Beauty Charge

様々なスタイルから心と体に美しさをチャージ

カチカチかかとはかわいくない!正しいかかとの角質ケアのポイントとケアグッズの正しい使い方!

かかと足

夏は生足で過ごしていても、秋から冬にかけてはソックスやタイツに切り替えますよね。

でもその時気になるのが、かかとのガサガサ

気になって軽石で擦ったら、ささくれ立ってタイツやストッキングに引っかかって困ったという経験、ないですか?

おうちデートや旅行で生足になった時に、ドン引きされないためにも正しいケアをして、つるつるかかとをキープしましょう。

「カチカチかかと」はなぜできる?

このかかとのカチカチは、古くなった角質が原因。

気が付いた時には、角質がぶ厚くなってケアしてもなかなか改善しないので、早めにケアすることが大切です!

夏のかかとケア不足と乾燥

夏足

かかとが硬くなるのは、乾燥が気になりだす秋から冬という方、多いですよね。

それは夏の間にきちんとかかとケアできていないことが原因です。

夏はかかとにローションやクリームを塗るとベタつくし、塗る意味をあまり感じないものです。

でも、素足のままでいたかかとは、床や靴の摩擦で乾燥が進んでいます。

秋になって空気が乾燥しはじめると、カチカチかかとの厚みも増してきて黒ずみができてしまうことも。

血行不良

かかと

かかとは体の末端なので冷えやすく、血行が悪くなりやすい場所なんです。

夏はエアコンのきいた室内にいることが多く、体の末端の冷えや乾燥をしやすいです。

冷えることで血液に乗ってくる栄養がかかとまで行き届かず、ターンオーバーがスムーズにできないことで、古い角質がどんどんたまってしまいます。

かかとの角質ケアが間違っている

かかとケア

「カチカチかかとは、削ればいいんでしょ!」

と、安易にかかとケアグッズでかかとをゴリゴリ削る‥‥‥。

コレ、要注意です!

削るケア方法としては、軽石やかかとのやすりブラシがたくさん販売されていますが、こうしたグッズは「角質を削りすぎてしまう」ことが多いです。

削り過ぎにより、かかとの表面はささくれ立つのでザラザラした感触に。

タイツやパンストを穿く時に引っかかりやすいし、彼氏とのお泊りデートでかかとのざらつきにビックリされてしまう恐れも。

かかとの角質ケアのポイント

足裏ケア

かかとの角質ケアは、重症化する前にケアをはじめることが大切です。

厚くなってしまった角質はかなり手ごわいので、遅くても夏の終わりごろからかかとを気にしてあげましょう。

角質ケアは少しずつする

厚くなってしまったかかとを、1回のケアでつるつるにするのはかなり難しいです。

削ってもザラザラするので、つい削りすぎて肌を傷つけてしまうこともあるので、一度ではなく数回にわけてケアしましょう。

角質ケア中は靴にも注意

角質が厚くなる原因のひとつに、靴による刺激があります。

とくにサイズの合わない靴を履いていると、足裏で力んでしまいかかとに負担がかかってしまうのです。

ケア後は保湿する

かかとケアをしたあとは、クリームなどで保湿します。

上にも書いた通り、かかとは乾燥しやすい場所なので潤いをプラスしてあげましょう。

ソックスをはく

肌当たりのよいソックスをはくことで、乾燥や冷えからかかとを守ります。

また、歩く時の衝撃を緩和する働きもあり、外からうけるあらゆる刺激を防ぐ効果があります。

おうちに帰ったら素足になるのは解放感があっていいですよね。

そういう時は、ゆったり目のソックスにはき替えるといいでしょう。

かかとケアは、かかとの状況に合った方法をチョイス!

足

かかとケアは大きく分けて3つの方法があります。

自分のかかとの状況に合ったケアでつるつるかかとを目指しましょう。

早くつるつるになりたい!角質が厚い場合

 

軽石やかかと用のやすりブラシを使う方法です。

角質をその場で取り除けるので、早くつるつるになりたい人や角質が厚い人に向いています。

ただ、どこまで削ったらいいかわかりにくく、削りすぎてしまうのが難点。

正しいケアのコツ

  1. 水分でかかとを柔らかくしてから、かかとの水気をふき取ります。
  2. やさしく「一方方向」に10回程度こすります。
  3. 最後にクリームを塗り、ソックスをはきます。

肌が弱い、定期的なお手入れができる場合

かかとケア用のスクラブやクリームなどがあります。

かかとに塗ってマッサージするだけなので、時間もかかりません。

スクラブやクリームの正しい使い方

  1. 足が渇いた状態で使います。
  2. かかとに塗り、よくマッサージしたあとに洗い流します。
  3. あとはクリームなどで保湿し、ソックスをはきます。

足裏全体をキレイにしたい場合

足裏全体をジェルなどのパックにつける方法もあります。

数日後に、足裏の角質全体がむけてつるつるになりますよ。

かかとパックの正しい使い方

  1. 使う時は、お風呂のあとがオススメ
    (足裏がふやけて薬剤の浸透がスムーズになるので)
  2. 指定時間がきたら洗い流します。
  3. 角質がむけるのは早くても2日後くらいから。

予定があるなら、早めにケアした方がいいです。

かかとパックの注意点

  • パッチテストを必ずしてください。
  • 強めの薬剤が入っているので、肌が弱い人には向きません

まとめ

かかとがカチカチになってしまったら、すぐつるつるにするのはまずムリ。

日ごろからかかとがかたくならないように、乾燥と刺激をしないように気を付けてあげましょう。

そうすれば、いつ素足になっても恥ずかしくないかかとでいられます♪

Pick Up

Return Top