Beauty Charge

様々なスタイルから心と体に美しさをチャージ

食べるだけじゃない!オリーブオイルを使ったヘアパックでツヤ髪を手に入れる方法!

オリーブオイル

使い切れなかったオリーブオイルが、キッチンの引き出しに余って忘れ去られていたりしませんか?

それ、捨てるのはちょっと待った!

実は、オリーブオイルは食べる意外にも、美容にとっても効果的な使い方があるんです!

今回は、お金をかけずにキレイな髪を手に入れられる、オリーブオイルを使った美容法をご紹介します。

オリーブオイルの種類

オリーブオイルと一言に言っても、種類があり、それぞれ製造法、栄養分などが異なってきます。

  • ピュアオイル
  • エキストラバージンオイル

大きく分けてオリーブオイルにはこの2種類があります。

ピュアオイル

オリーブオイル炒め物

揚げ物などの加熱用に作られたのがピュアオイルです。

濾過や加熱などの化学処理をおこなった精製オイルに、バージンオイルを香りづけ程度に加えてつくられています。

そのため、高熱で調理する時に向いていますが、オリーブオイル特有の栄養価が損なわれているため、肌に塗ったりするのにはおすすめ出来ません。

エキストラバージンオイル

サラダ

一方エキストラバージンオイルは、オリーブの果実を絞り抽出したオリーブの果汁そのままのオイルのことをいいます。

濾過・加熱などの化学処理を行っていないオイルのため、香りが芳醇で栄養価が高いのが特徴です。

加熱すると発煙しやすいため、サラダのドレッシング用など、生食に向いています。

肌や髪に塗るなら、オリーブの栄養がたっぷりのエキストラバージンオイルが断然オススメです。

オリーブオイルの美容効果

オリーブオイル (2)

オリーブオイルは、油と言っても、オリーブから穫れた天然の100%オリーブジュースです。

そんなオリーブオイルには、アンチエイジングに効果絶大なたっぷりのビタミンEが含まれていて、とても強い抗酸化作用を持っています。

オリーブオイルを食べたときの効果

オリーブオイルは、食べて摂取すれば、肌に若々しいツヤを与え、さらに

オリーブオイルの抗酸化作用は、食べて摂取することで、

  • 老化を防ぐ
  • 細胞を若く保つ

などの効果が期待できます。

さらに、オリーブオイルの主成分であるオレイン酸が腸内の善玉コレステロールを増やしてくれるので

  • 便秘の解消

にも役立ちます。

オリーブオイルを塗ったときの効果

ビタミンEたっぷりのオリーブオイルを肌や頭皮に塗ってあげると、

  • 肌荒れの予防
  • 頭皮の毛細血管の血流がよくなる
  • 毛穴の汚れを浮かせて清潔に保つ

といった効果があります。

また、オレイン酸は保湿効果が高く、乾燥した髪をしっとりとまとめあげてくれます。

そんな効果から、オリーブオイルはヘアケアには最適の天然素材と言えます。

オリーブオイルでヘアパック

美髪

使い切れなかったオリーブオイルは、髪のスペシャルトリートメントに使ってみましょう!

はじめての時はオイルを髪に塗ることに抵抗を感じるかもしれません。

しかし、オイリーなベタベタ感よりも、しっとりとしたサラサラ感を実感出来るんです。

早速その手順を見ていきましょう!

オリーブオイルヘアパックのやり方

  1. 髪が乾いた状態で、オリーブオイルを手のひらにスプーン大で1杯ほどとり、両手で温めます。
  2. 毛先を中心に髪全体に馴染ませたら、手に残ったオイルを頭皮にもなじませていきます。
  3. 指先で頭皮を優しく揉みほぐすようにマッサージします。
  4. 蒸しタオルで髪の毛と頭を包み、約10分間お風呂の蒸気で温めます。
  5. あとは通常通りシャンプーをして、オイルを洗い流し、リンス等で仕上げます。

コツは、シャンプー後ではなく、シャンプー前にオリーブオイルを使う事です。

オイルっぽさが気になる方は、シャンプーを2回してもOKですよ。

オリーブオイルヘアパックの効果

オリーブオイルの主成分であるオレイン酸は、頭皮の皮脂汚れを溶かしながら浮かして洗浄しやすくしてくれますので、ベタつきを心配する必要はありません。

使い始めは効果が感じづらいという人も居ますが、使い続けていくうちに髪が柔らかくなっていくのを実感出来ますよ。

週1回程度のヘアパックがオススメです。

オリーブオイルを肌や髪に使う時の注意点

注意 (3)

次に、オリーブオイルを肌や髪に使用するときの注意点を紹介していきます。

顔のマッサージ使用の注意点

食用のエキストラバージンオリーブオイルは、化粧品用に精製されたオリーブオイルと違い、細かな目に見えないオリーブの成分が残されています。

そのため、顔のマッサージには肌を傷つける恐れがあるため、あまりおすすめ出来ません。

肌に食用のオリーブオイルを使用するときは、足や腕などのスクラブ効果が欲しい部分に使うと良いでしょう。

ニキビ肌への使用の注意点

また、ニキビがある時の肌へのオリーブオイルの使用は、アクネ菌を増加させてしまいますので、控えて下さい。

お風呂での使用の注意点

お風呂場でオリーブオイルを使うときは、足下がオイルで滑りやすくなっていますので、転倒に十分注意しましょう。

使用後は、ペーパー等で軽く床等のオイルをオフしてあげれば、掃除がしやすくなりますよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

油だからといって、オイルの食べ過ぎを気にしたり、髪や肌に塗るのを躊躇してしまうかもしれません。

しかし、人間の体と脳には、ある程度の油が必要で、良質な油を摂取してあげる事は健康と美容の維持に繋がります。

ぜひ、オリーブオイルを体の中からも外からも上手に使って、健康的なツヤツヤの肌と髪を手に入れて下さいね♪

Pick Up

Return Top