Beauty Charge

様々なスタイルから心と体に美しさをチャージ

シーンによって使い分けたい♡香水の種類やつけ方、注意点について

香水

  • パルファム
  • オードトワレ
  • 練り香水

・・・etc

あなたは普段どんなアイテムで香りを楽しんでいますか?

今回は、数多くある香料の種類別に、香り成分の配合率、持続時間などについてご紹介します。

香料の特性をしっかりと把握し、シーンによって使い分けて“香り上手”になってみませんか?

香水の種類

香水 (5)

それではさっそく、香水の種類別に特性を見ていきましょう。

パルファム

まずは、一番、香りの強い、「パルファム」

香料は15〜30%と最も多く配合されています。

約5〜7時間持続しますので、朝つけても昼過ぎまでしっかり香っています。

香りが長持ちする分、周りへの影響も強いので、仕事や食事に出かける際は

  • つける量
  • 場所

に充分注意しましょう。

オードパルファム

次に配合量の多いのが「オードパルファム」

程よい持続時間で人気が高く、近年では、多く発売されています。

香料の配合量は、7〜15%と、香水に比べてやや低めですが、約4〜6時間持続するので、こちらも使い方に注意したいアイテムです。

オードトワレ

更に配合量が控えめで、気軽につけられるのが「オードトワレ」

その使いやすさから、多く販売されております。

香料の配合量は5〜10%で、持続時間は約3〜4時間ほどなので、気軽に使えるのが特徴です。

ただし、配合量が少ないからと思い、たくさんつけてしまうと香りが立ちすぎてしまうので、つける量には注意しましょう。

オーデコロン

香料の配合量が少なく、周囲への影響が少ないのが「オーデコロン」

香料の配合量は2〜5%と低く、持続時間も約1〜2時間というとてもライトなアイテム。

仕事や食事に行く際も、使いやすいのが特徴です。

練り香水

持ち運びに便利な、練り香水も根強い人気。

パルファムを始め、上記に挙げた種類は、エタノールと保留剤に香料を配合したものですが、練香水は、油性成分に香料を配合したもの。

液体でないので、小さなアルミのパッケージに入っているものが多く、化粧ポーチにいれて持ち歩きやすいアイテムです♪

香料の配合量は5〜10%で、持続時間は1〜2時間ですが、周囲への影響はほとんどなく、自分だけで香りを楽しみたい時におススメです。

その他の香りアイテム

香水以外にも、生活の中には、よい香りを施したアイテムが多くあります。

香水と香りがぶつからないように、意識して使用しましょう。

サシェ

香りラベンダー

香りを放つハーブやドライフラワーを小さな袋につめた「サシェ」

衣類やランジェリーのケースに置いておくことで、ほんのり香りがつきます。

DIY好きの女性の中には、サシェを手作りする人も。

お気に入りのハーブを見つけて自分に合ったサシェを作ってみては?♡

シャンプーなどのヘアケア製品

シャンプー

  • シャンプー
  • コンディショナー
  • ヘアオイル
  • ワックス

など、ヘアケア製品にも、しっかり香りが配合されています。

朝シャン派の人は、午前中はわりと香りも残りやすいので、香水とぶつからないように心がけましょう。

香り系柔軟剤

柔軟剤

そして、近年香りの成分を配合させ、着実に市場を拡大させている「柔軟剤」

洗い立てであれば、香水をつけない日でも、ふわっと香りを楽しむことができるほど。

たくさんある商品の中から、お気に入りの柔軟剤を見つけてみてはいかがでしょうか。

香水のつけ方

香水は、基本的に1〜2プッシュがよいといわれていますが、つける場所によっても、香り方に違いが出てきます。

つけ方も一緒にチェックしておきましょう。

耳の後ろにつける

香水耳の後ろ

  • 体温が高い
  • 鼻に近い

ため、香りを強く楽しめるのが耳の後ろ

しかし、周囲にも伝わりやすいので、つけすぎには注意しましょう。

手首の内側つける

香水手首

手を動かすたびにふわっと香りを楽しめるのが手首の内側

耳の後ろとともに、ポピュラーな箇所です。

こちらも香りが伝わりやすいので、つけすぎに注意しましょう。

足首につける

足

足首だけにつけるのも、ほのかな香りを楽しめる方法です。

鼻に遠い分、香りを感じにくいので、“通り過ぎた時にふわっとほのかに香る”程度の品のよさが魅力。

香りのトンネルをくぐる

香水 (2)

あまり強く香らせたくない時は、

腰〜足くらいの高さで、1プッシュしてそこを通って香りをつける「香りのトンネル」

がオススメです。

下半身は鼻に遠いので、香りが柔らかく感じられ、あらゆるシーンに対応しやすいのが特徴。

衣類へのシミに注意しながら少量をくぐるのがポイントです。

香水の注意点

次に、香水についての注意点について紹介していきます!

食事や仕事など、使用するシーンに注意する!

食事ワイン

食事の場では、強すぎる香りはマナー違反

味がわかりにくくなってしまい、周囲のお客様にもシェフにも迷惑をかけてしまいますので、

  • 足首に少量だけつける

など、使う場所や量に注意を払いましょう。

また接客業でなくても、オフィス内など、仕事中は嫌がられることが多いです。

そのため、

  • 練り香水

など、自分だけ楽しめる程度の香りにとどめておくと、不快な印象を与えなくてよいでしょう。

持ち運びにはアトマイザーがオススメ!

仕事のあとにデートが控えている日などは、香水を持ち歩ける「アトマイザー」が便利です。

15ミリ径の無地光沢シルバーのメタルケース仕様の外観は、シンプルな機能美を感じる逸品です。

Amazonサイト

小さな瓶にお気に入りの香水を詰め替えて、上手にアフターを楽しんで♡

冷暗所に保管する!

香水 (3)

香水は、

などに弱いので、直射日光が当たらない冷暗所にて保管することをオススメします。

使用期限を守る!

香水 (4)

化粧品と同じく、香水にも使用期限があります。

  • 未開封状態では3年
  • 開封後は1年

で使いきるように心がけましょう。

まとめ

女性たるもの、常にいい香りを纏っていたい。

しかし、香りすぎは要注意。

つけるシーンや量に充分配慮して、あなたをステキに演出する香りを楽しんでください♡

Pick Up

Return Top