Beauty Charge

様々なスタイルから心と体に美しさをチャージ

Wのパワーで健康に!今すぐ作れる「レモンオイル」の美容効果・作り方・活用方法!

shutterstock_128038169

次なるトレンド調味料として話題の「レモンオイル」。

美容と健康にWのパワーを発揮するというとっても嬉しい情報をキャッチしました!さらには、調味料としてだけでなくマッサージオイルとしても使えるとか!

自宅で作れる簡単レシピとその活用法をご紹介します。

「レモンオイル」とは

shutterstock_52871900

テレビや雑誌、SNSなどで話題の「レモンオイル」 。オシャレに敏感なトレンド女性が次々と取り入れていることから、皆さんもどこかで聞いたり目にしたことがあるのではないでしょうか。

「レモンオイル」は、ずばりそのネーミング通り“レモン×オリーブオイル”の組み合わせ。

良質な油として知られるオリーブオイルに、ビタミンたっぷりのレモンを漬け込んで作る手作りのオイルのことです。これだけでも、すでに美容に良さそうな気がしてきますよね。

レモンオイルの美容効果

Wのパワーが得られるレモンオイル。二つを組み合わせることで、一体どんな美容効果が期待できるのでしょうか?

それぞれの栄養価と嬉しい魅力についてご紹介します。

レモンの美容効果

shutterstock_109833860

まずは、「レモン」の栄養価から見ていきましょう。

レモンには、美肌に大切なビタミンCが豊富に含まれていることは有名ですよね。ビタミンCは肌のハリやツヤをUPするコラーゲンを合成させたり、紫外線によるメラニン色素の生成を抑えてシミやソバカスを防いでくれる作用が期待できます。

さらに、レモンに含まれるポリフェノールはアンチエイジングにも期待大!肌や細胞の酸化=老化を防いで、若々しい肌を保ってくれるのです。

また、スポーツなどで体を動かした後に「はちみつレモン」をかじっているシーンを見かけませんか?あれは、レモンに含まれるクエン酸が疲労回復にぴったりだから!

クエン酸は体の新陳代謝を高めてくれるので、疲れた体の栄養チャージに最適な栄養素なのです。エネルギーチャージだけでなく、肌荒れやパサついた髪などダメージの修復効果的

新陳代謝を上げて細胞のターンオーバーを促してくれるので、日頃のトラブルの大きな味方です。

レモンの効果については、こちらの記事でさらに詳細に紹介していますので、参考にしてみてください。

オリーブオイルの美容効果

shutterstock_253044214

そんなレモンを漬け込むオリーブオイルには、一体どんな栄養があるのでしょうか?

そもそも、オリーブオイルが良質な油と言われるのはサラダ油と違って細胞を酸化=老化させない油だから。

身体に潤いをもたらしてくれることで循環作用が高まり、代謝が上がったり髪や爪などの細部にまでツヤをもたらしてくれるのです。

また、便秘がちな方はお腹がスッキリするという嬉しい効果も。

さらに!レモンに含まれるビタミンはオリーブオイルに溶け出す性質を持っています。レモンを丸ごと食べる事は難しくても、オイルにしてしまえば活用の幅も広がり、効率的にWのパワーを得られるというわけなのです。

レモンオイルの作り方

栄養価の高いレモンとオリーブオイルを組み合わせたレモンオイル。人気の秘密はその美容効果もさることながら、手軽なレシピと活用法にもありました!早速作り方からご紹介します。

レモンオイルの作り方

用意する材料はこちら。

  • オリーブオイル 250ml
  • レモン(無農薬) 2個
  • 保存容器(蓋の閉まるもの) 1個

レモンオイルの作り方

1.レモンを皮ごとよく洗ってから薄くスライスします。

2.保存容器にオリーブオイルを注ぎ、スライスしたレモンを漬けこめば準備OK。

3.このまま冷蔵庫で半日以上つけておけば、レモンオイルの完成です。

材料も少なく、調理時間も5分とかからないとっても簡単でレシピです。

レモンオイルの活用方法

それでは、作ったレモンオイルを実際に使っていきましょう!

レモンオイルをそのまま活用!

shutterstock_192434378

レモンオイルが出来上がったら、早速日々の生活に活用してみましょう。

爽やかなレモンの香りが特徴的なレモンオイルは、フレーバーオリーブオイルとして大活躍してくれます。

中でも最初にお勧めしたいのは、レモンオイルを使ったドレッシング作り。

レモンオイルをベースに、お酢やビネガー、お砂糖や蜂蜜、塩コショウを加えてお好みのドレッシングを作ってみてください。

レモンのコクと風味が加わり、いつもよりワンランクアップしたドレッシングに仕上がります。

また、野菜や魚介類のマリネ調味液に使うのもお勧め。レモンの酸味で味が引き締まるだけでなく、クエン酸効果で保存期間も長持ちするなど良いことばかりなのです。

レモンオイルを加熱して活用!

shutterstock_150870584

フレッシュなレモンオイルを堪能したら、今度は加熱して使ってみましょう。

炒め油としてお肉や魚介をソテーしてみてください。いつもと変わらぬ食材や調理法でも、レモンの香りで上品な味に仕上がりになります。

また、ホームパーティーなどで活躍するオーブン料理にも最適!

あらかじめレモンオイルにハーブを漬け込み、お肉やお魚、お野菜の上からさっとひと回しかけて焼き上げることで、レストランのような本格的な味わいを楽しむことができますよ。

レモンオイルをマッサージオイルとして活用!

shutterstock_447121375

調味料として料理に活用したレモンオイル。実は、食べるだけでなくマッサージオイルとしても活躍してくれます!

お風呂あがり、タオルでさっとひと拭きした身体にレモンオイルを馴染ませてみてください。

二の腕やふくらはぎなど、セルライトやむくみが気になる箇所には多めに塗ってリンパマッサージをするのもgoodです。

保湿効果やむくみ解消だけでなく、レモンの香りでリラックスしてストレス解消効果もできますよ。

まとめ

いかがでしたか?

少ない材料で手軽に作れるレモンオイルの魅力と活用法をご紹介しました。お料理だけでなくマッサージオイルとしても使えるなんて一石二鳥で嬉しいですね。

レモンは皮ごと使用するので、無農薬のものを選ぶことも大切なポイントです。Wのパワーを最大限に引き出し、嬉しい美容効果をゲットしましょうね。

Pick Up

Return Top