Beauty Charge

様々なスタイルから心と体に美しさをチャージ

なぜ移住者が多い?色々な角度から岡山の知られざる魅力を紹介!

image

3.11に起こった関東大震災以降、移住地としても注目され始めている晴れの国「岡山」。

田舎暮らしに憧れるオーガニック思考の人たちから「移住したい街」として人気の街でもあります。

「災害が少ない」「豊かな自然がある」「雨が少ない気候」などの理由から、岡山に移住を考えている人も多いようです。

なぜ岡山を移住地と選ぶ人が多いのか?岡山に住む事でどんなメリットがあるのか?を、地元が岡山の私が紹介していきます!

晴れの日が多く、災害が少ないって本当?

image

災害が少ない。原発がない。晴れの日が多い。

というイメージが強い岡山。

晴れの国というキャッチフレーズが付けられるほど、確かに晴れた日は多く、降水量の少なさは全国第3位

日照時間の長さは全国第14位(※2011年のデータ)と一番ではないものの、全国の中でも天候の良い日が多いという事は、系統的にも裏付けられています。

また、原発がないという点を見ても、岡山から一番近い原発は「島根原子力発電所」となり、距離にしても120㎞ほど離れています

では、災害が少ないという点はどうでしょうか?

確かに自然災害は少ないものの、まったく自然災害がないという訳ではありません。

地震の被害は少ないけれど、集中豪雨による水害に見舞われることもありますが、過去、そして近年の災害を他の土地と比較して「自然災害が少ない」というイメージが根付いているのです。

岡山での交通手段

岡山に移住したい。という気持ちに限らず、旅行したい!と思っている人にオススメしたい交通手段は「車移動」です。

518000

岡山にも電車やバス、新幹線が通っていますが、もし運転免許を持っているのならば、自家用車またはレンタカーでの車移動が一番快適です。

電車やバスの本数も少ないですし、また駅から目的地までが遠い事も…。
岡山に住んでいる人も車がなければ生活できないと言うほど、交通の便は悪い街であります。

運転免許を所持していない場合はタクシー、またはツアーなどで観光地を絞った旅をオススメします。

岡山市内ならともかく、中心地から外れてしまうと、さすがに車は必要かな?という環境なので、もし移住を考えているのならば、運転免許の取得も視野に入れておきましょう。

とはいえ、新幹線、飛行機も通っており、高速道路も県内に幅広く通っているので、関西はもちろん、九州にアクセスもしやすく、岡山空港から羽田、那覇、ソウルなどの定期便も運行しているので、車さえあれば、快適に過ごす事ができます。

岡山に泊まるなら?

市街にはビジネスホテルなどもありますが、少し離れた田舎へ観光に行く際は、事前の手配が必要です。

まずは岡山に泊まってみたい…。とお考えであるならば、旅館に宿泊するのがマスト

近年では格安宿泊施設のゲストハウスも増えているので、暮らしている雰囲気を味わいたい方は、古民家などを改造したゲストハウスに宿泊するのが良いでしょう。

ゲストハウスの宿泊者の層は様々で、地元民から移住してきた人、または移住を視野に入れて短期で宿泊している方など…。

色んな境遇を持っているので、岡山の暮らしについてリアルな意見を得ることが出来ると思います。

ゲストハウスは基本的に長期滞在も大歓迎な施設が多いので、1週間以上の滞在を予定している人にもオススメです。

 

農業はできるの?

image

岡山で暮らしながら、農業を始めてみたい!と思っている人も多いですよね。

岡山にはたくさんの田畑がありますが、初心者でも始めることができるのだろうか?と不安になるもの…。

岡山県では、県が農業を始めたい55歳未満の方を対象とした「農業体験研修」を行っています。

農家出身の方以外でも、農業に携わる仕事に就職できるようにノウハウを教えてくれる研修なので、この制度を利用して、岡山で農業デビューをしてみるのも良いですね。

岡山県担い手対策推進本部
http://www.okayama-ninaite.com/

 

岡山県美作市の上山地区にも、壮大な棚田があります。2007年に都市住民グループが手つかずとなっていた上山地区の再生をする活動を開始しました。

NPO法人 英田上山棚田団
http://tanadadan.org/

今では美作市の町おこしとして、農業体験も行っています。

 

自然な暮らしをしたいけど、農業なんてやった事がない!という方も、ぜひ「上山集楽」の体験を通じて、自然と生きるヒントを感じ取ってください!

実際のところ、岡山には田畑があるものの、手付かずな土地が増え後継者不足に陥っているので、都心から農業を志して移住してくる人を大歓迎している県とも言えます。

医療が充実している

岡山は医療、福祉も充実しています。

人口10万人あたりでみた病院数は、全国の政令指定都市と東京都区部と比較しても、第4位となる病院数です。

普通病院青

子どもの医療費助成制度も充実しており、健康保険に加入している子どもを対象に、岡山市に住所があれば小学校卒業まで通院医療費の負担。

中学校卒業まで入院医療費の負担を受ける事が出来ます。(※平成28年時点)

平均家賃が安い!

岡山市の民間貸家の平均家賃は安さ部門全国第8位です!

東京都区部を1として考えると約半分の水準となっています。

移住後、収入が下がるのではないか?と懸念している人も、家賃を抑えるメリットで、不安要素が拭えるのではないのでしょうか。

移住者大歓迎な姿勢がスゴイ!

490985

海と山があり、適度に栄えている中心部。そして自然豊かな市街地。原発からの距離や災害が少ないことから、3.11以降岡山に移住を希望する人が増加し、岡山は県をあげて「移住大歓迎」な姿勢をとっています。

岡山市に移住、定住を検討している人向けにサイトを立ち上げ、サイト内で移住に関する質問に答えたり、おためし住宅の提供や、移住希望者向けの岡山ツアーなども開催しています。

 

岡山移住の参考サイト

岡山に移住、定住するための情報サイト「おかやま生活」
https://okayama-life.jp/

NPO法人 いまここ
http://kibi-imacoco.org/wp/

 

また、高齢化に伴い過疎化が進む地域では、子育てにおける手厚い制度を独自に設けるなど岡山県の各市町村ごとに、様々な特色があります。

特に、外れの田舎になるほどウエルカムな姿勢で、過疎化が激しい岡山県新庄村では保育園料無料等も実施されています。

 

保育料・一時保育料の無料化制度を導入

新庄村 保育園
http://www.vill.shinjo.okayama.jp/

 

岡山市をはじめ岡山の各地域で独自の移住者受け入れ制度を設けています。もちろん、移住者だけでなく、定住者にとっても暮らしやすい街、岡山。

自然が豊かで原発から距離も離れているため、食の安全を重視している人にとっても、一定量の安心を得ることができます。

まとめ

2015年度の地方移住者数ランキングで5位にランクインした岡山は、田舎暮らしを希望している人の間でも、移住したい憧れの街となっています。移住者数が多いだけに、移住を検討している人にとっても心強い街なのではないでしょうか?

怒涛のように流れていく時間の中で、ゆとりのある生活を心のどこかで求めているのならば、「岡山暮らし」を考えてみてはいかがでしょうか。

暮らし方=生き方を変える事で、新しい価値観、自分を見つけてみてください。

Pick Up

Return Top