Beauty Charge

様々なスタイルから心と体に美しさをチャージ

生理時のストレスから開放!月経カップの特徴と実際に使って得られたメリット6つ

生理用カップ

以前、「布ナプキン」をご紹介しましたが、もう一つのおすすめアイテム・月経カップをご紹介。

装着するだけで荷物も減り、布ナプキンのように、辛い生理を楽にしてくれるアイテムですよ。

欧米諸国ではかなり普及しているのですが、紙ナプキンの危険性が叫ばれるようになってきた近年、日本国内でも月経カップに注目しはじめた方も増えてきているようです。

今回は私が1年使用してみて、実際に感じたメリットをご紹介します。

関連記事

月経カップって何?

生理用カップ (2)

月経カップとは、「経血をためるカップ」のことで、タンポンと同じ要領で膣内に装着するタイプの生理用品です。

ショーツに装着する紙・布ナプキンとは全く異なるコンセプトの生理用品ですね。

タンポンとどう違うの?

生理用カップタンポン

使い方が似た生理用品でタンポンがあげられるかもしれませんが、用途や素材が全く異なります。

タンポン

  • 素材:コットン製
  • 目的:経血を吸収する

月経カップ

  • 素材:シリコン・天然ゴム製
  • 目的:経血をためる

生理用カップってどうやって使うの?

生理用カップ (3)

この見た目で、どう使うのか?よくわかりませんよね。

簡単に使い方を説明しますね。

月経カップの使い方

  1. 月経カップを洗浄します。
    (煮沸消毒でも石鹸でもOK)
  2. 半分に折るなどして、挿入しやすい形状を作ります。
  3. ゆっくりと挿入した後、カップが開きやすいよう、左右どちらかに回転させて完了です。

詳しい使い方については、こちらの動画を確認してみてください。

折り方については、こちらが詳しいです。

何時間くらい継続して装着できる?

目覚まし時計

月経カップのブランドによって装着時間は若干ばらつきがありますが、平均で約12時間ほどといわれています。

ナプキンよりは、取り替えをこまめに気にしなくてもよさそうですね。

たまった経血はどうするの?

はてな

生理が何日めであるかによりますが、私の場合、だいたい多い日で2時間おき少ない日は4時間ほどでカップ内の経血をトイレに流しています。

自宅にいる時はウェットティッシュやトイレットペーパーなどで拭き取り、水洗いして再度使用しています。

「衛生面は、大丈夫なの?」

と思われる方も多いそうですが、私の場合1年間同じ使い方をしていてもトラブルは起こっていません。

衛生面でのトラブルが気になる方は、カップ内の経血をクリーンにする際に石鹸で洗浄し、乾かして使うなど工夫すると良いかもしれませんね。

参考:http://www.skincare-univ.com/

モレないの?

びんもれる

使い始めて間もない頃はモレることがたびたびありました。

うまく装着できていなかったのが原因のようでしたが、慣れてきた頃にはモレはなくなりました。

使い始めの時期は紙ナプキンと並行して使うことをオススメします。

サイズや形状はどんな種類があるの?

月経カップ大きさ

サイズは主に、

  • 体型
  • 出産経験の有無
  • 平均的な経血量の傾向

などでサイズ分けがされています。

形状は、カップの大きさや形状が体型や経血量によって異なっていたり、先端のつまみ部分がリング状だったり、スティックのような形になっていたり、種類によって様々。

また、ブランドによってカラーやデザインも異なるので、気になった方はぜひお好きな色や使い勝手の良さそうなつまみなどを見つけてみてはいかがでしょうか♪

1年間使ってみた私が感じるメリットをご紹介

女性座る

私は月経カップを使い始めてはや1年。

使い始めは装着の仕方に四苦八苦しましたが、今は生理中も快適でストレスフリーな生活を送れています。

どんなメリットが感じられたのか、ご紹介しますね。

生理時の嫌なにおいがしない!

女性

月経カップはシリコン製のため、膣内でのフィット性が高く、たまった経血が外気にふれることがありません。

そのため、生理中に気になる匂いをほぼシャットアウトできました。

スカートを履いている時も遠慮なく動けますよ♪

荷物がコンパクトになった!

生理用品

出勤時や旅行など、生理時の外出時は紙ナプキンやらタンポンやら持ち歩くとなるとバッグの中がかさばっちゃいますよね。

ですが、私が月経カップを使い始めてからはそのようなこともなりました。

カップ内に経血をためて、捨てて(流して)、また装着、の繰り返しなので、経血量に関わらずナプキンを何個も持ち歩くことはなくなりました。

一応、外出時には万が一モレた時用の保険として、おりものシートや少ない日用の紙ナプキンをショーツに付けています。

経血量やおりものの状態が把握できた

女性 (2)

紙や布のナプキンを使っていると、自分がどれだけの経血を出しているのかイマイチ把握ができません。

ですが、月経カップを使うと、経血の状態や量を把握できます。

量を把握できたことで、日々の健康管理もしやすくなりました!

運動しても平気!

運動

普段運動する方や職場でよく動くポジションの方で、生理中に

「いま、モレたかも…」

と心配になることはありませんか?

私も職場で走ることもよくあったため、ナプキンを使用している時に心配することが多かったです。

ですが、シリコン製の月経カップならフィット感を保ったまま動きに合わせて形を変えてくれるため、モレたり、ナプキンを使用している時によくある「ズレ」も気にならなくなりますよ。
(私はカップ付けていることを忘れることがあるほど)

コスパ最高!

お金溜まる

月経カップは1個の平均価格が3,000円〜4,000円前後と高めです。

ですが、1個買うと何年も使えます。

私が生理ナプキンにかけていた金額は1ヶ月で2,000円くらいだったでしょうか。

ナプキンにかかる1ヶ月あたりの経費を考えると、かなりコスパがいいですね。

ゴミが出ない

エコ

当然ですが、カップに経血をためてトイレに流す(捨てる)ため、紙ナプキンを使用していた時期に比べるとゴミの量は8割方減ったのではないかと思います。

カップの洗浄も楽ですし、ゴミ箱の掃除もほぼなくなりました。

まとめ

月経カップを実際に使ってみて感じたメリットをご紹介してみました。

ちょっと高価かもしれませんが、長い目でみるとコスパも良いため、家計を少しでも見直したい方や荷物を減らしたい方、経血量を把握したい方にはとくにオススメです。

日本のドラッグストアでは取り扱いがないところがほとんどかと思いますので、月経カップが買えるオンラインショップをご紹介しますね。

ブランドによっては専用の巾着袋付きところもあり、探してみるだけでも楽しいですよ^^

Pick Up

Return Top