Beauty Charge

様々なスタイルから心と体に美しさをチャージ

バナナはバストアップとダイエット効果抜群!トレンドは朝バナナより夜バナナ!

バナナ

ダイエットといえば、食べるのをガマンしたり運動を頑張らなければならないイメージがありますよね。

つらいダイエットは続けるのがむずかしく、中にはリバウンドしてしまう人も。

リバウンドを繰り返してきた人には、食べながら痩せられるダイエットがオススメ!
しかも胸まで大きくなれるとしたら、試してみたくなりませんか?

そのカギを握っているのがあの「バナナ」なんです。

バナナを食べると痩せるワケ

バナナというと、そのまま食べるのはもちろん、ケーキやパフェにトッピングしてもおいしく食べられますよね。

しかも安くてどこでも手に入る身近なフルーツです。

よくアスリートが食べているシーンを見るので、栄養豊富なのはわかりますが、どんなところがダイエットにいいのでしょうか?

ダイエットにいい成分が豊富

ダイエット

ビタミンB類

ビタミンB類は、糖質や脂質をエネルギーに変えて代謝する働きがあります。

またアルコールの代謝のサポートもするので、お酒が好きな人もぜひ摂取してほしいビタミンです。

カリウム

カリウムには、余分な水分を排出する働きがあります。
むくみやすいタイプのぽっちゃりさんにおすすめ。

さらに、脂肪を分解する作用もあります。

ペクチン

デトックス効果の高い食物繊維の一種で、腸内のお掃除をしてくれます。

便秘によるお腹のポッコリが気になる人にぴったり。

ヒスチジン

アミノ酸の一種で、食欲を抑える効果があります。

食べ物の誘惑に負けやすい人にはありがたい成分ですね。

低カロリーで腹持ちがいい

バナナ自体は、意外と低カロリーです。

一般的な中サイズの場合、70~80kcalほど。

これに対し、ご飯1杯は250kcal、食パン1枚が210kcalです。

ご飯やパンの代わりにバナナを食べると、かなりカロリーカットできますね。

また、食物繊維が豊富で食べ応えがあるので、腹持ちがいいところもダイエットに向いています。

バナナで胸が大きくなる?

shutterstock_213084793

食べて痩せる、しかもバストアップできるそのワケは、ビタミンB6にありました。

胸の筋力アップ

ビタミンB6には、バストを支える筋力アップをサポートする効果があります。

筋力をつけるにはたんぱく質(アミノ酸)を効率よく筋肉にするためにビタミンB6が必要なのです。

ハリのある胸に

ハリのある美肌を作る時に、ビタミンB6が必要になります。ピチピチした健康的なバストをつくってくれます。

女性ホルモンの分泌を促進

女性ホルモンは、女性らしい体づくりに欠かせません。

丸みのある体をつくる時に女性ホルモンが必要ですが、ビタミンB6はエストロゲン(女性ホルモン)の分泌を促進してくれます。

CHECK!関連記事

バナナは夜食べるのがいい?

バナナ2

朝バナナダイエット、流行りましたよね。

その朝バナナダイエットの上を行くと言われているのが、夜バナナダイエットです。

成長ホルモンの分泌が活発に

実は、寝ている間に分泌される成長ホルモンは、痩せやすい体づくりをしてくれる効果があります。

この成長ホルモンの分泌を活発にしてくれるのが、バナナに含まれている「アルギニン」

成長ホルモンは胸を大きくする女性ホルモンを増やす効果もあります。

脂肪と糖質を燃焼させる

上にも書きましたが、バナナに含まれるビタミンB類は脂肪と糖質を燃焼させる効果があります。

夜は朝食やランチよりもしっかり食べる人が多いのではないでしょうか?

夕食で食べた脂肪や脂質を燃焼してくれるので、体にお肉が付きにくくなります。

食物繊維が腸の働きを活発に

バナナは食物繊維が豊富。

便秘による下腹部のポッコリにも食物繊維がスムーズに便秘を解消させてスッキリしたボティーラインへ。

CHECK!関連記事

夜バナナを食べるタイミングは?

夜バナナダイエットのタイミングは、「夕食前」です。

脂肪というのは、夜寝ている間につくと言われています。

そのため、夜バナナダイエットをすると体に脂肪がつきにくくなります。

夜バナナダイエットの方法

それでは、夜バナナダイエットの仕方を紹介していきます。


用意する材料

  • バナナ 1~2本
  • 白湯  200ml

バナナをゆっくりよく噛んで食べ、白湯を飲むだけでOK。

そのあとは、普通に夕食を食べます。

えっ、食べ過ぎちゃうのでは?と思うかもしれませんが、バナナとお湯を事前に食べることで食欲が抑えられ、いつもよりたくさん食べられなくなります。

ちなみに、基本的に何を食べてもいいため、ダイエットのストレスがないところもメリットですね。

CHECK!関連記事

まとめ

身近なフルーツであるバナナは、栄養価が高いだけでなくダイエット効果も高いことがお分かりいただけたでしょうか?

適度に甘みもあるので、スイーツ代わりにもなるし、ダイエットのストレスを感じにくい点でもなかなか優秀なダイエットアイテムだと思います。

痩せながらバストアップできるところもうれしいですね。

食事制限はムリ!という人は、ぜひバナナダイエットにチャレンジしてみてください!

Pick Up

Return Top