Beauty Charge

様々なスタイルから心と体に美しさをチャージ

夫、彼氏の嘘が許せない!嘘をつかれた時に心が軽くなる5つのアドバイス

夫婦喧嘩

男性ってどうでもいいような小さい事で嘘をつきますよね。

私の夫も何かと嘘をついては私を苦しめてきました。

「嘘は絶対に許せない!」

という気持ちと

「小さな嘘を許してあげたい」

という気持ちの板挟みで辛くなっていませんか?

許してあげたいのに許せない、裏切られた気持ちでいっぱいになると何も手に付かなくなりますよね。

そこで今回は、夫や彼氏の嘘が許せない時に心が軽くなる方法をお伝えします。

男はどうして小さな嘘をつくのか?

男性って本当にどうでもいいような小さな嘘ばっかりつきますよね。

小さな嘘でも積み重なれば信頼関係は崩壊します。

男性もアホではないので、嘘をつく事で信じてもらえなくなる事は重々承知しています。

では、どうして男は小さな嘘をついてしまうのでしょうか?

そこには、男性ならではの理由があるのです。

男は認められたくて嘘をつく

仕事褒める

男性は、自分の能力を評価してもらう事で、自分のプライドを守っています。

特に、彼女や妻に対しては

  • カッコイイ男性であり続けたい
  • 自分を認めてほしい

と強く思います。

そのため、自分の評価が下がる事は隠し、自分の評価が上がる事は誇張して話してしまうのです。

男は嘘で目の前の現実から逃げようとする

男性逃げる

男性は女性と違って一度に複数の事をこなす事ができません。

ですので、できるだけ面倒な事や嫌な事は避けようとする性質があります。

とにかく目の前の嫌な現実をどうにかしたい時、男性はその場しのぎですぐにばれてしまうような嘘をついてしまうのです。

集団生活が得意な女性は、その場しのぎの嘘がどれだけ危険か察知できますが、個人主義の男性はそこまで思考を巡らせる事ができなため、後先考えずに嘘をつくんですよ。

嘘の数は劣等感の裏返し

男性悩む

嘘の数は、彼や夫の劣等感の裏返しでもあります。

自分の自信のなさやダメさを隠すために、嘘をついて、必死で自分の存在価値を高めようとしているのです。

特に、

  • 「男は泣くな」と幼少期から教育されてきた
  • 「お前は本当にダメな子供だ」と言われ続けた
  • 過去にイジメられた経験がある
  • 親の浮気や離婚などを経験している

など幼少期や家庭環境に問題を持っている男性は、嘘をつきやすい傾向にあります。

夫、彼氏の嘘で苦しい時は考え方を変えてみる

男性は嘘をつきやすい生き物だと分かっても、嘘を許す事はなかなかできませんよね。

私自身も、嘘で塗り固められたような夫に何度も泣かされてきました。

嘘をつかれて許せないけど、別れられない・・・。

そんな時は、嘘に対する考え方を変えてみると心が軽くなりますよ。

考え方のアドバイスは、

  • 裏切りの嘘ではなく愛情の嘘だと思う
  • 嘘の感覚は人によって違う
  • 嘘をついている本人が一番苦しい
  • 男は嘘で必死に自分を守っている
  • タイミングを逃すと本当の事は言えない

の5つです。

アドバイス① 裏切りの嘘ではなく愛情の嘘だと思う

ハート

嘘をつかれた時に許せないのは「嘘=裏切り」と考えてしまうからです。

ですが、大抵の男性は妻や彼女を裏切るために嘘をつくのではありません。

自分のダメさを隠して、認められたいから嘘をつくのです。

つまり、男性の嘘は愛情があるが故の嘘だという事です。

「私を愛するが故の嘘なのね」

と思えば、少しは心が楽になりませんか?

アドバイス② 嘘の感覚は人によって違う

仲間 (5)

私もそうですが、嘘を許せない人は「嘘=絶対悪」という考え方をしています。

どんな嘘も悪い事だと考えるから、どんなに小さい嘘でも許せないのです。

しかし、10人いれば10通りの嘘の感覚があります。

あなたが嘘だと思う事でも、相手によっては

「これくらいは嘘にはならない」

と捉えます。

嘘に対する感覚は人それぞれだと思うようにすると、相手に悪気はなかったのかなと心の紐を緩める事ができますよ。

アドバイス③ 嘘をついている本人が一番苦しい

男性悩む (2)

嘘をつかれた時

「どうしてこんなに私を苦しめるの!」

と腹立たしくなりますよね。

確かに嘘をつかれた方は胸が張り裂けそうになります。

しかし、嘘をついている本人はもっと苦しい思いをしているんですよ。

嘘をついている方は、真実がばれるまでずっと罪悪感を胸に抱え続けます

さらに嘘がばれないように嘘を重ね、自分を見失いそうにもなるでしょう。

嘘をつかれていると分かった時は

「もっと苦しみやがれ」

と意地悪な気持ちを持つと楽になれますよ。

アドバイス④ 男は嘘で必死に自分を守っている

男性守る

小さな子供が嘘をつく姿を想像してみてください。

子供は親を騙そうとして嘘をつくのではなく、怒られて親から愛想を尽かされるのが怖くて嘘をついてしまいます。

実は男性も同じです。

彼女や妻に怒られたくなくて、ダメな自分がばれて愛想を尽かされるのが怖くて、ただただ怯えているのです。

幼児を見るような感覚で、嘘をついて必死で自分を守っていると思えば、なんだか可哀相にも思えてきますよね。

アドバイス⑤ タイミングを逃すと本当の事は言えない

恋人

もしかすると、あなたの夫や彼は嘘をつこうと思ってついたのではないかもしれません。

本当の事を言うつもりだったけど、タイミングを逃してしまっただけかもしれません。

本当の事を言うのには勇気が必要ですよね。

だからこそ、ここぞというタイミングで言えなければ、本当の事が言えなくなってしまいます。

経験のある方も多いのではないでしょうか?

彼や夫は嘘つきではなく、ただの小心者なのです。

まとめ

私の夫は本当に嘘ばかりつきます。

「これだけは信じて!」

と言った事もほとんど嘘です。

あまりの嘘の多さに離婚も考えたのですが、甥っ子を見て少し考えが変わりました。

小さな甥っ子が嘘をつく姿は、夫とそっくりだったのです。

また、夫には小さい頃にイジメられたという強烈な劣等感がありました。

夫の過去や甥っ子と重なる姿を考えた時

「この人は嘘をつかないと自分を守れないんだな」

「私に愛されたくて必死なんだ」

と少し心が軽くなりました。

今でも嘘は許せませんが、以前と違って心に少し余裕を持てるようになったんですよ。

Pick Up

Return Top