Beauty Charge

様々なスタイルから心と体に美しさをチャージ

相性バツグン!「キムチ+納豆」はダイエット効果3倍以上?

shutterstock_188844029

ラクに痩せたい!!食べながら痩せたい!!という願望、あなたはありませんか?

そんな方ににオススメの食材が「キムチ」です。

韓国の女性がスタイルがとてもいいのは、キムチを食べているからという説もありますよね。

そんなキムチにプラスするとさらにダイエット効果のある食材があるんです。それが「納豆」です。

今回はそんなダイエット効果の高い「キムチ」+「納豆」の組合せについて紹介していきます。

キムチのダイエット効果って?

ではまず、「キムチ」は、どんなダイエット効果があるのか見ていきましょう。

カプサイシンで脂肪が燃える!

shutterstock_223001230 (1)

キムチに使われる唐辛子には、カプサイシンという成分が含まれています。

カプサイシンは、交感神経を刺激し、アドレナリンを増やす働きがあり、血行促進や発汗を促すため、脂肪を分解する効果が期待できます。

植物性乳酸菌で便秘もスッキリ

shutterstock_121147687

お腹まわりのお肉が気になる人は、便秘の人も多いものです。便秘になればむくみやすくなるので、太って見えてしまいやすいですね。

便秘予防にいいとされるのが、乳酸菌です。

キムチには、「植物性の乳酸菌」がたっぷり含まれています。

乳酸菌といえばヨーグルトを思い浮かべますが、ヨーグルトの乳酸菌は動物性のものがほとんど。

これに対し、キムチに含まれている植物性乳酸菌は胃酸などに強く、生きたまま腸までしっかり届きます。

もちろん動物性乳酸菌も胃液に強いタイプもありますが、植物性の方が日本人の体質に合い、負担も少ないので効果を発揮しやすいです。

乳製品でお腹を壊しやすい人も、キムチなら体にやさしい植物性乳酸菌がたっぷり入っているのでオススメです♪

納豆のダイエット効果とは?

shutterstock_270392420

それでは、「納豆」にはどんなダイエット効果があるのでしょうか?

ナットウキナーゼがダイエットのポイント

納豆には、ナットウキナーゼという納豆にしか含まれていない酵素が含まれています。

そのナットウキナーゼがとても優れた様々なダイエット効果を発揮してくれるのです!

新陳代謝がアップ!

「ナットウキナーゼ」は、血栓を溶かし血液サラサラ効果があると言われています。

血栓って、ダイエットと関係ないのでは?と思うかもしれませんが、血液がドロドロになってしまうと、新陳代謝が悪化してしまいます。

新陳代謝は、体の各器官をきちんと働かせることでエネルギーを消費していきます。新陳代謝が悪化すれば、痩せにくい体になってしまうのです。

そのため、ナットウキナーゼが含まれる納豆を食べることで、新陳代謝がアップし、ダイエット効果に繋がるのです。

腸内環境をよくして便秘予防

ナットウキナーゼには、整腸作用のある善玉菌を増やす働きがあります。善玉菌が増えれば、悪玉菌が減り腸内環境のアップにつながります。便秘を予防してウエストまわりもスッキリ!

ナットウキナーゼがビタミンB類を増やす

納豆は発酵する過程でビタミンB類がつくられます。

ビタミンB類は、糖質や脂肪をエネルギーに変えて代謝する効果があります。つまり、ビタミンB類が豊富なら、脂肪がたまりにくい体づくりが可能です。

納豆にも食物繊維がたっぷり!

便秘予防になる食物繊維は、納豆にも豊富に含まれています。

食物繊維が便秘予防になるだけでなく、余分な脂肪をからめ取って便と一緒に排出することでスッキリボディーに。

サポニンで脂肪と糖分をカット!

納豆に含まれる「サポニン」は、体内でブドウ糖と脂肪が結合するのを防ぐ働きがあります。もしブドウ糖と脂肪が結合してしまうと、どんどん脂肪として体内に溜まり、肥満につながってしまうのです。

また、悪玉コレステロール値を下げて、血液をサラサラになることから新陳代謝をアップさせる効果も。

「キムチ」+「納豆」でより痩せやすくなる?

shutterstock_102366550

キムチと納豆を合わせることで乳酸菌が増え、栄養を補充しあえるというメリットも!

キムチの乳酸菌は、納豆に含まれる納豆菌をエサにすることで増やすことができます。

乳酸菌は、キムチと納豆を混ぜて1時間後には3倍、一晩置くと10倍にもなるのだとか。

キムチに含まれる乳酸菌には、胃酸にも強い植物性乳酸菌。腸までしっかり届くことで、腸内環境がアップして、便秘の改善にもつながります。

キムチ+納豆の効果的な食べ方!

shutterstock_213452884

キムチと納豆を用意するだけなので、このダイエットはとてもカンタン♪

でも、ダイエット効果を高めるためには、ちょっとしたコツがあります。

キムチと納豆はどれくらいの比率がベスト?

1日に食べる量の目安は、

  • キムチ 大さじ2~3
  • 納豆1パック

キムチは刻んで小さめにした方がよく混ざり食べやすくなります。

すぐ食べない!最低10分は置こう

混ぜたらすぐ食べたくなりますが、乳酸菌を増やすために常温で1晩置くのがベストです。

時間がない時は、混ぜて10分くらい待ちましょう。

夜食べるのがオススメ!

納豆もキムチも、美味しいけれど匂いがあるのが難点ですよね。 なので、日中よりも夜に食べると匂いを気にしなくてすみます。

でも実は、夜食べるメリットはそれだけじゃないのです。

夜食べるといいワケは、納豆に含まれるアルギニンが「成長ホルモン」の分泌を活発にしてくれます。

成長ホルモンは、脂肪を分解したり燃やす効果があります。

また、ナットウキナーゼは食べてから10時間から12時間も効果が持続すると言われています。

新陳代謝を悪くする血栓ができやすいのが、夜寝ている時間です。 血栓をできにくくすることで新陳代謝を活発にすることができます。

飽きたらアレンジしてみよう

納豆やキムチの匂いが苦手な人は、ゴマ油を小さじ1弱くらいプラスしてみて。ぐっと食べやすくなるはず!

他に、冷ややっこに乗せたり、ささみやイカをプラスしても美味しく食べられます。

意外とアレンジが効くので、好きな食材と合わせてみるといいかも!

まとめ

安くて美味しい食材であるキムチ+納豆。

私もよく2つを混ぜて食べるんですが、キムチがまろやかになってなかなか美味しく、お通じもよくなるのでお気に入りです♪

健康的にラクに痩せたい!という人は、一度チャレンジしてみてくださいね!

Pick Up

Return Top