Beauty Charge

様々なスタイルから心と体に美しさをチャージ

鼻ニキビのふくらみはなぜ痛い?鼻ニキビの原因、予防、凹凸鼻ニキビ跡の解決法!

shutterstock_240067096

「また鼻の頭に、赤い鼻ニキビが出来てる・・・!!」

と、鏡をみてショックを受けたことありませんか?
正直、私自身、よくありました・・・。

顔の中央だから目立つし、触ると痛いし、早く治れと願ってもなかなか治らないし・・・。

さらに、下手にいじると、鼻ニキビ跡が残ってしまう危険性も!!

そこで今回は、出来ると気になってしまって仕方がない『鼻ニキビ』の原因、予防法、解決方法について紹介していきたいと思います。

鼻ニキビはなぜ痛い?

shutterstock_214581343

鼻ニキビに限りませんが、ニキビというのは「汚れや皮脂が毛穴につまることによりアクネ菌が増殖し炎症が起きている状態」のことをいいます。

つまり、鼻ニキビが痛いのは、炎症が起きているからなのです。

また、鼻ニキビは顔に中心に出来てしまうこともあり、自分自身でも気になってしまう位置なので、無意識に触ってしまっていることが多いのではないでしょうか?

触る⇒痛い⇒さらに触る⇒汚れが鼻につく⇒炎症悪化

という悪循環にもなりますから、鼻ニキビが出来ても、痛くても、出来るだけ触らないようにしてくださいね。

鼻ニキビではなく面疔(めんちょう)の可能性も!

鼻ニキビも炎症が起きていると触ると痛いのですが、同じく痛みを伴う炎症に『めんちょう』が挙げられます。

鼻ニキビの原因がアクネ菌なのに対し、めんちょうの原因は黄色ブドウ球菌です。

特徴としては、鼻ニキビよりも触ると激しい痛みをともない、ジュクジュクしているような膿が溜まっています。

基本的には、鼻ニキビと同様に清潔に保っていれば徐々に治っていきますが、悪化させたままにすると体に菌が回り、最悪では骨膜炎などの病気にかかってしまう危険性があります。

また、血管を通して他の部分に感染してしまう可能性もありますので、注意が必要です。

鼻ニキビなのか?めんちょうなのか?判断がつかない方は、一度皮膚科を訪れることをオススメします。

鼻ニキビに効果のある美容液って?

image

画像引用:Remery(リメリー)

朝、鏡で顔を見て

「鼻にニキビが!!!」

と、ショックを受けたこと、もちろん私も経験済み。

仕事が忙しく、化粧も落とさず寝てしまうのを何日か続けると・・・鼻にニキビが出来たり、鼻の毛穴が黒ずんでいたりと、何かと鼻のトラブルって気になります。

そんな私が愛用しているのが、鼻専用の美容液のRemery(リメリー)という商品です。
リメリーを使うようになってから、鼻ニキビの治りがよく、気付いたら鼻の黒ずみまできれいになっていたこともあって、使い続けています。

鼻専用ということで、鼻の皮膚状態をしっかりと研究して作られているだけあって、鼻ニキビに効果のある成分


  • EPC
  • 大豆イソフラボン
  • プラセンタ
  • カモミラエキス

がしっかりと配合されています。

私はついつい不摂生をしてしまうため、鼻ニキビの予防として意識的には使っていなかったのですが、よく考えてみると使い出して1ヶ月後くらいから、自分の顔に鼻ニキビが出来てないことに気がつきました。

だからといって、不摂生を続けてもいいというわけではないのですが・・・。

痛いくらいの鼻ニキビで困っている方は、ひとまずリメリーを試してみるのがいいかなと私は思います。

⇒Remery(リメリー)公式サイト

なぜ出来る?鼻ニキビの原因とは?

shutterstock_409827958

そもそも鼻ニキビはなぜ出来てしまうのでしょうか?

アクネ菌の活動が活発化

これはどこに出来るニキビにも関係してきますが、一番の原因は『アクネ菌』。

アクネ菌が皮脂を分解すると脂肪酸を作り出します。

その脂肪酸と、アクネ菌の老廃物が紫外線と反応することで『活性酸素』が発生します。

この『活性酸素』が肌の炎症を引き起こすのですね。

ただ、アクネ菌自体は皮膚に常にある常在菌ですので、通常は悪さをしない菌なのです。

通常の皮膚ではなく、過剰に皮脂が分泌されたりすると、アクネ菌が異常繁殖して鼻ニキビへの原因を作り出してしまうのです。

鼻には皮脂腺が集まっている

『Tゾーン』という言葉、聞いたことがありますよね?
おでこから鼻に向かって、Tの字に見えるエリアのことをいいます。

shutterstock_352692083

このTゾーンは、顔の中でも特に毛穴が集まっているため、皮脂腺も非常に多く、「皮脂が出やすい部分」です。
そのため、鼻というのはまさに「Tゾーン」ですので、皮脂が分泌されやすい部分なわけです。

鼻は汚れが溜まりやすく落としにくい

shutterstock_241995094

そして、鼻という部位の形も、鼻ニキビが出来やすい原因となっています。

鼻っておでこなどよりも立体的な形をしていますよね?

洗っているつもりでも、鼻の脇などは特に洗い損ねてしまい、毛穴に汚れや皮脂が詰まったまま放置してしまうため、鼻ニキビが出来やすいのです。

鼻は乾燥しやすい

先ほど、「鼻は皮脂量が多い」と紹介しましたが、さらに鼻は「乾燥しやすい」部分でもあります。

皮脂が多いのだから、乾燥はしないんじゃ・・・?

と思われる方もいらっしゃると思います。

ここで覚えておいて欲しいことは、「乾燥=水分(うるおい)不足」のこと。
皮脂量が多いのと水分不足は関係がありませんから、別物の話になってくるのです。

そして、下記のような悪循環に・・・!


1.洗いすぎや保湿をしないなど、間違った鼻スキンケアをする

2.鼻が乾燥肌になる

3.毛穴の周りの皮膚が硬くなり角栓が詰まりやすくなる

4.鼻からの皮脂が詰まる

5.鼻の毛穴が炎症を起こす

6.鼻ニキビになる


皮脂でテカテカしているからといって、決してうるおい100%ということはないのです。
勘違いをしている方が多いので、ぜひ覚えておいて欲しいことですね。

間違った鼻ケアをしている

あなたは、鼻のケアってどのようなことをしていますか?
もしかして、その方法間違っていませんか?

一生懸命洗顔をする

先ほど鼻は洗いにくいとありましたが、それを知っているからこそゴシゴシと鼻の表面を洗ってしまっていませんか?

ゴシゴシと過剰な洗顔を行うと、皮膚を傷つけてしまうどころか、本当は必要な皮脂も洗い流してしまうのです。

必要な皮脂をあまりにも流してしまうと、かえって皮脂の分泌が過剰になってしまい、さらに皮脂量が増えてしまう危険性があります。

ピーリングを頻繁に行う

ピーリングを行うと肌がツルツルになるので、クセになって頻繁にやっているという方いらっしゃいませんか?

ピーリングはあくまでも、角質を強引に溶かしたり剥がしたりして、古い角質を除去する方法です。
「強引に」というところがポイントです。

本来は、ピーリングで除去しなくても、ターンオーバーにより古い角質は新しい角質へと入れ替わります。

ピーリングをやりすぎてしまうと、肌に負担が非常にかかり、


  • 皮脂量が増える
    (ピーリングで皮膚を傷めるので、保護するために皮脂増)
  • ニキビ跡が余計にひどくなる
    (ピーリングで肌バリアも取り去ってしまうため、肌本来の補修効果が薄くなる)
  • 肌自体が赤くなる
    (ピーリングで皮膚を傷めている)

このような悪影響が起きる可能性が非常に高いです。

本当にピーリングが必要なのか?
しっかりと考えてから使用し、頻繁には絶対に使用しないでください。

鼻ニキビを治すのに必要な成分

それでは、鼻ニキビを治すには、どのような成分を意識すればよいのでしょうか?

アクネ菌を抑えるEPC

shutterstock_174459380

冒頭部分で、「アクネ菌が増殖することで鼻ニキビが出来る」と説明しましたが、このアクネ菌の増殖を抑えることが出来れば、鼻ニキビになりにくく、出来てしまった鼻ニキビも治りやすくなります。

それを実現化してくれるのが『EPC』という成分。

『EPC』とは、

E:ビタミンE
P:リン酸
C:ビタミンC

ビタミンEとビタミンCをリン酸によって結合させた化合物で、『ビタミンC・ビタミンEの誘導体』のことを言います。

image

引用元:http://www.airge.co.jp/

このEPCというのは、ビタミンCだけ、ビタミンEだけ、ビタミンCとEを混ぜただけよりも、非常に優れた脂質抑制率を発揮します。

つまり、アクネ菌の大好物を抑えてくれるため、アクネ菌が異常増殖することがなくなる=鼻ニキビが出来にくく、治りやすくしてくれるのです。

鼻ニキビが出来たらビタミンCを取ればいいと言われますが、それだけでは鼻ニキビを完治させることは難しいことが分かって頂けたでしょうか?

大豆イソフラボンで過剰皮脂分泌を防止

shutterstock_297970307

大豆に含まれているイソブラボンという成分のことを『大豆イソブラボン』といいます。

この成分の一番大きな効果は、女性ホルモンのバランスを整えること。

最近では、不規則な生活や偏った食生活によってホルモンバランスが崩れている女性が非常に多いのです。

ホルモンバランスが崩れると、皮脂の分泌量が多くなってしまうため、鼻ニキビも出来やすくなり、

「なんだか肌の調子が悪い・・・」

と思われる人も少なくないと思います。

大豆イソフラボンは、女性ホルモンバランスを整えてくれますから、皮脂の過剰な分泌を抑え、ニキビの出来にくい肌を保ってくれる効果があります。

大豆イソフラボンで女性ホルモンバランスの整え方については、『女性の悩みも解決、女性ホルモンとは?不調解決のサプリ選びのポイント』で詳細に解説していますので参考にしてみてください。

カモミラエキスで炎症を抑える

shutterstock_84347593

カモミールという花から抽出されるのが『カモミラエキス』
最近では、色々な美容化粧品にも含まれていることが多いので、耳にしたことがある方も多いかと思います。

このカモミラエキスは、鼻ニキビの炎症を抑えてくれる効果があります。

また、その香りにはリラクゼーション効果があり、イライラする気持ちを抑えてくれる効果もあるのです。

さらに、鎮痛作用もあるため、鼻ニキビの痛みも抑えてくれる効果も期待出来るすぐれもの!

鼻ニキビの予防方法

それでは、鼻ニキビを治す方法を紹介していきましょう!

洗顔は力を入れずにやさしく丁寧に

shutterstock_218371681

洗顔時は、絶対に力を入れて顔をこすらないようにしてください。

先ほども紹介しましたが、肌を傷めてしまうだけではなく、余分な皮脂も一緒に洗い流してしまう可能性が高いためです。

出来るだけあわ立てて、やさしく、かつ丁寧に鼻周辺を洗いましょう。

特に鼻の両脇部分は洗い残しが発生しやすい部分ですので、しっかりとやさしく洗い流すようにしてください。

その際、水の温度はぬるま湯程度で洗いましょうね。

洗顔フォームからキメの細かい泡を作る方法や正しい洗顔方法についてはこちらの動画を参考にしてみてくださいね。

正しい洗顔方法

キレイな泡って、本当に気持ち良さそうですよね!

保湿を忘れずに!

shutterstock_406082980

洗顔後の皮膚は、とても乾燥しやすい状態にあります。

そのまま放置してしまうと、「乾燥⇒皮脂分泌大」の流れに乗ってしまいますから、皮脂が分泌されるまえにしっかりと保湿を行いましょう。

最近よく耳にする、『ヒアルロン酸』が含まれている化粧水が保湿力が非常に高いのでオススメです。

乾燥する前に必ず保湿!
絶対に守ってくださいね!

鼻ニキビを予防する生活習慣

それでは、鼻ニキビを出来なくするための生活習慣について紹介していきます。

しっかりと睡眠をとる

ホルモンバランスが崩れてしまうと、様々な肌トラブルを引き起こす原因となります。
もちろん、鼻ニキビも例外ではありません。

そのため、睡眠を最低6時間は確保するようにして、ホルモンバランスをしっかりと保ちましょう。

睡眠の質を高めるには、『熟睡は薬じゃダメ!朝すっきりな熟睡の仕方はアミノ酸のL-テアニンが効果的!』にて紹介していますので、参考にしてみてください。

シーツと枕カバーをこまめに洗う

shutterstock_362799383

毎日使っているシーツと枕カバー、あなたはどのくらいの頻度で取り替えているでしょうか?
鼻ニキビが出来やすい人は、案外長い間取り替えてないことも多いかも?

寝ている間というのは、気付きにくいですがたくさんの汗をかいており、また寝る前にスキンケアをしっかりしても皮脂の分泌は行われています。

それらがシーツや枕カバーに染み付き、アクネ菌を増殖させてしまう原因になってしまうのです。

特に、横向きやうつ伏せで寝る方は、枕カバーは毎日取り替えるのが効果的です。

規則正しい生活を送る

shutterstock_376984393

規則正しい生活をしろ!と言われても、なかなか難しいですよね。
私自身も、つい夜遅くまで仕事をしてしまったり、飲みにいって騒いでしまったり・・・。

そんなときには、寝る前にリラックスする時間を作るように心がけています。

たとえ、10分でも20分でも、リラックスできるアロマを使ってみたり、心地のいい音楽を聴いてみたり。

不規則まみれの生活にホッとした時間をもたせることで、規則正しいとまでは言えませんが、ストレス解消につながるので、次の日の肌の調子が何もしなかった時と比べてよいと私は実感しています。

規則正しい生活が無理!と言う方は、ぜひ試してみてください。

ファンデーションのパフをこまめに洗う

先ほどの枕カバーの項とも共通するのですが、ファンデーションを塗るときに使っているパフはどのくらいの頻度で洗っているでしょうか?

そう、ここにも鼻ニキビの原因が潜んでいるのです。


ファンデーションを塗るときに、パフには肌の老廃物や汚れが吸着

コンパクト内で菌が繁殖

次の日、繁殖した菌がついたままのパフでファンデーションを塗る

皮膚に雑菌などがつき、アクネ菌とともに炎症を起こし始める

鼻ニキビ完成


という最悪な結果が待ち受けているのです。

そのため、使用したパフは出来るだけ毎日、中性洗剤等を使用して洗うようにしてください。

鼻ニキビ跡の種類と改善方法

shutterstock_291324713

鼻ニキビを過剰に触ったりすることを続けてしまうと、炎症が悪化。
最悪は、鼻ニキビが跡として残ってしまうこともあります。

そんな鼻ニキビ跡の種類と解決方法を紹介していきます。

シミとなってしまった鼻ニキビ跡

鼻ニキビの炎症が起きていた部分が色素沈着を起こしてしまい、茶色~黒色っぽいシミが残ってしまうことがあります。

シミの原因は『メラニン色素』

もともとメラニン色素は、外部からの刺激から肌を守るという役割がありますので、炎症を起こしている部分を触り続けると、どうしてもメラニン色素が増えてしまうのです。

鼻ニキビ跡のシミの解決方法

日焼けをしても、時間が経てばいつの間にか肌の色は元に戻っていますよね?
これは、肌がターンオーバーをして、メラニン色素が徐々に排出されていくためです。

つまり、ターンオーバーを促してあげれば、鼻ニキビの跡として残ったシミをケアすることができます。

自然由来の、カモミラエキスが入っているような化粧水や美容液を使うことで、ターンオーバーが促進され、メラニンの排出も促されます。

赤みの残ってしまう鼻ニキビ跡

表面の鼻ニキビの炎症は治まったのに、周りの赤みが引かない!というのが、この赤みの残ってしまう鼻ニキビ跡です。

これは、鼻ニキビの炎症がひどい場合に起こりやすく、皮膚の奥底で炎症がまだ残っていたり、うっ血をしている場合に起こります。

この赤みの残ってしまう鼻ニキビ跡は、そのままにしておくと上記で紹介した色素沈着を起こしシミになる鼻ニキビ跡に変化してしまう場合もあります。

鼻ニキビ跡の赤みの解決方法

赤みのあるニキビ跡は、放置するとシミになってしまうので、シミにさせないために抗酸化ケアを行うことが望ましいです。

EPCなどの抗酸化成分を使って鼻をケアすることで、シミに変化するのを食い止めてくれます。

ただし、肌の奥で炎症が残っている状態ですので、あまりに長期間赤みが続くようであれば、一度皮膚科を受診することをオススメします。

⇒EPCとカモミラエキス配合美容液公式サイト

凹凸のクレーター状の鼻ニキビ跡

これが一番治りにくい鼻ニキビ跡です。

鼻ニキビが激しく炎症を起こしてしまうと、肌組織を壊してしまい、炎症が治まった後に凹凸のクレーター状の鼻ニキビ跡が残ってしまいます。

皮膚が凸凹していますので、そのままの状態にしていても解決することはありません。

鼻ニキビ跡の凹凸クレーターの解決方法

解決方法は、2種類提案をしたいと思います。

1.ピーリングや医療用レーザー治療を行う

凹凸状の鼻ニキビ跡がひどい場合には、皮膚科や美容皮膚科を受診することをオススメします。

そこで、まずピーリング治療で、古い角質を除去。
その後、改善があまりみられなかったら、レーザー治療にうつっていきます。

特に、レーザー治療は保険が利かないため、値段が高いのが少々ネック。

程度にもよりますが、約1000円~という値段が相場なようです。
参考:レーザー治療専門の美容皮膚科シロノクリニック

2.デコボコニキビ跡専用の化粧水でケアをする

いきなりレーザー治療までは・・・と悩まれる方は、鼻ニキビ専用ではありませんが、ニキビ跡の凹凸専用の美容液を使用するという方法があります。

凹凸が治るというわけではなく、『凹凸を目立たなくする』というのがコンセプトです。

非常に優れた保湿力をもつ月光下エキスや、最近非常に注目を集めている美容成分『卵殻膜』が使用されているため、肌を柔らかくすることで、鼻ニキビ跡が目立たなくなります。

皮膚科へのハードルが高い!と思われる方は、一度美容液で様子を見てみるのがオススメです!

⇒デコボコ肌用美容液公式サイト

まとめ

いかがだったでしょうか?

朝鏡を見てショックを受ける鼻ニキビ。

まず第一に気をつけなければいけないことは、常に清潔にすること!
出来てしまってからでは、なかなか治りずらいこともあるので、しっかりと心に刻んでおきましょう!

そして、今使っている化粧水から、鼻ニキビに効くEPCや大豆イソフラボン等が豊富に含まれているRemery(リメリー)などの鼻専用美容液に変えてみること。

これで、私のように、鼻ニキビのショックを受けることがなくなりますので、ぜひ試してみてくださいね。

Pick Up

Return Top