Beauty Charge

様々なスタイルから心と体に美しさをチャージ

恋愛に必ず訪れるマンネリを打破!ずっと夫婦・恋人でい続けるためのマンネリ解消法!

shutterstock_406806844

彼氏と付き合い始めて3ヵ月…。または3年。何故かカップルはマンネリの危機にさらされるといいますよね。

『魔の3ヵ月』、『魔の3年』とも呼ばれるマンネリ…。

今回は、そんなマンネリの原因と、それを打破する知識について紹介していきます。

ドキドキする脳内ホルモン『フェネチルアミン』って何?

shutterstock_343906229

まず知っておいて欲しいのが、『フェネチルアミン』という物質!

恋愛をするとフェネチルアミンが分泌され、ドキドキしたり食欲が落ちたり、高揚状態が続きます。いわゆる『恋の病』を引き起こす原因となる脳内ホルモンです。

このフェネチルアミンには、消化促進効果や美肌効果、ダイエット効果があると言われており、まさにこのホルモンこそが『恋をするとキレイになる』理由でもあるのです。

しかし、フェネチルアミンは恋に落ちて3ヵ月頃から減少していきます。

始めの頃は、些細なことでも楽しかった彼との付き合いも、だんだん億劫になったり、ドキドキしなくなったりするのもフェネチルアミンが減少しているからであって、彼自身が変わったという訳ではありません。

個人差はありますが恋に落ちて3年経つ頃には、フェネチルアミンは分泌されなくなるため、魔の3ヵ月、魔の3年と、マンネリが起きる期間というのは決まっているわけですね。

マンネリは勘違い!?ドキドキしないのは信頼の証

shutterstock_431042653

どんなに仲の良い長続きカップルでも、フェネチルアミンは減少していきます。

一見、利点ばかりのように感じるフェネチルアミンですが、減少傾向にあるのは恋愛が安定期に入った証拠でもあるのです。

精神状態が不安定なときこそ、一目惚れをしやすいと言われていますが、一目惚れの原因もフェネチルアミンが関係しています。

要するにフェネチルアミンが減少しているのは、彼との関係に慣れ、付き合い始めの頃に感じていた不安がなくなり、気兼ねなく会話ができる信頼関係を築けた証拠でもあるのです。

フェネチルアミンは女性の方が多く分泌する傾向があるので、最近ドキドキしないあなと、マンネリを感じているのは女性の方だけで、男性は深く気にしていない場合も多いのです。

長い付き合いが続くと愛着ホルモンが分泌!

shutterstock_160164149

『付き合いが長くなるにつれて、マンネリ化してしまうんじゃないか…。』

誰しも彼との関係がマンネリ化してしまうことを恐れています。

しかし、長く付き合えば付き合うほど、フェネチルアミンは分泌されないものの、逆に『オキシトシン』という愛着ホルモンが分泌されやすくなります。

オキシトシンは恋愛ホルモンとも呼ばれていますが、女性が出産して子供に授乳しているときや、彼とスキンシップを取っているときに分泌されるホルモンです。

オキシトシンが分泌されることで、精神が安定しストレスを感じにくくなり、信頼感や意欲向上に繋がるといわれています。また、男性の浮気を予防する効果も期待されています。

マンネリ防止にオキシトシンを分泌させよう!

shutterstock_274030400

マンネリ防止策をさせるために、オキシトシンを積極的に分泌させましょう!

CHECK!オキシトシンを分泌させる方法

  • スキンシップをとる
  • 人を思いやる
  • 動物に触れる
  • 素直に感情を表す
  • プレゼントやサプライズをする
  • 会話をする
  • 相手のために手料理を作る

などなど…。

このような行動をすることで、オキシトシンを積極的に分泌させることができます。

最近では、浮気防止の媚薬としてオキシトシンの点鼻薬やスプレーも発売されているようですが、自然的な方法で分泌させる方がコストもかからないので、初めは触れ合うことから始めてみてください。

まとめ

付き合い始めのドキドキ(フェネチルアミン)はなくなってしまったけれど、彼への信頼感(オキシトシン)は深まったかも…。と思うと、マンネリと思い込んでいたことも気のせいのように思えてきますよね。

今の彼といつまでも仲良くいたい!そう願うならば、オキシトシンを分泌させる方法を積極的に生活の中に取り入れてみてはいかがでしょうか?

Pick Up

Return Top