Beauty Charge

様々なスタイルから心と体に美しさをチャージ

目指せほっそり健康美人!低体温症が引きこす悪影響と体温を1℃上げる方法!

美人

冷え性の人にとって最も辛い寒い季節、秋冬。

手足が冷えて寝付けなかったり、風邪を引きやすかったりと、冷えやすい体質は何かと苦労が付き物ですよね。

近頃若い女性の間でも増えている、「低体温症」が引き起こす様々な悪影響に触れながら、体温を1℃上げて健康的にキレイになれる美容法を今回はお教えします。

体温が低いとどんな悪影響があるの?

体温計

平熱が35℃台で、いつも手足や体が冷えきっているという人は少なくありません。

そういった36℃を下回る平熱の人は、一般的に「低体温症」と呼ばれています。

体温が低い事で、いったい私たちの体にどんな悪影響が起こるのでしょうか?

以下のリストが、その代表的な例になります。

  • 風邪を引きやすくなる
  • 病気にかかりやすくなる
  • 免疫力が落ちる
  • 新陳代謝が悪くなる
  • 便秘になる
  • 肌のターンオーバーが乱れ、乾燥肌になる
  • 吹き出物やニキビが出来る
  • 痩せづらい身体になる
  • 常に体がだるくなる
  • 疲れやすくなる
  • 冷え性になる
  • むくみやすくなる
  • 夜眠れなくなる
  • 不妊症になる
  • 自律神経失調症になる
    (ストレスを感じやすくなる)

このように、数えればきりがないほど、体温が低い事は多くの悪い影響を誘発しているのです。

中でも最も注目したいのは、上から3番目の「免疫力が落ちる」ことです。

それによりどのような変化が体に起こるのかは、後ほど詳しく解説します。

低体温症はどうしてかかってしまうの?

この低体温症は現代病と言われており、成人のみならず、小さな子供でも抱えているケースが多く、今とても問題視されてます。

中には、平熱が34℃台と、理想の体温から3℃近くも低い重度の低体温症を抱えている人まで居るほどです。

では、なぜ低体温症にかかってしまうのでしょうか?

低体温症の原因

砂糖ケーキ

低体温症の原因は、現代ならではの食生活や、普段の生活習慣にあります。

考えられる原因は、以下の通りです。

  • 糖分の摂り過ぎ
  • 冷たいもの食べ過ぎ
    (ジュースやアイスなど)
  • 冷暖房の効いた部屋で常に過ごしている
  • 厚着のし過ぎ
  • 過度な食事制限のダイエット
  • 精神的ストレス
  • 不規則な生活
  • 運動不足
  • スマホやパソコンの使い過ぎ

etc…

あなたも何か1つでも思いたる項目はありませんか?

低体温が引き起こす怖い病気

風邪

低体温である事で、平熱が通常の36℃後半から37℃台の人に比べて、どのような病気のリスクが上がるのでしょうか?

軽度のものから挙げれば、

  • 風邪
  • インフルエンザ

などを始めとした様々な感染症や、

  • 慢性的なアレルギー
  • 膠原(こうげん)病

最悪のケースは、低体温である事で、ガンのリスクが上がりやすくなってしまいます。

ガン細胞は低体温を好み、35℃の環境で急激に増殖します。

反対に、39.3℃の高温でガン細胞は死滅すると言われています。

体温が1℃下がると、老化を防いだり、消化を助け、毒素を解毒したりする、生命維持にとって欠かせない役割を担う体内酵素の働きが、なんと半分の50%も低下するのだそうです。

よって、低体温であるという事は、ガン細胞を始めとした様々な病気の原因となるウイルスの好環境を作っているという事になり、免疫力が非常に低い状態であると言えます。

体温が1℃上がるだけで体に起こる嬉しい変化

ダイエット体重計

では、体温を1℃上げる事が出来れば、どんな嬉しい変化が体に起こるのでしょうか?

体温が1℃上がると、免疫力が37%アップし、基礎代謝は12%もアップすると言われています。

免疫力や基礎代謝が上がることで、

  • 風邪などの病気にかかりづらくなる
  • 脂肪が燃えやすい体になる
  • ダイエットの効果が得られやすくなる
  • 肌にツヤが生まれる

など、多くの効果が期待できます。

先にもお伝えしたように、体温と体内酵素は深く関係していますので、体温が上がれば酵素の働きがアップし、細胞の老化を防ぐ事が出来るため、アンチエイジングにも繋がります。

どうしたら体温は上げられるの?

子供睡眠

体温を上げる方法には、食事を変える事運動で代謝を上げる事の2つの方法が最も効果的です。

それ以外にも日常から出来る体温を上げるコツには、以下のような物があります。

  • 体を冷やす飲み物や食べ物を穫り過ぎない
  • 十分な睡眠を取る
  • 体を締め付ける服を着ない
  • 寒いからと言って厚着しすぎない
  • マッサージをする

体温を上げる事は、すなわち血流を良くする事を意味しますので、温かい飲み物や食べ物で体の芯から温めてあげる事が大事です。

また、体を締め付ける服や下着は血液の流れを阻害しますので、なるべく避けるのがベターでしょう。

このように、血流と言うキーワードが、体温を上げるのに非常に重要になってきます。

血液の流れをよくする方法

血液を作り出し、全身に送る心臓は、ポンプなような役割をしています。

しかし、この心臓だけでは、手足の指先といった、体の末端までは十分に血液が行き渡りません。

そこでオススメなのが、温浴法+ふくらはぎマッサージです。

シャワーばかりであまり湯船につからないという人は、ぜひお風呂の中で体を温めながら、ふくらはぎを揉んでみて下さい。

「血液を押し上げる第二の心臓」と呼ばれているふくらはぎは、揉み解してあげる事で滞った血の流れを良くし、全身に栄養を行き渡らせてくれます。

CHECK!ふくらはぎマッサージについてのオススメの著書

ふくらはぎは第二の心臓!
1日5分もむだけで高血圧、糖尿病、足・腰の痛みを遠ざける最強の健康法!

Amazonページ

他にも、自宅で出来るのはストレッチやヨガ、スクワットなど、軽い運動も体温上昇に効果があります。

体温上昇に効果のある食材

きざみしょうが

体温の低い人は共通して運動が苦手な傾向にあります。それならば、食べて体温を上げる方法を試してみてはいかがでしょうか。

だれでも簡単に始められる、体温上昇に一役買ってくれる食材を少しご紹介しましょう。

  • ショウガ
  • 唐辛子
  • ニンニク
  • ニラ
  • 大根、かぶ、ゴボウ等の根菜類
  • かぼちゃ、にんじん、赤パプリカ等の緑黄色野菜

ショウガの絶大な体温上昇パワーは、低体温の人にはぜひとも試してもらいたい最もオススメの食材です。

食べた瞬間からそのポカポカ効果を実感出来るショウガは、鍋料理やホットレモンに入れたりと様々な使い方ができるので、自分に合った食べ方で普段から取り入れることができます。

関連記事

他にも、朝起きた時に少しぬるめの白湯を飲んだり、サラダの代わりに火を通した温野菜を食べたりするのも、体温上昇の手助けをしてくれます。

関連記事

避けたい体温を下げる食べ物

ジャンクフード

出来るだけ、体温を下げてしまうお砂糖や食品添加物の摂取は避けましょう。

体温を上げる為にも、

  • お菓子
  • ジャンクフード
  • コンビニ弁当

などの加工食品はなるべく食べないように心がけたいですね。

関連記事

まとめ

体温が1℃上昇する事で得られるメリットと、その方法についてご紹介してきました。
いかがでしたでしょうか?

自覚は無くても、隠れ冷え性になっている人も実は多く、それが原因で乾燥肌に悩まされている人もいますので、コレを機に、ぜひ体温について考えてみて下さい。

体温が上がれば、風邪などの病気に負けない強くて、美しい肌・体を手に入れられますよ♪

Pick Up

Return Top