Beauty Charge

様々なスタイルから心と体に美しさをチャージ

海外旅行前に必ずチェック!忘れずに準備しておくべき7つの重要事項

shutterstock_183037556

海外旅行前は、テンションがあがって脳内旅行が始まったり、楽しみすぎて浮かれたり…といろんなものそっちのけで超ハッピーになっちゃう方が多いはず。

そんな旅行前のハッピー時期に見落としがちな「すべきことリスト」をチェックしておきましょう。

今回は現地でのあなたの安全を守るものを中心に、実体験ベースでお伝えします。

忘れないで!パスポートのコピー

shutterstock_409679293

案外忘れがちなものの1つ。

パスポートは写真のページを必ず印刷して、スーツケース等に保管しておきましょう。

パスポートは海外滞在中の唯一の身分証!

日本国内にいると、運転免許証や保険証など、身分を証明できるものはたくさんありますよね。

ですが、海外に行くと状況は異なってきます。

あなたの身分を証明できるものはパスポートしかないのです。

shutterstock_342428882

万一カバンごと盗難に合った場合など、海外でパスポートを紛失してしまうとあなたの身分を証明できるものは一切無くなってしまいます。

国によっては警官が街中を巡回しているところもあり、そこで質問を受けた場合「不法滞在者」とみなされたり、お店でお酒が買えなくなったり…と不都合ばかり生じます。

そんな時のために、カラーでもモノクロでも構いませんので、コピーは必ず持っておきましょう。
2枚くらいあれば十分だと思います。

スマホやPCなどにスキャンして保存しておくのも有効ですよ〜!

コピーを持っておくのはもちろんですが、外出の際に部屋の中に置きっ放しにしない、バッグの中でも外からわかりにくい場所にしまっておくなど、自分でできる防犯対策をしておきましょうね。

複数枚あれば安心!クレジットカード

shutterstock_410714692

海外旅行時、クレジットカードを持って行く方は多いと思います。

ですが、国によってメジャーなブランドが異なっています。

たとえば、日本全土で使える「JCB」はヨーロッパではほぼ使えなかったです。

旅行地に関係なく強いのは「MasterCard」と「VISA」

これまでアジアやヨーロッパなどに行きましたが、間違いなく使えたのが上記2ブランドでした。

「MasterCard」「VISA」の2枚を用意しておけば、安心ですね。

現地ATMでキャッシングもできる!

shutterstock_401897728

「MasterCard」と「VISA」で旅行先のATMから現地通貨を引き出すこともできますよ。

これなら、現地通貨が足りなくなっても、銀行に行かずとも現地通貨を手に入れることができます。

私のカード使える?カード裏面をチェックしてみよう

「MasterCard」と「VISA」を持っていたとしても、現地ATMが使えるカードと使えないカードがあります。

チェックは簡単。

お手持ちのカードの裏面に「Cirrus」または「PLUS」というロゴがあればOK!

shutterstock_258576392

「Cirrus」は「MasterCard」の運営、「PLUS」は「VISA」の運営ですので、「MasterCard」と「VISA」のカードをお持ちの方なら、ほぼ間違いなくカード裏面にどちらかのマークがプリントされているはずです。

ちなみに、「Cirrus」や「PLUS」のロゴがカード裏面にあれば、「MasterCard」や「VISA」のカードではなくても現地でATMが使えますよ。

ATMってどうやって使うの?

shutterstock_313150349

海外のATMを使うのって、なんだか緊張しますね。

実はオンラインでシミュレーションができますので、心配な方はシミュレーションしておきましょう。

CHECK!「Cirrus」マークのあるカードのATMシミュレーション
http://www.mastercard.co.jp/

CHECK!「PLUS」マークのあるカードのATMシミュレーション
http://www.visa-news.jp/

海外旅行におすすめのクレジットカードをご紹介!

shutterstock_410250259

せっかくなら、「MasterCard」と「VISA」のカードを持っておいたほうがいいかな?と感じたあなたにおすすめのクレジットカードをご紹介。

筆者おすすめクレジットカード①「Mileage Plus セゾンカード」

アメリカの航空会社・ユナイテッド航空のマイレージが貯まるクレジットカード。
「VISA」・「Mastercard」両ブランドともに申し込み可能です。


メリット

  • 海外旅行保険が「自動付帯」!
  • マイルやポイントのキャンペーンが頻繁にある
  • 実質、マイレージ有効期限なし!

など、お得なカードです。

ユナイテッド航空は、世界でも加盟航空会社が多い航空連合「スターアライアンス」に所属しています。

貯まったマイルを数多くの航空会社で利用できる(マイルを特典航空券に交換できる)ので、旅行好きさんには特にお得ですよ!

また、マイルの期限がないので、マイペースにこつこつマイレージを貯めることができます。

私も日頃このカードに大変お世話になっていますが、特に「このカードを持っていてよかった!」と感じたのは、海外で怪我をした時のこと。

このカードの付帯保険だけで、後日通院費や薬代などをカバーできましたよ。

⇒Mileage Plus セゾンカード公式サイト

筆者おすすめクレジットカード②「TSUTAYA T-POINT PLUSカード」

普段利用する方も多いであろう、ツタヤのカードにクレジット機能が追加されたカード。「VISA」と「JCB」ブランドで申し込み可能です。


メリット

  • 年会費無料!
  • レンタル更新費用や更新手続き不要!
  • 利用で「Tポイント」が貯まる!
  • TポイントはYahoo!ショッピングで利用できる♪
  • JCBでカードを作っても、カード背面に「Cirrus」マークをもらえる

気づいたら貯まっている「Tポイント」でYahoo!ショッピングでお買い物ができてとても便利です。

また、海外滞在時「VISA」カードを持ってくるはずだったのにJCBで作ったこのカードを間違えて持ってきた時も、現地ATMが使えたので安心しました。

ツタヤをよく利用される方で、海外旅行時にクレジットカードを利用したい方は作っておいてまず損はないでしょう。

⇒TSUTAYA T-POINT PLUSカード公式サイト

海外旅行保険、入りましたか?

shutterstock_376209520

海外での病気や怪我、交通事故に遭うなんて想像したくないですよね。

国によっては、入院しただけで数百万の請求がくるところもあります。

心配な方は、あらかじめ海外旅行保険に入っておきましょう。

筆者おすすめ海外旅行保険①「新・海外旅行保険【off!】」

損保ジャパン日本興亜の海外旅行保険です。

出発当日も申し込みOKなフレキシブルな保険で、個人だけでなく家族やカップル用プランもありますよ。

一部の保険内容を家族やカップル間でシェアできるため、個人で手続きするよりも家族やカップルでまとめて申し込みした方がお得に。

家族・カップル旅行を考えている方におすすめですよ。

⇒新・海外旅行保険【off!】公式サイト

筆者おすすめ海外旅行保険②「AIU 海外旅行保険」

AIU海外旅行保険のサービスです。

なんと、持病を持っている方や妊娠中の方でも保障される海外旅行保険です!

現地でのトラブル対応時に心強い「24時間日本語対応」も。

語学に自信がない方でも、もしもの時の不安が軽減されて助かりますね。

⇒AIU 海外旅行保険公式サイト

【外務省】海外安全ホームページ情報の確認・情報登録はマスト

海外安全ホームページ画像

日本の外務省が提供している海外安全に関するサービスです。

⇒海外安全ホームページ(外務省)

このページで、滞在先の安全情報はもちろん、各国の日本大使館・領事館の住所や連絡先を知ることができます。

どんな国に行く時も、必ず事前に情報を確認しておくことをおすすめします。

犯罪に巻き込まれた、パスポートを紛失してしまった、などの緊急事態を想定し、現地の日本大使館・領事館の住所と電話番号をスマホに登録しておくといいでしょう。

外務省オフィシャルスマホアプリ「海外安全アプリ」もありますよ。

⇒Android用ダウンロードページ

⇒IPhone用ダウンロードページ

「たびレジ」に登録しておこう

たびレジホームページ画像

「たびレジ」とは、海外安全ホームページからアクセスできる、海外旅行者情報登録ページです。


  • 氏名
  • メールアドレス
  • パスポート番号
  • 滞在先住所、電話番号
  • 海外滞在中の国内連絡先

などの情報を登録できます。

あなたに万が一のことがあった場合に、いち早く国内の家族に連絡される、現地で地震が起こったり、天気が大荒れした時、デモなどが起こった時など、あなたが登録した連絡先に災害情報が入る、など便利なサービスです。

こちらも、渡航する前に登録しておくといいでしょう。

私も海外滞在中に大規模な停電や洪水被害に遭ったことがありますが、その時も領事館の方が私のスマホアドレス宛てに最新の情報を送ってくださっていました。

突然の出来事で不安だった中、とても心強かったですよ!

⇒たびレジホームページ

Eチケットはコピーして家族にも渡しておこう

shutterstock_245348077

渡航時に必ず必要になるEチケット

パスポートと同じく、コピーをみなさん何枚か印刷されると思います。

印刷した分は家族にも渡しておきましょう。

近頃は海外で物騒な事件も増えています。

ご家族の方もきっと心配されていますので、全員とまではいかなくても、ご家族のどなたか1人には渡しておくといいでしょう。

「いまここにいるんだな」「いま飛び立ったとこかな」と、ご家族の方が少しでもあなたの渡航スケジュールを把握できるようにしておきましょう。

私の家族はEチケットのコピーを渡してもなくしてしまうことがあるので、テレビ横の壁にコピーを貼ってから出発しています。

ばらまき系お土産はフライングゲットできる!

shutterstock_117887353

海外でお土産を大量に買って困っちゃった苦い体験、味わった方も多いかもしれませんね。

帰りの空港での荷物重量オーバーも怖いです。

職場に家族に友人、ご近所のあの人…と、お土産の対象が多い方におすすめなのが、「お土産通販」!

出発前、時間がある日にネットで現地のチョコレートとかクッキーなど日持ちするものをネットで購入しておくのがおすすめです。

お菓子などばらまき系のお土産は現地で買うと安くていいのですが、かさばるし、重たいんですよね…。

空港でスーツケースが重量オーバーした際は1kg単位で1,000円以上取られることも

格安航空会社だともっと高く設定している航空会社もあります。

現地で買うよりも若干割高にはなりますが、このような通販サービスを検討してみるのもおすすめです。

現地での荷物の軽量化はもちろん、お土産を選ぶ時間もカットできるので、現地の旅行時間をより有効に使えますよ。

スーツケースの中身、大丈夫?

shutterstock_315068609

スーツケースの中にうっかり貴重品を入れてしまい、盗難に遭う方がいます。

荷物をパッキングする際、なくしたら困るものや高価なものが入っていないか、必ず空港で荷物を預ける前にチェックしておきましょう。

空港で預けたスーツケース内の大切なアクセサリーがなくなっていた!現金がない!デジカメがなくなっている!など盗難被害に遭った方を知っています。

また、信じられないことですが、一時期海外の某空港で空港スタッフが組織的にスーツケースの中から旅行客の持ち物を盗んでいたことが明らかになっています。

さらに、「ロストバゲージ」といって、空港のトランジット時間の短さやトラブルにより、預けたスーツケースが到着空港に届かないケースもあります。

そのようなケースを想定して、必ずなくしたら困るものやブランド品などは絶対!スーツケースに入れないようにしておきましょう。

まとめ

shutterstock_315068609

海外旅行前に気をつけておきたい重要なポイントを7つご紹介しました。

あまり明るくない内容だったかもしれませんが、海外では何が起こるかわかりません。

海外旅行をフルに楽しむためにも、出発前にできる対策はしておいて損はありませんよ。

十分に対策をして、海外旅行を楽しんできてくださいね!

Pick Up

Return Top