Beauty Charge

様々なスタイルから心と体に美しさをチャージ

元消防士が教える!絶対役立つ、必ず備えておいて欲しい防災グッズ

shutterstock_101441065

9月1日は防災の日!9月は防災月間です!

自然災害は防げないもの。だからこそ備えることが大切です。

元消防士かつ、阪神・淡路大震災を体験した私の経験から、防災の備えについて伝授していきたいと思います!

避難場所を確認しておく

442238

まずは、自宅周辺の避難場所を確認しておきましょう。

特に、沿岸部にお住まいの方は「津波避難ビル」などの確認もしておきましょう。

東日本大震災後、大幅に津波の推定被害状況範囲が見直しされていますので、浸水区域や津波到達区域になっていないか確認が必要です。

消防署に聞いても教えてもらえると思います。(私の地域では市民の方からも問い合わせいただいたりしていました。)

市町村のホームページでも確認できると思いますよ。

家が無事なら避難所に行く人は少ないと思いますが、支援物資などは避難所に届きますので、物資をもらいに行くときにも必要になってきます。

たまに質問に来る方がいらっしゃったのですが、支援物資などを各家庭に配りに来てくれたりはしません。

避難所が公共建物だから、大きいからといって支援物資が優先的に届いたりすることも特にありません。

しかし、比較的大きい避難所(学校など)であると、車の駐車スペースがあったりヘリの着陸スペースが確保できたりするので、必然的にそこから支援物資が届くという事はあり得ると思います。

だからといって、遠方の学校に行くことが良いとは言い切れないので、まずは近くの避難場所を確認しておきましょう。

防災グッズを準備しておく

534500

ライフラインが復旧するまで大体3日ぐらいかかると言われています。

なので、避難所に行く、行かないを抜きにしても少なくとも3日間は生き延びられる装備を整えておかなくてはなりません!

 

CHECK!防災グッズの必需品(一人暮らし想定)

  • 簡易トイレ
    (断水に備えて)
  • ライト
  • 軍手
  • 携帯の充電器
    (持ち運びタイプの物)
  • ウォータータンク
    (薄型のがあります)
  • アルミ毛布
  • 水2ℓ×3本
    (1日1本換算)
  • 3日分の食料
  • 医薬品
    (絆創膏、鎮痛解熱剤、カーゼ、マスク等)
  • 生理用品
    (2回分ぐらいあると安心)
  • ティッシュ
  • タオル
  • ラップ
    (洗い物が減りますので余分な水を使いません)

これぐらいは準備しておくと安心できると思います。

ラップはいらないかもしれませんが、経験上あるとかなり便利です。

寒い時はお腹に巻くこともできますしね!

特に生理用品は、ある程度落ち着いてから支援物資が届くので、すぐに手に入りませんし、どれぐらいもらえるかもわかりません。

なので、防災グッズにはタンポンを入れておくことをおすすめします。

1つで4~8時間持ちますし、臭いもあまり気になりません。かつ小さいので場所も取りません。

最近は防災グッズのセットが販売されています。それを購入するのも一つです。

防災グッズに+αで入れておきたいもの

家が崩れてない、家にいられるのなら居続けるのもいいかと思います。私なら家にいるでしょう。

しかし、避難所に行くような事態になった場合、家とはずいぶん違った生活になります。

避難所に行く際に持って行きたいものをピックアップします。

避難所でまず手に入りやすいのは毛布、段ボールです。

また、多少なら水も割とすぐに来るでしょう。

(私が勤務していた消防署にも5年水という賞味期限が5年の水が備蓄されていました。)

避難所生活で不便・辛いと感じる事…それは

「歯磨きが出来なくて歯が痛くなった」「睡眠がとれない」です。

512976

非常食には少量でもエネルギーが補給しやすいように、砂糖が大量に使用されているものが多いです。

避難所生活中に虫歯に…なんて話は多いです。しかも治療もしてもらえない…

なので、口腔洗浄液や歯磨きシートなど、なるべく水がなくても歯が磨けるものは入れておいた方がいいと思います。

あとあるといいのは、エアクッションです。

避難所であれ、大勢とほとんど仕切られることなく硬い床で寝るのは疲れが取れません。

少しあるだけでマシになると思います。

 

CHECK!+αで入れておきたいもの

  • 口腔ケア用品
  • エアクッション

自分で作る「防災グッズ」

防災グッズを買っても、非常時にならないと使わないのは当たり前。

私は防災グッズの中身が賞味期限切れなんていう悲劇に見舞われないように、「流動的防災リュック」を作っています。

「流動的防災リュック」とは!

494517

日頃食べるような食品関係に関しては、防災リュックの中に備蓄しておく。

大それた言い方をしましたが、それだけです…

一人暮らしなどでお世話になることも多いレトルト食品、缶詰、買い物に行ったときにまとめて買ったお茶などを、防災リュックの中に入れておくだけなので、たとえ一人暮らしでも常に非常時に備えた防災用品に変わります!

日常生活では、その中から順に使って補充していく…という形で、何かあればそれを持ってそのまま出ると…

とにかく、何かあった時にいちいち入れたりする必要がない事が大切です。

防災リュックを作って、可愛い籐かごや中が収納になっているスツールなんかを買ってその中に入れておけば、部屋のイメージも崩しません!

どっちみち買いだめしておいたり、買ったものを置いておくなら、手持ちの使っていないリュックでも、トートでもいいので入れておくだけで立派な防災リュックに早変わりです!

ついつい使い過ぎて備蓄がなくなっちゃった!なんてことがないように、最初は多めに入れておくと、3日分を切ることがないと思いますよ。

まとめ

私は阪神・淡路大震災でライフラインが途絶えた生活を余儀なくされていました。

生きていくために最低限必要なこと、必要なものは備えておくことが本当に重要だと感じました。

消防士になってから、各家庭に防災指導などに伺う機会も多かったのですが、防災グッズがある、非常時に備えているというご家庭は半数に満たない状況でした。

震災がある地区でもそれぐらいなので、皆さんに「備えましょう!」と言っても実感もわかないかもしれません。

しかし、備えることで助かることもあります。

せっかくの防災月間、災害に備えるという事に目を向けてみてほしいと思います。

Pick Up

Return Top