Beauty Charge

様々なスタイルから心と体に美しさをチャージ

メリットはそのままに低価格を実現!ジェネリック家具&家電の魅力とは?

家具部屋

おしゃれな部屋づくりに取り入れたいのがデザイン性に優れた家具や家電たち。

スタイリッシュなインテリアが日常を彩り、生活を豊かにしてくれます。

ともすれば高くつきがちなデザイナーズインテリアを安く手に入れられる方法をご存知ですか?

薬品に関してよく聞く「ジェネリック」という単語ですが、家具や家電にもそんな概念が存在するんです。

ジェネリック家具とは?

部屋

一般に「デザイナーズ家具」と呼ばれるものは、国内外のデザイナーや建築家がデザインした完成度の高い家具のことを指すことが多いようです。

デザインされた製品には意匠権があり、意匠権が保護されるのは申請・登録してから15〜25年ほど(申請された国によって異なります)。

時間が経って意匠権が切れたデザイナーズ家具を、様々な家具メーカーが復刻版として生産した家具をジェネリック家具と言います。

正規品を不正にコピーした家具とはまったく別物です。

  • 意匠権に出願するための費用がかからない
  • より安価な素材を使うことも可能

なことから、コストがおさえられるという利点があります。

このため高価な本物の家具とまったく同じ見た目のものも比較的安価に手に入れることができるのです。

ジェネリック家電とは?

部屋家電

こちらはジェネリック家具とは少し異なっており、大手メーカーの一世代前の技術を利用しながら、搭載する機能を少なくして低価格を実現したものをジェネリック家電と言います。

大手家電メーカーは、一世代前の部品や技術などをジェネリック家電メーカーに安く売却し、ジェネリック家電メーカーはそれらを使用します。

このとき、通常使わないような余分な付加機能を削ぎ落として使いやすくすることで、品質はそのままに価格の安さと使いやすさを両立させることができるのです。

たとえば液晶テレビでは、映像の美しさなどの性能は大手メーカー製品並ながら、機能を絞ることで3万円を切る価格を実現しています。

ジェネリックインテリアのメリットは?

それでは、ジェネリックインテリアのメリットについて紹介していきます。

何より低価格であること

お金溜まる

前述の通り、ジェネリック家具は

  • 意匠権にかかるコストが削減できる

ジェネリック家電であれば

  • 部品を低価格で仕入れられる
  • 無駄な機能を削減することができる

などが可能なため、ブランド製品の半額やそれ以下といった低価格で、見た目や性能が同じ家具・家電を購入することができます。

ものによれば10分の1なんていうものも。

本物よりも使いやすいことも

家電使いやすい

ジェネリック家具の場合、ベースとなるデザインはあるものの、その時代のニーズや、企業の考え方に合わせて使いやすいように改良を加えている場合があります。

この場合、

「本物よりも使いやすいジェネリック家具ができた!」

なんてこともありえます。

たとえば初めてジェネリック家具として作られた「バルセロナコーヒーテーブル」。

正規のデザイナーズ家具の場合はスチールメッキでテーブルのバーが作られていましたが、スチールはさびやすいという欠点を持っているため、ジェネリック家具ではステンレス製になり実用性が向上しています。

また、ジェネリック家電も、余分な機能を削ぎ落として必要な機能だけを残しています。

このためかえって本物より使いやすいのは普通のこと。

ジェネリックインテリアのデメリットは?

次に、ジェネリックインテリアのデメリットについて紹介していきます!

粗悪品に当たってしまうこともある!

困った

意匠権が切れてから他のメーカーが真似をして作った家具ですから、メーカーごとに品質に差が出てきます。

意匠権を得て販売されている正規品に関しては素材や製造方法など様々な部分にこだわっていますが、真似したメーカーの場合は品質が保たれているとは限りません。

せっかく購入してもすぐに壊れてしまうようであれば、「安物買いの銭失い」になってしまい本末転倒ですよね。

とくに通販の場合は現物を見て判断するということができないため、そのような粗悪品をつかんでしまう危険性が高いと言われています。

故障時のフォローに不安がある

ガラス故障

正規品であれば、家具家電が故障してしまった場合にもしっかりとした保証が付いてきます。

ジェネリック家具・家電の場合はそういった保証機能が安定していません。

企業ごとに、消費者側でしっかりと確認することが必要です。

ジェネリックインテリアを購入するときのポイントは?

先生ポイント

ジェネリック家具・家電のメリットとともにデメリットも確認できましたね。

それでは、どのような製品を選べばデメリットを被りにくいのでしょうか。

選ぶ際には、

  1. 「リプロダクト家具/リプロダクト家電」と明記されていること
  2. 販売店の所在地や連絡先が明確であること
  3. 返品や修理などに関する保証がしっかりしていること

この3点を考慮して選べば失敗が少ないでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

「ジェネリック医薬品」なら聞いたことはあったけれど、まさか家具や家電にもそういったシステムが普及し始めているなんて知らなかった!という人は多いのではないでしょうか?

ジェネリックインテリアは決して「模倣品」ではなく、むしろ偉大なデザインをもらって高品質な製品を作ろうという取り組みを模倣品と区別しようとして生まれた造語です。

生活水準を下げることなく、日常生活を豊かにしてくれるジェネリックインテリア。

ぜひチェックすることをオススメします。

Pick Up

Return Top