Beauty Charge

様々なスタイルから心と体に美しさをチャージ

愛するペットとの別れから抜け出せない・・・。「ペットロス症候群」の症状と克服する方法!

shutterstock_376078513

犬や猫など、動物をペットとして迎え入れる家庭が増えている一方、いつかは訪れる「別れ」。

家族や恋人、仲のいい友人を亡くしたときに悲しさや寂しさ、悔しさなど様々な感情を抱き、落ち込むように、ペットを亡くしたときもそのような感情が込み上げ、気分が沈んでしまいますよね。

どんな人、どんな動物でも残念ながら、生命には必ず「死」が訪れます。死という別れに直面し、気分が沈み込んでしまう日々が続くのは当たり前の感情です。

そこで今回は、「ペットロス症候群」の症状、そして克服する方法についてご紹介します。

ペットロス症候群とは?

家族同様に愛していたペットの死でショックを受け、無気力になってしまう症状が長引いたり、私生活に支障をきたすほど重度な症状が表われることを「ペットロス症候群」と言います。

ペットと生活している人が増える中で、この「ペットロス症候群」に悩まされている人も増加しているのです。

ペットロス症候群の主な症状は?

shutterstock_302205851

愛するペットを亡くしたショックでおこる「ペットロス症候群」の主な症状は


  • 何もやる気が起こらない無気力感
  • 不眠や食欲不振
  • 関心や興味がわかない
  • 自分を責めてしまう

など、うつ病のような症状が生じます。

不眠や食欲不振も代表的な症状ですが、逆に過食や過眠に走ってしまうケースもあるようです。

正直に言うと、このような症状は正常な反応ですし、病気ではありません

しかし、何ヶ月経っても改善しなかったり、私生活や社会生活に支障をきたしており、自分で抜け出す方法が見いだせない場合に「ペットロス症候群」と診断されます。

ペットロス症候群に陥りやすい人の特徴

shutterstock_401837899

長期化する重度のペットロス症候群に陥りやすい人には共通の特徴があります。

最大の特徴として「ペットへの依存心」が挙げられます。

「依存」と聞くとネガティブなイメージをしてしまいますが、ここでいう依存は、ぺットを我が子やパートナーのように可愛がっている人のことを言います。

ペットロスが重症化しやすい傾向にあるものの、心から愛していた証でもあるのです。

だからこそ、亡くなったときのショックも大きくなるのです。

その他にも


  • 罪悪感を抱きやすい性格の人
  • 自分の気持ちを上手く表現できない人
  • プライベートで気持ちを打ち明けれる相手がペットしかいない人

のような方が、ペットロスが重症化しやすいと言われています。

ペットロス症候群の予防方法

shutterstock_410255593

前触れのない死別では心の準備ができていないため、後悔の念も強くなってしまいます。

仕事が忙しくてあまりかまってあげれなかった。

もっとこんな場所に行けば良かった…。

という後悔が生まれないようにペットと過ごし、そしてペットだけでなくプライベートでも信頼できる人間関係を築けるように心がけることで、ペットロス重症化の予防に繋がります。

ペットロスに陥りやすい性格かも?と思い当たる節がある人は、重症化を防ぐためにも心の準備をしておきましょう。

ペットロスを乗り越えるための5つのステップ

shutterstock_384993457

一般的には半年から1年程度かけてペットロスを克服できるといわれています。そして乗り越えるためには5つのステップを踏んでいきます。

ステップ1:否定

ペットとの別れによる精神的ショックを回避するために起こる防衛本能で、「信じられない」「まさか」「夢かもしれない」などの否定的な言葉や感情が湧き上がってきます。

この「否定」の期間には個人差があるものの、長い人で数日かかるようですが現実を直視するまでの時間であり、苦しい思いが続きますが、数ヶ月かかることはないようです。

ステップ2:交渉

「どうかペットを生き返らせてください!」など、飼い主の望みや願いが湧く期間です。

ステップ3:怒り

あのときこうしておけば…。違う病院に連れていけば…。などの怒りや後悔などの感情が込み上げてくる期間です。

怒りの矛先は自分自身である場合、家族や獣医に向けられる場合があります。

ステップ4:受容

怒りが収まり、死という事実を現実的に受け止めれる期間。

事実を受け止めることができたからといって、悲しみが消えるわけではありません。

受け止めたことで落ち込みやすくなるケースもありますが、ペットを飼っている人なら誰しもが経験することです。

ステップ5:解決

悲しみや苦しさが和らぎ、心身ともに健康を取り戻し日常生活を送れるようになる最後のステップです。

解決したからといって、新しいペットを迎え入れたいという気持ちが湧いてくる人もいるようです。

だからといって、ペットのことを忘れ去る訳ではありませんし、情に薄い人間だ…と、罪悪感を抱く必要はありません。

ペットロスの重症化させないためにすべき行動

shutterstock_143149180

ペットロスは誰もが経験する正常な反応です。

日本ではまだまだ馴染みのない「ペットロス症候群」ですが、アメリカでは既にペットロスの相談窓口があります。

日本はペットロスのサポート体制が整っていないものの、同じ悲しみや苦しみを分かち合える人も必ずいます。


  • 悲しみに駆られるときは涙を流す
  • 感情をさらけ出す
  • 誰かと会話する
  • 自分の好きなことをする
  • ペットのアルバムを作る

などして気分を変える工夫をしてみましょう。

食欲や睡眠欲がわかなくても、食事をとり、寝転んで体を休め、カラダの健康を保てるように心がけることで、ペットロスの重症化を防ぐことができます。

まとめ

いかがだったでしょうか?

心と体は一心同体。疲れがたまりすぎていると、気分もなかなか回復しません。

飼い主であるアナタが悲しみに暮れていると、きっとペットも悲しくなりますよ。

生活をともにしたペットへ、後悔の念だけでなく「一緒にいてくれてありがとう」と、感謝する気持ちを持てるようになると良いですね。

Pick Up

Return Top