといいでしょう。口臭予防にもなります。

ストレスを解消する

強いストレスを解消するのは難しいこともありますが、自分なりのストレス解消法を見つけてうまく発散できるようにすることで、気分を切り替えることは可能。

特にスポーツは達成感や爽快感を味わえるので、おすすめです。

口腔乾燥ケアグッズを使う

唾液が足りない場合の口腔乾燥ケアグッズを使う方法もあります。マウススプレーやオーラルケア用の保湿ジェルなどがあります。

WS001429

唾液の正常な分泌と清潔な口内環境を整えてくれる優れた口臭対策商品です。

公式サイト

 

まとめ

唾液のことを意識することはあまりないですが、実は美容や健康にもかかせないことがおわかりいただけたでしょうか?

唾液は工夫次第で簡単に分泌できるので、気になった時に試してみてください!

Pick Up

Return Top