Beauty Charge

様々なスタイルから心と体に美しさをチャージ

フラワーシャワーの次はリボンワンズ!華やかでかわいく手作りしましょう!

IMG_6166edit

チャペルで式を終えた後、新郎新婦に向けてフラワーシャワーを!

写真で見ても綺麗ですし、みんなに祝福されて幸せですよね。

しかし、そのフラワーシャワーに変わり、最近人気が出てきているのが「リボンワンズ」。

今回は、そのリボンワンズの作り方についてレクチャーします!

まだまだ珍しいですし、手作りすることで気持ちも入るのでオススメですよ♪

リボンワンズってなに?

リボン

リボンワンズの「ワンズ」は、「指揮棒や杖など、細くてしなやかな棒(wands)」を指します。

細い棒の先にリボンを付けるから「リボンワンズ」、わかりやすいですね。

リボンには「絆を結ぶ」という意味もあり、結婚式にはぴったりなんです。

リボンワンズのメリット

フラワーシャワー

式場によっては、

  • フラワーシャワーは造花
  • フラワーシャワー自体ができない

などもあるそうですが、リボンワンズならそんな心配もありません。

また、フラワーシャワーのようにシャッターチャンスが一瞬ではなく、振ってもらっている間ずっと撮ることができるので、ベストショットが撮れる確率もあがります!

さらに、リボンワンズを

  • おしゃれなポット
  • バケツ

などに入れてウェルカムボードと一緒に飾ると、華やかにもなります。

そのまま二次会に持って行くこともできますし、手作りすればコストカットにもなるので一石二鳥ですね♪

リボンワンズ作りに必要な材料

必要な材料は、そう多くはありませんし、価格もそんなにかからないもので作れます。

私はすべて100均で揃えました。

1つ作るのに時間はそうかからないので、ちょっと時間ができたときにコツコツ作るといいと思います!

それでは、必要な材料はこちら!

30cmぐらいの棒状のもの

木の棒

リボンワンズは、持って振るものなので、持ちやすくて振りやすい長さであれば、何センチでも構いませんし、素材も特に指定はありません。

私は、しっかりしたものを作りたかったので、木の棒を30cmぐらいで作りました。

ダイソーの90cmぐらいの細い丸棒を大体3分の1ずつ切って使いました。
(あんまり厳密じゃなくても大丈夫です!)

持って使うので、できれば丸棒の方がいいと思いますが、鉛筆みたいな六角形でもいいです。

太さは1cmまでの方が、見栄えもいいと思います。

好きなリボン2~3種類

リボン (2)

棒に付けるリボンです。

1種類だけでもいいんですが、2~3種類ぐらいの方が、華やかに見えますね。

同じリボンを3枚付けてもいいですが、オススメは同系色の異素材で3種類です。

自分たちの結婚式のテーマカラーで合わせたり、好きな色で合わせると一体感もあり華やかになります。

ボンドorグルー

ボンド接着剤

振った時にリボンが飛んでいかないように固定するのに使います。

飛んでいかなければいいので、隠れるようであればホッチキスでもいいと思います。

ものさしとはさみ

ものさしハサミ

きっちり採寸したい人は、ものさしが必要です。

あとは、リボンを切るはさみです。

リボンの素材がサテンやレースの場合は、はさみにのりがついていたり切れ味が悪かったりすると、切り口がぼさぼさしてしまいますので、切れ味がいいものを使ってくださいね。

鈴などの「幸福のアイテム」

鈴

リボンワンズでぜひつけてほしいのが、「幸福のアイテム」と呼ばれているものです。

丸棒の先に付けたり、リボンに付けたりします。

鈴は「承認」を表すアイテムで、リボンワンズには鈴を付けることが多いですが、そこは手作りなので、ぜひ自分の好きな「幸福のアイテム」を取り入れて下さい。

リボンワンズの作り方

それではリボンワンズの作り方を紹介していきます!

1.リボンを50~60cmに切る

3-1 リボンカット

リボンの先は、まっすぐ切ってもいいですが、

  • 斜めに切る
  • V字に切る

などすると、きれいに見えますよ。

2.木の棒の先から1センチぐらい下の部分にボンドを塗り、リボンを結びます。

3-2結び目

私は「巻き結び」と言う結び方をしましたが、玉結びでもなんでもいいです。

取れなければいいので、好きなように結んでください。

3.鈴などを付けない場合はこれで終わりですが、ヒートンをつけて鈴を付けたり、私のようにリボンに巻き込ませて結んだり、お好みで付けて下さい。

3-3出来上がり

ヒートンなどでてっぺんに付ける場合は、あらかじめキリや押しピンで穴をあけておくと、付けやすくなりますよ。

4.さらに手を加える!

3-4フラッグ

さらに手を加えたい場合は、

  • メッセージを書く
  • リボンを入れる
  • 紙でフラッグを作ってそこにメッセージを書いたりする

こともできます。

また、棒の先にペーパーアイテムを付けて、そのまま集合写真で使うなんてこともできますよ。

まとめ

私の結婚式では、このリボンワンズはかなり好評でした。

初めてだった人も多く、作ったリボンワンズは、招待した人が持って帰っていました。
(一応二次会のウェルカムボード横に置くのに使いたかったので、返してくださいとスタッフさんからアテンドはあったんですが・・・(笑))

それに、正直金銭的な問題もあって(フラワーシャワーが高かった)自作してよかったと思います。

式に向けての気持ちも高まりますしね!

あなたも、リボンワンズでちょっと違った結婚式にしてみませんか?

Pick Up

Return Top