Beauty Charge

様々なスタイルから心と体に美しさをチャージ

ダイエットの救世主!桑の葉の糖質カット効果と効率的な摂取方法!

shutterstock_238868605

糖質制限ダイエット、流行っていますよね。糖質制限ではなくても、甘いものや、脂っこいものが食べたくなっちゃったけど、

太りたくない!

ダイエット中だけどちょっとだけお菓子が食べたい!

病気が怖いから、糖質や脂質はあまり摂取したくないな。

などなど、食べ物とダイエットに関する悩みは尽きませんよね。

でも、そんなときに大活躍してくれるのが、「桑の葉」なんです。

桑の葉…ってご存知ですか?桑の葉?蚕が食べるあの葉っぱ?そう、あの葉っぱです。この桑の葉は、今、ダイエット業界で非常に注目されているんです。

今回は、桑の葉の栄養素、桑の葉の糖質カット効果、効果的な摂取方法の3つについて紹介していきたいと思います。

桑の葉の糖質カット効果!

shutterstock_281413280

それでは、まず桑の葉がどうやって糖質をカットしてくれるのかを紹介していきます。

桑の葉が体の中の糖質にどのように作用するのか見てみましょう。

そのためには糖質とはそもそも何なのか、ということから考えていく必要があります。

糖質から脂肪が出来るまで

『糖質』は、炭水化物から食物繊維を除いたものの総称で、脂質やタンパク質と比べてエネルギーに変換されやすいのが特徴です。

摂取された糖質は胃などで分解され、最後には小腸にあるα-グルコシターゼという酵素によってブドウ糖に変えられ、血管の中に吸収されていきます。

吸収されたブドウ糖の一部はエネルギー源として肝臓に貯蔵されますが、一定の量を超えると中性脂肪に変換されて脂肪となってしまいます。

桑の葉成分がブドウ糖の吸収を阻害!

桑の葉の糖質カット効果の秘密は、『DNJ(デオキシノジリマイシン)』という成分にあります。

近年、この成分が糖質カットをしてくれる!との研究報告があり、非常に注目を集めています。

DNJってなに?

DNJはブドウ糖ととてもよく似た化学構造を持っている成分で、桑の葉にしか含まれていない成分です。

どうやってDNJが糖質カットをしてくれるの?

通常は、糖質を摂取した場合、ブドウ糖とα-グルコシターゼが結合し、体内に取り込まれます。

この時、血中で過剰になったブドウ糖は、血中のブドウ糖濃度に応じて膵臓から分泌されるインスリンの働きで中性脂肪に変換されてしまうのです。

しかし、DNJを事前に摂取しておくと、小腸の中でブドウ糖と間違えて、よく似た構造のDNJとα-グルコシターゼが強力に結合してくれます。

こうするとブドウ糖が一気に吸収されることがなくなるため、糖質の分解・吸収を穏やかにし、インスリンの分泌を抑えることで、ブドウ糖を脂肪に変換されにくくしてくれます。

また、α-グルコシターゼと結びつくことのなかったブドウ糖は吸収されずにそのまま小腸から大腸へと送られていきますので、脂肪にならずに排出されます。

こうして桑の葉が糖質カットをしてくれるのです!

桑の葉には他にも栄養いっぱい!

shutterstock_134242547

桑の葉自体ははあまり一般的ではありませんが、DNJの他にも非常に多くの栄養素が含まれており、いろいろな健康食品に含まれています。

糖質カットで有名な、ファンケルのカロリミット にも桑の葉が含まれているんですよ!

それでは、桑の葉に含まれる栄養素について詳しく紹介していきます。

ビタミンA(β-カロテン)

にんじん、ほうれん草などの緑黄色野菜に多く含まれている栄養素です。

高い抗酸化作用をもち、

  • アンチエイジング効果
  • 目の健康の維持
  • 肌の乾燥の防止
  • 肌の老化の防止

などをする働きがあります。

桑の葉には100gあたりで、にんじんの2.6倍ものβ-カロテンが含まれています。

ビタミンC

ビタミンCにも高い抗酸化作用があるのにプラスして、

  • 美白
  • 美肌
  • シミの予防
  • 風邪予防
  • ガン予防
  • 動脈硬化性の病気に対する効果

などを発揮します。

ビタミンE

抗酸化作用を持ち若返りビタミンとも言われる栄養素です。

青汁でよく使われるケールには100gあたり1.15mgしかビタミンEが含まれていないのに対し、桑の葉のビタミンEは100gあたり65.9mg

圧倒的な含有量を誇っています。

ビタミンB群

体の中で糖質や脂質を代謝するのに欠かせない栄養素です。

  • 疲労回復
  • 皮膚や粘膜の健康維持

など多くの効果が認められています。

亜鉛

味覚を正常化する働きがあるほか、

  • 免疫力を高め、風邪の治りを早くする
  • うつ状態の改善

にも効果があります。

また、ビタミンCとともにコラーゲンの生成に寄与するので

  • 美肌
  • 美髪

などの効果もあります。

貧血の予防と改善に効果があります。

一般に鉄は吸収効率が低いため、不足しないように食べ物から積極的に補っていく必要があります。

カルシウム

骨や歯を頑丈にしたり、筋肉の働きを良くする栄養素です。

また、精神的な安定をもたらし、食欲も抑えてくれるのでダイエットにも効果的です。


こんなに沢山の栄養が摂取できるマルチビタミンのような食品、摂ってみないわけにはいかないですよね!

それにプラスして、前述したブドウ糖の吸収を阻害してくれる桑の葉にしか入っていないDNJ!

糖質カットに加えて、これらのような豊富な美容効果も含む桑の葉。ぜひ積極的に取り入れたいですね。

桑の葉を効率良く摂取するには?

shutterstock_196792433

桑の葉の栄養素の豊富さがお分かりいただけましたよね。

それでは、桑の葉の栄養を余すところなく効率的に体に取り入れるにはどうしたらいいのかを紹介します。

桑の葉成分を全て取り入れるなら青汁!

shutterstock_287989664

青汁であれば桑の葉をそのまま全て摂ることができるので、食物繊維なども桑の葉の有効成分を丸ごとゲット出来ちゃいます。

また、液体という形ならば、口に含まれた瞬間から舌による吸収が始まることと、錠剤を胃酸で溶かすステップが要らなくなるため、腸での吸収も早いと言えます。

つまり、効果が出始めるのも早いのです!

製品自体も青汁の方が錠剤よりも安価で、コストパフォーマンスが抜群にいいのがポイントですね。

WS001434

九州は鹿児島で育った有機桑の葉を使った青汁。食物繊維も豊富なうえに、お茶屋のこだわりで味も抜群!

公式サイト

青汁が飲みにくければサプリでも!

それでも、どうしても青汁はちょっと…という方もいますよね。

そういう方には桑の葉粉末を固めて作ったサプリがオススメです。

青汁よりも摂取できる量が少なくなってしまいますが、有効成分はきちんと含まれているので桑の葉の効果を十分に感じることができますよ。

WS001433

糖質、脂質をカットしながら、体本来の燃焼力を底上げしダイエットを強力にサポート。老舗メーカー『大田胃酸』のダイエットサプリ!

公式サイト

まとめ

いかがでしたか?

桑の葉は糖尿病の方々にはその効能を広く知られている漢方薬でしたが、ダイエット中の皆さんにも大きな効果があると思います。

あなたの食生活の中に、ぜひ取り入れてみてくださいね。

Pick Up

Return Top