Beauty Charge

様々なスタイルから心と体に美しさをチャージ

唾液が若返りの鍵!成長ホルモン「パロチン」の効果と量を増やす方法

shutterstock_429881893

いつまでも健康的に生活するには、体の若々しさを保つ事がとても大切です。
しかし、加齢によってどうしても体は老化してしまいます。

そのため、アンチエイジングをうたった商品が世の中に溢れていますよね。

実はサプリメントなどに頼らず手軽に老化を防止する方法があるのです。

それが、唾液の分泌です!

唾液にはパロチンという成分が含まれているのですが、この成分が体に嬉しい働きをしてくれるんです。

そこで今回は、パロチンとは一体何なのかその効果と増やす方法をお伝えします。

パロチンって何?

パロチンとは、耳下腺から分泌される唾液腺ホルモンです。

簡単に言えば、唾液に含まれているホルモンの事を指します。

ホルモンには、様々な種類がありますが、パロチンは体の若返りに重要な働きを持っている成長ホルモンに分類されます。

成長ホルモンとしてのパロチンの働き

shutterstock_162611567

それでは、成長ホルモンとは一体、人間の体の中でどのような働きをしているのでしょうか?

成長ホルモンは「若さのマスターホルモン」という異名を持っており、その名の通り体の老化を防止する役割や細胞や組織の成長を促進する働きを担っています。

成長ホルモンの具体的な働きには以下のようなものが挙げられます。


  • 骨や歯の形成を促進する
  • 筋肉量を増やす
  • 体脂肪の分解を促進する
  • 細胞の生まれ変わりを促進する
  • 肌にハリやツヤを与える
  • 体の中のバランスを整える
  • 免疫力を強化する
  • 内臓の機能を正常に保つ

働きをみて分かる通り、成長ホルモンは美しさと健康を維持するためには欠かせない物質なんですよ。

パロチンの効果

パロチンは成長ホルモンの中でも、特に


  • 骨や歯の再石灰化を促す
  • 細胞の生まれ変わりを促進する
  • 粘膜や毛髪の健康を保つ
  • 美肌を維持する
  • 内臓の働きをよくする

などの働きがあると報告されています。

骨は姿勢を保つだけではなく、血液を作り出す工場としての役割も担っています。

パロチンによって骨が健康的になると、血液の循環もよくなるんですよ。

つまり、パロチンをたくさん分泌させる事で、代謝や新陳代謝がよくなり、美と健康の両方を手に入れる事ができるのです。

パロチンは加齢によって減少する

shutterstock_218870788

しかし、ここで気をつけなければならないのが、パロチンが加齢によって減少の一途を辿ってしまうという事実です。

赤ちゃんはたくさん唾液が出ますが、高齢の方はお口の中が渇きがちですよね。

年をとればとるほど唾液の分泌自体が減少し、パロチンの分泌も必然的に減ってしまうのです。

成長ホルモン全体として考えると、10代が分泌のピークとなりその後減少していき、40代では分泌量が約半分にまで低下すると言われています。

体の老化を防止するためには、積極的に唾液の分泌を促進する事が大切なのです。

あなたの唾液は大丈夫?唾液チェックをしよう

ここで気になるのが、今の自分はしっかりと唾液が出ているかどうかだと思います。

唾液には、


  • サラサラ唾液
  • ネバネバ唾液

の2種類が存在します。

では、この2種類の唾液はどんな時に分泌されるのでしょうか。

ネバネバ唾液は要注意

shutterstock_263104373

糸を引くようなネバネバした唾液が出ている方は要注意です。

唾液の分泌量が減っている上に、心身のストレスが強い状態になっています。

ストレスを強く感じると体を緊張状態にさせる交感神経が活性化され、ネバネバした唾液の分泌が多くなります。

さらに唾液全体としての分泌量が減ってしまうので、パロチンの分泌も低下しています。

サラサラ唾液を目指そう!

shutterstock_225967027

健康的な唾液の状態はサラサラとした唾液です。

体がリラックス状態になって副交感神経が活性化するとサラサラとした唾液が分泌されるようになり、唾液全体の量も増加します。

パロチンを増やすためには、リラックスしてサラサラ唾液を出す事が大切なのです。

パロチンを増やす方法

shutterstock_296458922

パロチンを増やして体の老化を防止するためには、前述した通りサラサラ唾液を増やす事が何より大切です。

そのためには、


  • しっかりと噛む事
  • 耳下腺をマッサージする事

の2つの方法が効果的です。

しっかり噛んで唾液を出す

サラサラ唾液をたくさん出すための一番シンプルな方法が「よく噛む事」です。

食事の時にしっかりと食べ物を噛んで食べるだけで、アンチエイジングする事ができるのです。

噛んでパロチンをたくさん出す時のポイントは、


  • 一口食べる毎に30回噛む
  • 両方の奥歯を均等に使って噛む
  • ガムを噛む

の3つです。

マッサージをして唾液を出す

パロチンはマッサージによっても増やす事ができます。

ストレス過多になっていたり、歯を食いしばる癖がある人、歯ぎしりの癖がある人は耳下腺が緊張してサラサラ唾液が出にくくなっているので、マッサージをしてあげる事で、唾液が出やすくなります。

耳下腺マッサージの方法は、以下の通りです。


1.耳たぶの前、上あごの奥歯の周辺に耳下腺があります。

2.親指以外の4本の指を左右の耳下腺周辺に当てます。

3.前に向かって押しながら、くるくると円を描くようにマッサージします。

4.10回を目安にマッサージしてください。

 

パロチンと同じ働きをする物質がある!

最後に噛む事もマッサージする事も面倒臭い!という方におすすめの方法をご紹介します。

実はパロチンと同じ働きをする物質が世の中に存在しています。

その名も「類パロチン」です。

類パロチンはパロチンと同じような形をしているため、体内でパロチンと同様の効果を示してくれるんですよ。

類パロチンが含まれる食品

shutterstock_493333390

類パロチンが含まれている食品が、ローヤルゼリーです。

ローヤルゼリーは、ミツバチが花粉などを体内に入れて消化分解した後に分泌する液体です。

ローヤルゼリーは女王蜂しか食べられない貴重な物質ですので、少し高価ですが、類パロチン以外にも健康や美容に効果的な物質がたくさん含まれているので、アンチエイジングにもってこいの食材なんですよ。

まとめ

私が一番おすすめする方法は、食事の際にしっかりと噛んで唾液を出す事です。

噛む事でパロチンを増やせますし、脳の老化防止や満腹中枢を刺激して食べすぎを防止する効果も得られます。

成長ホルモンであるパロチンは体全体の健康の維持にとても大切ですので、ぜひサラサラ唾液を目指して噛むトレーニングをしてくださいね。

Pick Up

Return Top