Beauty Charge

様々なスタイルから心と体に美しさをチャージ

季節の変わり目はいつも肌がカサカサ・・・。ゆらぎ肌の原因と対策方法!

美肌

季節の変わり目やストレスを感じた時に、お肌に違和感を感じたことはありますか?

その違和感には実は名前があります。その名も「ゆらぎ肌」

あらゆる環境の変化により、お肌が通常よりも敏感になっている状態です。

秋から冬に移りゆく今の時期、もうすでにお肌の変化を感じ始めている方もいらっしゃるかもしれませんね。

今回は「ゆらぎ肌」の代表的な肌状態と対策法をご紹介します。

ゆらぎ肌とは

女性

ゆらぎ肌とは、

  • 季節の変わり目の気温変化
  • 身の回りの環境変化

などのあらゆる変化によって影響される、お肌の不調を意味します。

  • 「あれ、今日はお肌がいつもと違うな」という違和感のあるお肌
  • ベストコンディションじゃないお肌

というお肌の不調を経験された方、きっと多いと思います。

なぜお肌は「ゆらぎ肌」化するの?

分からない

季節的な要因でいうと、

  • 秋から冬に移り変わる際の寒暖差
  • 春・秋の花粉の飛散
  • 春から夏にかけての紫外線量の変化

などで、要因はさまざまです。

私は毎年4~5月にはひどい花粉症に悩まされており、花粉症シーズン中はいつも以上に肌が乾燥し、敏感になってしまいます。

この時のお肌の状態も「ゆらぎ肌」です。

環境変化でいうと、

  • 社内での異動
  • 勤務先の繁忙期
  • 子どもの入学・卒業・受験
  • 転勤
  • 転職

などの季節環境変化に加え、その変化からもたらされるストレスもゆらぎ肌の原因になるといわれています。

また、上記のようなイベントだけでなく、

  • 夜更かし
  • 生理
  • アンバランスな食事
  • 無理なダイエット
  • 風邪や熱
  • 便秘
  • 失恋

など、日々のよくあることからも気づかないうちに心身へのストレスが発生し、お肌がゆらぎ肌化することもあるんです。

「ゆらぎ肌」になった私の肌。どんなことが起きるの?

さきほど、例として私の花粉症の症状を挙げましたが、他の代表的な症状やサインを挙げてみます。

季節の変わり目はいつもの化粧品が肌に合わない

女性肌

みなさんよくご存知かと思いますが、お肌はとてもデリケート。

環境の変化や季節の変わり目でお肌はストレスを感じがちで、お肌のバリア機能が下がってしまいます。

お肌のバリア機能が低くなると、普段使い慣れた化粧水や化粧品に対しても過敏に反応してしまいます。

紫外線が多い日に外出した後、いつもよりお肌がカサカサしている

紫外線肌

日焼けすると、お肌から水分が減り、赤みが出てカサカサしますよね。

季節環境によるお肌の変化ですので、これも、お肌がゆらぎ肌化しているといえます。

特に何かしたわけでもないのに、肌にかゆみが出る

首かゆみ

  • 花粉症
  • ハウスダスト
  • アレルギー

などで、肌にかゆみを感じたことがある方は多いのではないでしょうか。

かゆみを感じてかきむしりたくなる気持ちはとてもわかります!

が、ここはぐっと抑えてかゆみが去るのを待ちましょう。

夜更かしした翌日のお肌がなんだかいつもと違う

肌チェック

夜更かしした次の日に、

  • いつもより油っぽい
  • カサカサしている
  • つっぱっている

など、いつもの肌と違うと感じたことはありませんか?

睡眠時間の確保はもっとも簡単な美肌作り法です。

  • 興奮して眠れない
  • ストレスで眠れない
  • 友達とのトークが盛り上がりすぎて楽しくて寝られない

など、夜更かしもいろいろですが、睡眠が不足するだけでお肌の健康がどんどん下がってしまいます。

すっぴん時のお肌がいつもより赤く見える

肌トラブル

季節の変わり目の花粉の飛散や気温の上昇や下降で引き起こされることが多い「皮膚の赤み」

実は肌内部でかなり軽めの炎症が起きている状態なのだそう。

季節の変わり目で、まだお肌が新しい季節になじめていないがために起こることも多いそうです。

吹き出物ができた…

ニキビ肌トラブル

気候や気温、身の回りの環境の変化で、知らず識らずのうちに心身への負担(ストレス)が引き起こされています。

心身へのストレスにより、お肌のターンオーバーが正常に機能しなくなってしまいます。

お肌のターンオーバーが遅くなるなど正常に機能しなくなると、毛穴に皮脂や化粧品の油分が毛穴に詰まりやすくなる「毛穴詰まり」が発生し、そこからニキビができてしまうのです。

ゆらぎ肌の対策方法とは?

どうしたら、「ゆらぎ肌」対策ができるのでしょうか。

簡単な対策方法をご紹介します。

ストレスの元を断ち切ろう!

ストレス断ち切る

心身にのしかかるストレスで起こされるゆらぎ肌。

ならば、そのストレスを断ち切ることでお肌に違和感を感じることはなくなるはずです。

  • ジムに通う
  • 映画や音楽に身をまかせてみる
  • 寝る前にホットミルクを飲む
  • 1人カラオケに行ってみる

など、自分の好きな方法でストレスを解消してみてはいかがでしょうか。

お肌の不調を感じたら、化粧品を変えてみよう

肌スキンケア

何かしらストレスを抱えがちな方や、季節の変わり目はいつもお肌に違和感を感じる方は、敏感肌用の化粧品や基礎化粧品を用意しておくと良いでしょう。

いつも以上に過剰にスキンケアするのは禁物

スキンケア

「お肌の様子がなんだかおかしいぞ!ケアしてあげないと!」

と焦り、乳液やクリームなどあれこれ準備していつも以上に丁寧に、より多くのアイテムでケアしようする気持ち、とてもよくわかります。

ですが、お肌が弱っている時に過剰なケアをすると、

  • 敏感になっているお肌が基礎化粧品の成分を受け付けない
  • 成分がお肌に浸透しにくくなる
  • そのケアがお肌にとって刺激になっている

ということもあるため、お肌がより敏感になってしまうことも考えられます。

まずはお肌の様子をじっくり見て、その時のお肌の調子に合うものを少しずつつけてケアしてみてくださいね。

参考:http://www.skincare-univ.com/

まとめ

ポジティブに考えると、お肌の調子がいつもと違っている時は、

  • 自分が最近疲れていないか?
  • ストレスを感じていないか?

など、最近の自分を振り返るチャンスでもあります。

お肌の調子をよくチェックすることで、ストレス源を確認・解消することでお肌も回復するはずですし、生活習慣や自分自身の心身の状態を見直すこともできますね。

もしお肌の調子があまりにもひどい場合は、無理をせずに皮膚科の受診をされることをおすすめします。

Pick Up

Return Top