Beauty Charge

様々なスタイルから心と体に美しさをチャージ

ステップを見直して髪質改善!最強のデイリーヘアケアはこれだ!(シャンプー編)

shutterstock_437756866

風になびくサラサラ美髪は、誰もが一度は憧れる美人の条件ですよね。

この記事では、テクニックを出し惜しみしたりしません!

誰もが最強の美髪を得られるヘアケアテクニックをみっちりとご紹介します。

今回は、シャンプー編です。

市販のシャンプーは髪によくない!?

shutterstock_448207696

ヘアサロンに行った後は髪の毛がとってもサラサラですよね。

でも、家に帰って自分でシャンプーしたり、何日か経つと、髪質が戻ってしまう……。

まずは普段の私たちのヘアケアアイテムが気になりますよね。

結論としては、「ヘアケアには極力お金を惜しまない!」ことが重要です。

ラウレス硫酸Naとラウリル硫酸Naは髪への刺激が強い!

シャンプーに含まれる成分は、90%以上が水と界面活性剤で構成されています。

界面活性剤というと良くないイメージがありますが、これは洗浄成分そのものですから界面活性剤自体が悪者なわけではありません。

界面活性剤にはいくつか種類があり、その種類によって問題が出てきてしまいます!

市販のシャンプーには、


  • ラウレス硫酸ナトリウム
    (ラウレス硫酸Na)
  • ラウリル硫酸ナトリウム
    (ラウリル硫酸Na)

の二種類の成分が含まれていることが多いです。

この二つは洗浄力が非常に良い代わりに、肌や髪表面が本来持つ油分を取り過ぎてしまい、地肌や髪への刺激が強くなってしまうのです。

アミノ酸系の界面活性剤が髪に優しい!でもどんなものがあるの?

image

上で述べたラウレス硫酸Naとラウリル硫酸Naは、刺激が強く避けるべき成分として有名ですよね。

では刺激が少ない成分はなんなのか?
どんなシャンプーを選べばいいのでしょうか。

ズバリ、髪への刺激が少ない界面活性剤はアミノ酸系の界面活性剤。

具体的には、


  • グルタミン酸系
  • リン酸系
  • イセチオン酸系
  • タウリン系
  • アラニン系
  • グリシン系
  • サルコシン系

の、大きく7種類に分けることができます。

例えば、ココイルグルタミン酸Na、ラウロイルグルタミン酸Naなどと言った表記がなされています。

平たく言えば、成分の中にアミノ酸の名前があれば、アミノ酸系の界面活性剤ではないか!?と考えてみて良いでしょう。

アミノ酸系シャンプーは高いのでは?

shutterstock_325899821

ここまで見てみて、アミノ酸系シャンプーに興味が湧いたけど…髪に優しい成分を使ったシャンプーは、サロン専売品だったり、市販品でも値段が高い!

そんな人にオススメなのがインターネット通販です。

Amazonのような大手通販サイトでも、有名サロン専売品の型落ち製品が手頃な値段で販売されています。

一度通販でサロン専売シャンプーを買ってみてください!
洗い上がりの違いにびっくりしますよ。

⇒アミノ酸シャンプー ハーブガーデン特別半額キャンペーン

シャンプー前にはブラッシングと予洗いを!

アミノ酸系の良いシャンプーを選んだら、今度はいよいよ洗い方です。

でも、その前の段階からもうヘアケアのチャンスは始まっているんですよ!

それはシャンプー前の「ブラッシング」「予洗い」です。

なぜブラッシングをするのか?

shutterstock_206609122

シャンプーをする前にはブラッシングを行って、その日で髪についてしまったホコリを取ったり髪の毛のもつれを直してあげることが大切です。

ブラッシングを行って髪のホコリを取ることで、洗浄効果が上がります。

また髪のもつれを治すことで、刺激が少ない代わりに泡立ちがそれほどでないアミノ酸系のシャンプーでも、少ない量で泡立ちが良くなってくれます。

また、ブラシで髪をとかすことによって、頭皮の血行を良くすることができます。

頭皮の血行が改善されることで、髪に栄養が行き渡りやすくなり、豊かな髪を作ってくれるのです。

シャンプー前以外にも、ブラッシングを適度な頻度で行うことは美髪のためにオススメです。

髪の毛の予洗いとは?

shutterstock_332770151

髪の予洗いを行う際は、ブラッシングを行った髪を丁寧にお湯で流していきます。

ヘアサロンでも、最初のすすぎは丁寧におこなってくれますよね。
でも、家では髪の毛を濡らす程度…という人も置いと思います。

この予洗いを1分以上、できれば2分以上行うことで髪の毛や頭皮の油脂以外の汚れはほとんど落とすことができるのです。

予洗いをしっかり行うことで、シャンプーの量を少なく済ませることができます。

シャンプーの量は少ない方がいい!?

shutterstock_386740894

ここまで、使うシャンプーの量を少なく済ませられる点を強調してきましたよね。

実はこれ、髪にいいんです。

シャンプーの量が多いからといって、髪の毛の洗浄効果が上がるわけではないんです。

せいぜい泡立ちが多少よくなるくらい。

むしろ、すすぎを丁寧に行わないと洗いカスが頭皮の毛穴をふさいでしまって髪の毛の健全な成長に悪影響を及ぼしてしまいます。

普段でも3プッシュ以上使う方は要注意!

ショートヘアなら1プッシュ、ミディアムヘアなら2プッシュで十分です。

シャンプーは頭皮マッサージと思おう!

shutterstock_192633185

ヘアサロンでやってくれる軽いヘッドマッサージ、すごく気持ちいいですよね。

あれ、リラックス目的だけではなくきちんと意味があるんです。

頭皮を健康に保つことができれば頭皮のみならず髪までも美しく保つことが可能になります。

頭皮を傷つけないためにも、シャンプーを泡立てて洗っている時は頭皮マッサージと思って指圧しながら洗っていきましょう。

この時、爪を立てて頭皮を傷つけてしまわないように注意しましょう!

頭皮マッサージについては、こちらの動画を参考にしてみてくださいね!

まとめ

いかがでしたか?

シャンプーをする前の段階だけでこんなにチェックするべきことや、やるべきことがあるんです。

毎日できるようなことばかりですよね!

デイリーヘアケアにこれらのテクニックを取り入れてみてください。

また、後編のトリートメント・ブロー編も是非ご覧になってくださいね♪

Pick Up

Return Top