Beauty Charge

様々なスタイルから心と体に美しさをチャージ

大好きな彼氏と良い関係でいるための6つの秘訣

image

大好きなあの人付き合えた・・・そこはゴールではありません。

あなたの彼となったその人と今までよりも良い関係になるために、今付き合っている彼との関係をずっと続かせるために、今まで以上に良い関係なるためには一体どうしたら良いでしょうか。

今の関係を、これからも続けていき、さらに良くしていくということは大変で難しいことだと思うでしょう。

今も、付き合っている彼とぎくしゃくしてしまっていてどうしよう・・・という人や、どうしたらもっとお互いに愛し合えるのか分からない・・・という人など、恋人との関係で悩んでいる人は沢山いると思います。

しかし、あなたが考えている程難しいことではないのです。

そんなあなたに、大好きな彼氏と、より良い関係を築くための秘訣をお教えします。

男性が彼女に求めるものを理解すること

image

男性が彼女に求めるものは、もちろんその男性によって違うでしょうが、やはり「癒し」といえるでしょう。

自分の彼女には、やはり自分の心を癒してもらいたいのです。

普段仕事で肩肘張って頑張っている男性にとって、癒しは必要不可欠です。

しかし、プライドの高い男性が自分の彼女に弱みを見せて、「癒して?」と甘えることは若干なりとも抵抗があるでしょう。

もちろん癒しが必要なのは女性にも当てはまることではありますが、「女は守られる生き物」という概念が染み付いている私達にとって、男性に甘えることに対してあまり抵抗がありません。

そういう意味でも本当のところは、男性の方が癒しに飢えているのです

なので、男性は甘えるということを自分の中に押し込めてしまいます。

そんな相手の求めるものに気付き、応えてあげることが恋人というあなたの大事な役目なのではないでしょうか。

時には男性の話をただただじっくり何も言わず聞いてあげたり、時には「いつもご苦労様」と労ってあげたりと男性の心を癒すことをしてみてはいかがでしょうか

相手との距離感を大事にすること

image

恋人関係が長くなってくると、相手に干渉しがちになってしまいます。

「自分のもの」という意識が強く出てきてしまうからです。

しかし、相手は相手自身のものであって、あなたのものではないのです

やはり人間ですから、自己というものはあります。

確かに相手に「自分の全てを受け入れてもらいたい、常に自分のことを考えていて欲しい」などといった気持ちが出てくることは、自然なことです。

だからといって、その欲望を全て相手に押し付けてしまうのは筋違いです。

キチンと相手自身のことを尊重してあげましょう。

例えば、たまには相手が何かをしていて夢中になっていたりしたらそっとしておく、一緒に居るときに無言の時間があっても、その空気を受け入れて個々の時間を過ごすなど、そういった相手との距離感を適度に取るということはとても大切なことです。

「あなたはあなた、私は私」ということを忘れないことで、相手の全てが手に入らないからと悲観したりしてはいけないということを忘れずにいることです。

程よい距離感があるからこそ、相手にもっと近づきたいという気持ちが生まれてくるのでしょう。

相手が居ることの大切さを認識、理解すること

image

人間は、手に入ったものは忘れてしまうという傾向があります。
「自分のもの」になってしまうと安心してしまうのです。

しかし、相手が居ることの大切さを忘れてはいけません。
子供になってはいけません。

子供とは、「本当は1人じゃ生きられないくせに、1人で生きて自立している気になっている人のこと」です。

相手が居ることが当たり前になって、まるで自分1人の力でこの幸せを掴んだと勘違いしてしまう人は少なくありません。
そんな子供のような人間にはならない為にも、相手の存在に感謝することが大事なのです。

今の幸せは、あなたにとってのかけがえ無い人が居たからこそ、ある幸せなのです。

相手が自分と共に一緒に居てくれることに常に感謝して、そのことを当たり前だと思わずに相手を存在を大事にしましょう。

あなたは1人で生きているのではなく、恋人とという相手が居てこそのあなたです。

その当たり前ですが、忘れがちになってしまうことを自分の胸の中に大切に留めておきましょう。

譲れないポイントを決めて、伝え合うこと

image

人間ですから、自分にとって譲れないものは誰しも必ずあります。
もちろん恋人関係にあっても、譲れないポイントはあることでしょう。
いえ、恋人だからといって、何でもかんでも許してはいけないのです。

しかし、「譲れないポイントはこれ!」という欲求が多すぎると、関係にヒビが入ってしまいます

ですから、自分のなかで「これだけは譲れない」というものだけを決めて、相手に伝えましょう。

それと、譲れないポイントは相手に伝えることに意味があります

譲れないポイントが誰しもあることは分かっていても、そのポイントがどこにあるか分からなければ回避することも出来ないですよね。

逆に相手の譲れないポイントも知っておけば、そのポイントに注意して過ごせばトラブルを回避することも可能となります。

ですから、相手の譲れないポイントも必ず聞いておきましょう

恋人の他に没頭出来るものを持つこと

恋人が大切なのは当たり前ですが、あなたの中で恋人が居ないと生きていけないという状態になることは問題です。

もちろん、それ程に相手を愛しているということは良いことでしょう。

では何故問題であるかというと、自分の中で恋人が全てになってしまうと自分自身がブレブレになるからです。

例えば、恋人が居ないと何も出来なくなってしまう、連絡が無いと不安で仕方なくて勝手に自分の中にストレスを溜め込んでしまい相手に当たってしまう、といった悪循環が起きてしまうからです。

それに、そこまで相手も寄りかかられては、あなたの存在自体がかなりの負担となりあなたのことを疎ましく思うようにもなっていくことでしょう。

そうして余裕も無くし、相手の気持ちも考えられなくなってしまいます

そういった理由から、自分1人でも楽しめる趣味などを持つことが大事なのです。

自分の時間がある人は、余裕もあります。
自分を持っているあなたに、相手も安心をして自分を出せることでしょう。

女性として見てもらう努力を惜しまないこと

image

恋人と一緒に居る時間が長ければ長いほど、居心地の良さから気を抜いた姿で過ごすことが多くなっていきます。

そういった気を抜いた姿を見せることも大事なのですが、常にそのだらけた姿を見せていては、相手もあなたの女性としての魅力を感じることが出来なくなっていってしまいます。

あなたは、女性なのです。

だからといって、無理なダイエットや過度なオシャレをする必要はありませんが、女性としての最低限の身だしなみは気をつけるようにしましょう。

やはり男性は、いつだってあなたを女性として見ていたいのです。

中には、「そのままで良いよ」と言ってくれる人も居るかと思います。

ですが、あなたが綺麗で居る努力をしていてくれたら、やはり嬉しく思うものです。

「自分のために努力してくれている」という行為が嬉しいのです。

自分を磨く努力をすれば、その努力は楽なものではありませんが、自分にも自信がつきますし一石二鳥ではないでしょうか。

まとめ

以上の6つの秘訣を挙げましたが、いかがでしたか?

大切な彼と末長くより良い関係でいるための秘訣ですが、どの秘訣も誰にでも出来ることではないでしょうか。

いくら自分の中でだけ相手を大事にしたところで意味はありません。

「人の真意は、非言語の部分で伝わる」とも言いますが、相手も万能ではないのですからその気持ちを常に読み取ることは不可能です。

あなたもその関係のために努力することは必要なのです。

この6つの秘訣を意識して行動していけば、きっとあなたが望むような関係が続いていくことでしょう。

自分の幸せだけを考えていては誰しも幸せにはなれません。

人間は1人で生きていけはいけない生き物なのですから、相手の気持ちを思いやりお互いに支えあっていくことが大事なのです。

今恋人との関係でつまづいている人にも、この上記の6つの秘訣をしっかり理解して行動に移せば必ず良い方向に向かっていきますよ!

Pick Up

Return Top