Beauty Charge

様々なスタイルから心と体に美しさをチャージ

身近な食材でオリジナルパック作り!体の中と外から素肌美人を目指そう

shutterstock_250216876

女性なら、いつまでも若々しくいたいものですよね。

デパートの化粧品売り場からドラッグストア、ネットショップまで、食材をはじめとする植物由来成分の効果をうたった化粧品が売られています。

しかし、市販の化粧品には、長期保存のためや商品の品質の安定性のため、保存料や香料、着色料といった化学物質が多く含まれているといいます。

化粧品に含まれる化学物質の中には、肌に蓄積されることで、肌のこわばりや黒ずみなどの原因になってしまうものもあるといいます。

今回ご紹介する手作りのパックは、保存料などを一切使うことなく、自分の肌にぴったりあった素材を選んで、新鮮なパックを作ることができます。

いつまでも若々しい肌を保つために、ビタミンたっぷりの新鮮な野菜やフルーツをパックと食事から取り入れることで、ヘルシーな素肌美人を目指していきましょう。

食材を使ったナチュラルパックの効果とは?

shutterstock_410979553

手作りだからこそ保存料を一切含まない「ナチュラルパック」。

保存料を使用しないことで肌への負担を減らすことができ、あなたの肌の悩みに合わせたスキンケアを行うことができます。

ここからは、ナチュラルパックの効果についてご紹介していきます。

野菜や果物などの食材が持つパワーで素肌力をバックアップ

野菜や果物などの食材に含まれるビタミンやミネラルなどの成分が、代謝や血液循環を促してくれ、肌自身の力で美しく潤う手助けをしてくれます。

他に、野菜や果物に含まれる酵素は、肌の角質を柔らかくしてくれ、毛穴からの栄養分の吸収を助けてくれます。

思い立ったときに、いつでもすぐに作ることができる

冷蔵庫の中にある身近な食材で作ることができるナチュラルパック。

特別な材料を買いに行かなくても、思い立ったその日にすぐに作ることができます。

化学物質を使用しないため、肌に優しい

保存料、香料、着色料といった化学物質は一切使わないため、肌への負担を最小限におさえることができます。

保存料を使用しないため保存がきかないので、パックは作ったその日に使い切るようにしてくださいね。

自分の肌の悩みにぴったりのパックを作ることができる

季節や体調などによって肌のコンディションは変化します。

あなたの今の肌の状態にあった材料を選び、あなたにぴったりのパックを作ることができます。

手作りだからこそ、あなたの肌の悩みや肌質にあわせた材料を選ぶことができます。

ナチュラルパックの効果的な使い方

shutterstock_390137293

身近にある食材を利用し、肌に優しくオリジナルなパックを作ることができるとお伝えしてきました。

ここからは、ナチュラルパックの効果的な使い方についてご紹介していきます。

効果的なナチュラルパックの使い方

オリジナルパックの効果を最大限に実感していただくためにも、今からご紹介するナチュラルパックの使い方をぜひチェックしてみてくださいね。

洗顔して化粧をしっかり洗い落とす

手をきれいに洗い、クレンジングフォームを手でよく泡立て、顔全体に泡をつけてください。

泡の上から手で円を描くようにして汚れを落とし、ぬるま湯ですすぎます。

化粧水で肌のキメを整える

コットンに化粧水をたっぷり含ませ、軽くたたくようにして顔全体につけます。肌が敏感な目の周りや唇には、アイクリームやリップクリームをぬっておくと、パックの刺激が緩和されますよ。

蒸しタオルで毛穴を開く

ナチュラルパックの成分が最大限肌に吸収されるように、パックをする前の洗顔後、蒸しタオルで毛穴を開いておくことをオススメします。


CHECK!蒸しタオルでの毛穴の開き方
1.タオルを水につけて絞り、電子レンジで30秒〜1分加熱する。

2.熱くない程度の温度に冷まして細長く半分に折り、タオルの中心をおでこの上にのせ、両側を斜めに折って頬からあごまでを覆う。

3.この上から指先で顔を押してマッサージをする。


肌の温度が低い部分からパックをぬる

shutterstock_291555119

パックを目や唇の周りを避け、顔の中心から外側に塗ります。

また、ナチュラルパックは、冷たく乾くまでに時間がかかるので、肌の温度の低い部分から頬、あご、鼻、おでこの順にぬり、温度変化による刺激をできるだけ少なくするようにしてくださいね。

顔にパックをぬる時にスキンケア用シートマスクを使うと、肌への刺激が緩和され、落とす時も楽になります。

シートは水に濡らしたあと水気をしっかり絞り、顔に広げてからパックを塗ってくださいね。

約15分そのままキープ

パックをつけた後は、15分ぐらいそのまま置いてください。

敏感肌の人は刺激を受けやすいため、10分以内を目安にしてください。

それ以外の人の場合でも、あまり長くつけっぱなしにすると食材の成分の酸化がはじまってしまうため、20分以上置かないようにしてくださいね。

パックをきれいに洗い流す

shutterstock_440166898

ぬるま湯でパックを洗い流します。

成分を残さないようにキレイに洗い流したあと、最後は冷たい水ですすぎ毛穴を引き締めます。

パックを洗い流し化粧水で保湿する前に、スチームタオルと同じ要領で冷やしたタオルを顔にのせてマッサージするようにしてください。

そうすることで、毛穴がしっかり閉じ肌の弾力がさらに向上します。

20〜30分肌を休ませてから保湿

洗い流したあとは、20〜30分ほど何もつけずに肌を休ませてください。

その後、いつもよりたっぷりの化粧水で保湿するようにしてくださいね。

お悩み別ナチュラルパックレシピ

shutterstock_413655883

ここからは、お悩み別でナチュラルパックのレシピをご紹介していきます。

あなたのお肌のお悩みは何でしょうか?

今回は、 「乾燥肌」「オイリー肌」「肌のくすみ」が気になる方向けのレシピをご紹介していきます。

最後には、目元の衰えが気になる方向けに「アイマスク」のレシピもご紹介していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

牛乳はちみつパックでしっとり肌へ

shutterstock_111115220

しっかりスキンケアをしてるんだけど、顔がカサカサしてつっぱった感じがする・・・。

季節の変わり目に、そう感じる方も多いのではないでしょうか?

そんな方におすすめしたいのが、『牛乳はちみつパック』です。

牛乳はちみつパックは水分が多いため、パック液にそのままシートマスクを浸して使用してください。

牛乳には油分が多いので、ニキビのできた肌には避けるようにしてくださいね。


材料

  • 牛乳 大さじ4〜5
  • はちみつ 大さじ1

作り方
1.鍋に湯を沸かして弱火にし、瓶などに入れたはちみつを入れる。

2.約30分湯煎にかけ、冷ます。

3.牛乳は小鍋に入れて火にかけ、人肌にあたためる。

4.それぞれの食材をよく混ぜ合わせる。


にんにくはちみつパックで美白に!

shutterstock_473153968

にんにくは、肌の新陳代謝を促してくれ、殺菌効果に優れた食材です。

メラニン色素を肌の外に排出させ、たまった角質を除去してくれますので、肌の透明感がアップしホワイトニング効果があります。

『にんにくはちみつパック』は、冷蔵庫で1週間〜10日ほど保存することができますので、数回分まとめて作ることができます。


材料

  • にんにく 2〜3片
  • はちみつ 1/2カップ

作り方
1.にんにくは皮を向いてきれいに洗い、水気をよく拭いて薄切りにする。

2.煮沸消毒した瓶にはちみつと1のにんにくを入れ、ふたをして約30分湯煎する。

3.涼しい所に3日ほど置き、はちみつににんにくの成分が浸透したら完成。

使い方
1.にんにくはちみつパックは、はちみつの部分をパック用のはけにとり、顔全体に塗り広げる。

2.鼻の部分に切り込みをいれたラップかスチームタオルをかぶせ、指先で軽く顔全体をマッサージをする。

3.約10分後にぬるま湯できれいに洗い流し、最後に冷たい水で毛穴を引き締めることで、見違えるほどやわらかな肌になります。


はちみつレモンパックでさらさら肌に!

shutterstock_156284285

朝はしっかりとお手入れしたのに、夕方にはテカリや化粧浮きが・・・。

化粧崩れ知らずな、さらさらな肌になりたいですよね!

そういう方におすすめしたいのが、『はちみつレモンパック』です。

はちみつレモンパックは、レモン汁とベーキングパウダーが反応してできた泡が、肌にたまった余分な皮脂をすっきり洗浄してくれ、肌を清潔に保ってくれます。

はちみつを加えているので、仕上がりはつっぱらずしっとりとします。

週に1〜2回はちみつレモンパックを行うことで、効果がさらにアップしますよ。


材料

  • レモン汁 小さじ1
  • はちみつ 大さじ1
  • ベーキングパウダー 大さじ1

※レモン汁はたくさん入れすぎると刺激になって顔がひりひりすることがあるため、必ず分量を守ってください。

作り方

  • ボウルにすべての材料を入れてよく混ぜる

ひんやりアイパックですっきり目元に!

shutterstock_311270519

目の周りのむくみや、目元のシワやたるみが気になる・・・。

そんな時には、すぐに作ることが出来るアイパックがおススメです。

冷蔵庫で冷やしたローズウォーターか日本酒、またはワインをコットンに含ませ、目の上にのせた後マッサージするだけで目元がすっきりしハリが出ます。

使い方
1.保湿効果が高く目の疲れをとると言われるローズウォーターか、血行を促進する効果のある日本酒か赤ワインのどれかを冷蔵庫で冷やしておき、コットンを浸します。

2.コットンを2枚に割いて両目の上にのせ、軽くマッサージを行い、約5分そのまま置いてください。

3.日本酒か赤ワインを使った場合は、成分を水で軽く洗い流し、化粧水で保湿するようにしてくださいね。

マッサージの仕方

コットンをのせたまま、目尻、目の下の骨のあたる部分、目頭、目の上の骨のある部分の4カ所を、小指で順番にゆっくりおさえていきます。

これを数回繰り返してください。

まとめ

いかがでしたか?

今回ご紹介したナチュラルパックだけでなく、ビタミン豊富な野菜や果物も毎日の食事に取り入れてみてくださいね。

体の外からだけでなく体の中からも、スキンケアを行って素肌美人になっちゃいましょう。

——————————————————————————

今回の記事は下記の書籍を参考にさせていただきました。
野菜やフルーツの力で美肌に! キッチンで作るナチュラルパック

Pick Up

Return Top