Beauty Charge

様々なスタイルから心と体に美しさをチャージ

荒れて傷んだ髪を改善!頭皮ケアでサラサラ&ツヤツヤの美人髪へ

WS001306

乾燥してパサパサの髪、ハリやコシのない髪、うねって広がる髪・・・荒れた髪を改善しようと高めのヘアケアを試しても、何故か何も変わらない。そんな経験はありませんか?

美しい髪は頭皮が健康かどうか、これにつきます!頭皮さえ元気なら、サラサラ&ツヤツヤの美人髪だって夢じゃないのです。

髪だけケアしても美髪が続かないワケ

髪が荒れているなと感じたら、まず何をしますか?良いと言われているヘアケアを試しますか?それとも美容院へ行きますか?ダメージを補修すれば、一時的には美しくなります。ですが、またしばらくすると髪が荒れてしまう・・・。

その原因は頭皮です。

頭皮が何らかのトラブルで元気のない状態だと、そこから生まれる髪の毛も同じように元気がないのです。

481447

主な頭皮トラブルは以下になります。当てはまる症状がないか、チェックしてみてください。

  • 頭皮が乾燥している(痒みがある)
  • いつの間にかフケが落ちている
  • 頭皮にかさぶた、ニキビができている
  • 抜け毛が多い
  • 頭皮がベタつく
  • 頭皮が臭う

思い当たる頭皮のトラブルがあった場合には、しっかりとした頭皮ケアが必要になってきます。

頭皮トラブルの原因は皮脂とマラセチア菌!?

人体は様々な常在菌と共存しています。有名なところではお腹の乳酸菌や、肌のアクネ菌などが常在菌に当たります。それと同じように、頭皮にも「マラセチア菌」という常在菌が存在します。

通常であれば何も悪さをしないマラセチア菌ですが、皮脂が大好物。揚げ物や肉類、甘いものなど偏食が過ぎると人の体は皮脂の分泌量が増えていきます。

過剰に分泌した皮脂に喜ぶマラセチア菌は大量の脂肪酸を排出します。脂肪酸の刺激を受けた頭皮はターンオーバーが早まり、頭皮のバリア機能が低下し様々なトラブルを引き起こすと言われています。

頭皮トラブルを改善させるには皮脂の分泌量を整え、活発になったマラセチア菌を鎮める必要があるのです。

正しい頭皮ケア紹介の前に、洗髪の注意点を紹介します。

535427

洗髪しすぎない

皮脂を悪だと決めつけて、1日に何度も洗髪してはいけません。皮脂は外部からのダメージや紫外線から守る大切な成分です。余分に皮脂を取り除いてしまうと更に頭皮トラブルを起こしてしまうので、洗髪は1日1回に留めてください。

ごしごし洗わない

しっかり汚れを取ろうと強い力で洗うと頭皮に傷がついてしまいます。そこから菌が入る場合もあるので、指先で優しく洗うようにしてください。

トリートメントは頭皮につけない

トリートメントは髪の毛につけるもので、頭皮に直接つけると毛穴詰まりの原因になります。後頭部は髪の表面だけつけるようにして、頭皮には触れないようにしてください。

頭皮ケア①シャンプーは洗浄力より保湿力で選ぶ

image

洗浄力の高いシャンプーですっきり洗い流したいところですが、大切な皮脂まで取り除いてしまう可能性があります。特に女性は男性より皮脂量が少なく、乾燥の頭皮トラブルを引き起こしやすいのです。適度に皮脂を洗い流し、洗い上がりがしっとりする保湿シャンプーを選んでみてください。

また、洗髪前のブラッシング、シャンプー前の湯洗いを行うとシャンプーの効果がじゅうぶんに得られます。ドライヤーは10cmほど頭皮から離して、かけすぎに注意してください。

頭皮ケア②皮脂分泌や冷えに注意した食生活を送る

image

脂っこいもの、甘いものやスナック菓子、コンビニ弁当を好み、野菜を食べない、お酒を毎日飲む、このような食生活は皮脂を過剰に分泌させます。頭皮トラブルを引き起こすマラセチア菌を活性化させないためには、適度な皮脂量を保つ必要があります。

3食バランス良く食べ、野菜やビタミンを積極的に摂り、お菓子やお酒をほどほどにすると少しずつですが皮脂分泌は治まっていきます。

冷たい食べ物や飲み物は体を冷やして毛細血管を収縮させ、頭皮に栄養が届かなくなります。夏でも常温の水を飲むなど、体の冷えにもじゅうぶん注意してください。

頭皮ケア③質の良い睡眠に勝る頭皮ケアはありません!

睡眠中に肌が生まれ変わるように、頭皮も同じです。睡眠中に成長ホルモンが分泌され、新しい皮膚細胞が生まれるのです。睡眠不足が続くと上手く皮膚の生まれ変わりができないため、古い角質はそのまま溜まっていくばかりです。そうすると、頭皮トラブルの原因にもなります。

逆に、しっかり質の良い睡眠を続けていくと頭皮は健康を保てるということです。最低6時間以上は眠れるよう睡眠時間を確保したいですね。

147737

気持ち良く睡眠に入っていけるよう、1時間前からスマホやテレビは見ないようにします。布団に入ってもなかなか眠れないときは、目を閉じたまま頭の中で「あー」と呟くか、自分の呼吸に意識を集中すると余計な考えが浮かばず眠れるとのことです。

まとめ

こうして見ると、頭皮はとてもデリケートなのですね。ぞんざいに扱ってはいけないことが分かります。

サラサラ&ツヤツヤの髪を生むのは健康な頭皮から。ヘアケアと一緒に頭皮ケアを行って、風にゆれる美人髪になりましょう!

Pick Up

Return Top