Beauty Charge

様々なスタイルから心と体に美しさをチャージ

スキンケアには欠かせない効果満載!馬油の特徴7つと効果的な使い方5つ!

shutterstock_345624671

よくドラッグストアで見かける「馬油」

おばあちゃんのおうちで昔見かけた方、ドラッグストアで見かけていても手に取ったことがない方など、名前や存在を知っていても、使ったことがない方は結構多いのではないでしょうか。

今回はそんな「馬油」の知られざる効果をご紹介。

実は、あなたの健康だけでなく、美しさもグッと上げてくれる素敵なアイテムなんですよ!

馬油とは?

shutterstock_97623974

馬油は、その名が示すとおり馬の脂が原料のオイル

馬の脂から不純物を取り除き、瓶詰めされたものが、現在私たちがドラッグストアで見かける馬油です。

馬油の特徴7つ!

そんな、馬から生まれた馬油。

馬油は、私達にどんな効果をもたらしてくれるのでしょうか?

ヒトの皮膚と相性抜群!

shutterstock_432869374

馬油は、私たちの皮膚の皮脂と最も近い、自然由来の脂だと言われています。

馬油に含まれる「馬セラミド」という物質が、私たちの肌の角質層まで届き、お肌を潤し、健康的な肌へと導いてくれるのです。

すばらしい浸透力

shutterstock_305880317

馬油は、白に近い黄色のような色で、肌にのせてみるとクリームとオイルの中間のような肌触りです。市販のクリームや化粧水とは全く異なる質感です。

ですが、この馬油はこっくりとした質感ながら、肌に塗るとあっという間にするすると伸びます。
これは、馬油がヒトの皮脂に最も近いため起こる現象。

塗った瞬間にお肌内部に浸透していきます。

お肌に保湿オイルやクリームを塗った時に感じられるベタベタ感が気になる方は、ぜひ一度使ってみてくださいね。

さらさらとした使い心地にびっくりするはずです。

抗酸化・殺菌作用も

shutterstock_121190608

馬油には、肌に塗った瞬間に油膜が広げ、肌と外部(空気や雑菌など)の接触を遮断させる能力が秘められています。
油膜を張りながら、お肌の内部に浸透し、肌の内部に入り込んだ細菌を退治してくれます。

また、この能力により、皮膚内部の空気を追い出すこともできるため、お肌の酸化を食い止められるのです。

馬油を塗るだけで、皮膚を清潔に保ててアンチエイジング対策も叶う、ということですね。

皮膚上の不要な熱を取り除き、炎症をストップさせる

shutterstock_294673511

昔々、馬油は怪我ややけどに効く「薬」として重宝されてきました。

これは、先ほどご紹介した「殺菌作用」「浸透力」と深く関係しています。

殺菌・浸透能力を生かしてお肌に現れてしまった炎症を治癒することができるんです。

保湿・保温効果

shutterstock_142922656

馬油はお肌にのせた瞬間、すぐにするすると広がります。
油膜を張りながら広がるため、お肌の温度を一定に保ちやすいのです。

また、保温効果により血液の循環も盛んになるため、お肌の血色もよくなりますよ。

馬油は食べられる!

shutterstock_247237882

馬は「さくら肉」としても重宝されていますね。

そんな馬から採取された100%ナチュラルなオイルなので、口に入れても大丈夫!
小さなお子様がいる家庭でも、置き場所に困らないので安心ですね。

基本的には無臭。香り付きも

shutterstock_435747925

「馬油ってもしかしたら獣くさいんじゃないの?」と疑われる方もいらっしゃるかもしれませんね。

馬油は基本的には無臭ですが、開封後に常温で保存するにはあまり向いていません。

特に夏場などは常温で保管しておくと獣臭さが出てきたとおっしゃる方もいらっしゃるので、とりあえず冷蔵庫保管しておきましょう。

馬油の中にはバニラやヒノキなど、天然香料で香り付けされたものもあります。
香りで癒されたい方はぜひお探しくださいね♪

馬油・おすすめの使い方5つ!

shutterstock_326787821

特徴がわかったところで、ここからはあなたのお肌がよりイキイキする、馬油の効果的な使い方をご紹介します。

どれも簡単なので、馬油があればすぐにトライできますよ。

お風呂上がりのお顔の保湿ケアに

shutterstock_86782267

お風呂上がりって何かと乾燥しちゃいますよね。

私はお風呂上がりに顔の皮膚がカピカピに乾燥してしまうタイプで、冬だけでなく夏の間も保湿クリームが欠かせないほどでした。

ですが、お風呂上がりにほんの少しの馬油を顔に伸ばすだけで、クリームを使わなくても保湿ケアができるように。簡単ですよ!


CHECK!お風呂上がりのお顔の保湿ケア手順
①お風呂上がり、馬油を両手のひらに伸ばします。

②そのままお顔全体に伸ばします。

③化粧水をパッティングして完了!


いつもの化粧水をパッティングする前に1ステップ追加するだけで、ふっくらもちもちのお肌になりますよ。

保温効果もありますので、化粧水をパッティングする前にお顔をマッサージするとより血行も良くなります。

いいことずくめです♪

ボディオイル・マッサージオイルの代用として

shutterstock_394494271

ボディオイルやマッサージオイルとしてももちろん使えます。
潤いがほしい場所やマッサージしたい場所に塗ってください。

血行が促進され、お肌もしっとり。

肌なじみがよく、すぐにサラサラとしたテクスチャーに変わるため、マッサージ後に服を着ても全然ベタベタしません。

ハンドケアに

shutterstock_357834536

私はほぼ毎日家で仕事をしています。
ほぼ毎日家にいるということは、炊事洗濯も毎日仕事と並行して行っています。

炊事洗濯の時に気になってしまうのが、「手荒れ」
洗剤を直に触ると手も荒れてしまいますよね…。

その手荒れの対処として、定期的に馬油を手や爪に塗って手荒れの予防をしています。

料理や食器洗いの前に手や爪になじませておきましょう。

まんべんなく手と爪になじませておくと、手荒れのリスクを減らすことができますよ。
おかげで、あかぎれや爪の割れをかなり減らすことができました。

頭皮の乾燥対策にも!頭皮マッサージ

shutterstock_379636288

ボディやお顔の皮膚だけでなく、頭皮にも使ってみましょう!

これからの季節、頭皮の乾燥が気になる方もいらっしゃるはず。

そんなあなたにおすすめしたいのが馬油を使った頭皮マッサージ。


CHECK!馬油頭皮マッサージの手順
①シャンプー前に、馬油を少量指先になじませて頭皮を揉みこみます。

②揉みこんだ後は20〜30分ほどそのまま放置し、シャワーで洗い流します。

③通常通りシャンプー・コンディショナーをして完了。


シャンプー後、頭皮がしっとりしているのがわかるはずです。

馬油で頭皮をしっとりさせることにより、乾燥からくるかゆみやフケも予防できますよ。

タオルドライ後のトリートメントとして

shutterstock_341153561

洗髪後にタオルドライし、ヘアオイルやトリートメントをつける方は多いと思います。

ヘアオイルやトリートメントを切らしてしまった時の代替品として馬油を使ってみましょう。
髪の毛がツヤツヤになりますよ♪

馬油のまとめ

shutterstock_146342552

知られざる、馬油の効能や使い方をご紹介しました。

私はこれまで基礎化粧品やヘアケア商品は有名ブランド品をよく使っていましたが、馬油の効能を知り、馬油を使用するようになってからは基礎化粧品やヘアケアにほとんどお金がかからなくなりました。

美容にかかるお金を節約したい方にも馬油をオススメします♪

1本あたりのお値段もそこまで高くないので、興味を持った方はぜひ1度手にとってその効果を実感してみてくださいね。


参考
http://www.neo-natural.com/
https://www.yakushido.com/

Pick Up

Return Top