Beauty Charge

様々なスタイルから心と体に美しさをチャージ

忘年会&新年会シーズンに備える!翌朝のひどい二日酔いの予防方法と対策とは?

飲み会ビール

そろそろ忘年会や新年会など、飲み会シーズンが到来します!

楽しい飲み会、美味しいお酒とお料理、他愛もない会話・・・。

考えるだけでワクワクします。

しかし、そんな楽しい飲み会の翌朝にやってくる、憎きあいつ「二日酔い」

「なんであんなに飲み過ぎたんだバカヤロー!」

と、前日の自分を恨みながらも、悶える二日酔い。

あれさえなければどんなに幸せなことかと思いませんか?

そこで、元ホステス、現役バリバリお酒好きな私がやっている、「地獄の二日酔い対策」をお教えします!

二日酔いの原因とは?

二日酔い

そもそも、あの二日酔いの苦しさの原因は、

  • 脱水症状が起きている
  • 低血糖状態になっている
  • 胃が弱っている
  • エタノールが分解しきれない
  • アルコール分解後に出るアセトアルデヒドが分解しきれていない

などがあげられます。

二日酔いの症状は、どんな症状が原因して発症しているかによって、感じ方や不調の出る部分が違ってくるのです。

飲酒前と飲酒中に試しておきたい二日酔い対策

つらい二日酔いになりたくない!

そんなときの対策方法を紹介していきます。

二日酔い予防のドリンクやサプリメントを飲む!

薬局やコンビニなどで販売されている二日酔い防止のドリンクやサプリメントを利用しましょう。

これらのドリンクやサプリメントには、

  • 肝機能をサポート
  • アルコールの分解をサポート
  • アセトアルデヒドの分解をサポート

などの効果が期待できます。

含まれている成分によって効果が違いますので、何をサポートしてくれるのかしっかりとチェックしてください。

ちなみに私は、ホステス時代、毎日お酒を飲まなければいけなかったので、「しじみ習慣」というサプリメントを愛用していました。

空腹時にお酒を飲まないこと!

空腹時にアルコールを摂取すると、アルコールの吸収が速くなり、血中アルコール濃度のピークも早くなってしまいます。

そのため二日酔いの原因となる低血糖症を引き起こすのです。

積極的に食べたい食材については後述しますので参考にしてみてください。

緑茶に含まれるカテキンで二日酔い予防!

緑茶

緑茶などに含まれるカテキンは、

  • 肝臓に溜まった脂肪を防ぐ
  • 肝臓の代謝を促進させる

効果があるという研究が行われています。
(参考:http://www.taiyokagaku.com/

そのため、カテキンは二日酔い予防としても効果が期待できるのです。

ただし、緑茶には利尿作用もあるので、たくさん飲んでしまうと、脱水症状を起こしやすくなります。

飲酒前に緑茶を飲んでおき、ペットボトル1本分のお水で水分を補給しておきましょう。

お酒を1杯飲んだら、お水を1杯飲む!

水

二日酔いの原因として最も多い「脱水症状」を予防するために、

「お酒を1杯飲んだら、お水を1杯飲む」

を心がけ、積極的に水分補給を行いましょう。

飲酒によって失われた水分を補給できるだけでなく、飲み過ぎの対策にもなります。

お酒はゆっくり飲む!

飲み会

生命の危険があることから禁止されている「一気飲み」。

これは、一気だからダメというわけではなく、早いペースで飲酒すると血中アルコール濃度が急激に上昇し、急性アルコール中毒となるためです。

そのため、飲酒ペースが高い人は要注意!

ゆっくり料理やおつまみを食べながら、お酒を飲みましょう。

飲酒中に食べておきたい食品

それでは、飲酒中に食べておきたい二日酔いになりにくい食材について紹介していきます!

低血糖を防止

ご飯

  • 麺類
  • いも類

などの、炭水化物が含まれている食材。

肝臓の機能をサポート

落花生

  • ナッツ
  • 大豆

などの「たんぱく質」が含まれている食材。

アンモニアの解毒や肝臓機能の保護

しじみ

  • しじみ
  • アサリ

などの魚介類などの「オルニチン」が含まれている食材。

肝臓の代謝を助ける

海藻

  • 海藻
  • 小麦粉
  • 大豆

などの、「グルタミン酸」が含まれている食材。

胆汁酸の分泌を促進させる

たこ

  • あさり
  • イカ
  • タコ

などの、「タウリン」が含まれている食材。

飲まされる場合の避難方法!

飲み会 (2)

地獄の二日酔いを予防するのに、一番手っ取り早い予防策が「飲み過ぎないこと」

しかし、やたら飲酒を進めてくる先輩や上司との飲み会の席では、そうはいかないこともありますよね。

そのような場合の回避方法を伝授します!

店員さんに協力してもらう

そんな人に試めして欲しいのが「店員さんにコッソリ協力してもらう」ということです。

店員さんに協力を得て、焼酎の水割りやお茶割りを頼むふりをして、お水やお茶を持ってきてもらうのです。

トイレで席を立ったときとか、注文するときなど、タイミングを見計らってお願いしましょう。

ちなみにスナックやラウンジなら、お姉さんにコッソリお願いしておけば、うまくお酒を作るふりをしてくれます。

私もホステス時代、お客様とのアフター(お店が終わってからまた飲みにいくこと)のとき、色々な居酒屋などの店でお願いしました。

今のところ、断られたことはありません。

ビールの代わりを考える!

どうしてもビールを飲め!と言われるならば、コッソリ「ホッピー」を出してもらうか、レッドアイやシャンディーガフなど、ビールカクテルでアルコールの摂取量を抑えましょう。

二日酔いになってしまったあとの対策

バンザイ (3)

それでも二日酔いになってしまった場合の対処方法について紹介していきます。

しっかり睡眠を取り、臓器を休ませる

しっかり睡眠を摂ることで、疲れた肝臓や臓器が回復して、アルコールを分解してくれます。

水分補給をする

脱水症状を改善するためにも、アルコールの分解を促進させるためにも水分補給をしましょう。

糖分を摂取する

低血糖状態を回復させるために、糖分を摂取しましょう。

また、飲酒でビタミンが欠乏しているので、血糖値がすぐに上昇する果糖とビタミンの豊富なフルーツがオススメです。

二日酔いになった場合の注意点

注意 (2)

汗をかくことで、二日酔いの原因となる体内に溜まったアセトアルデヒドの分解を促進することができます。

しかし、脱水症状をともなっている場合もありますので、激しい二日酔いの場合は、長風呂や長時間のサウナは避けましょう。

まとめ

ついつい飲み過ぎてしまう飲み会の席、翌日に苦しむことになるのは、紛れもなくアナタ自身です。

一時的な二日酔いだけならまだしも、体や脳には大きなダメージが加わっています。

大きな病気を患わないためにも、そして飲み会の翌朝をスッキリと迎えるためにも、飲み過ぎに注意しながら、この方法を試してみてくださいね。

Pick Up

Return Top