Beauty Charge

様々なスタイルから心と体に美しさをチャージ

目指せ垢抜けショートヘア!ショートカットのメリットと注意点

shutterstock_207277318

大人になってから、ショートヘアにしたことありますか?

今すでにショートヘアの方もいらっしゃいますが、なかなか勇気が出せずにロングやボブを行ったり来たりしている女の子も多いのでは?

今回はショートヘアの魅力をピックアップ♡

うるさらのロングヘアもステキだけど、人生に一度はトライしてみたいショートヘア。

あなたの魅力を最大限に広げるのは、もしかしたらかつてないほど短い髪かもしれません♪

ショートヘアのススメの理由

shutterstock_192294239

ショートヘアで垢ぬけた有名人がスゴイ!

先日、あるバラエティ番組でホラン千秋さんが、

「ショートヘアにした途端に仕事が増えて、あっという間に人気が出た」

というお話をされていました。

もともとは一般的なロングヘアでしたが、その時はちっとも売れず、ショートにした途端にニュース番組に大抜擢されたというシンデレラストーリーでした。

その番組内で過去のロングヘア時代の写真も公開されましたが、確かにキレイだけど、その他の美しい人々に混ざってぼやけてしまう印象。

現在のショートヘアの方が、何倍も垢抜けた印象を受けました。

まだまだ美しいBeatyCharge世代だからこそ!

とはいえ、短い髪にするのはなかなか勇気が出ませんよね。

しかし周りを見渡してください。
若い女性の、ロングやボブ人口の多いこと!

そして逆に、年齢を重ねる、お母さん、おばあちゃん世代になると徐々にショートヘア人口が増えていきます。

これは年齢を重ねると、髪がうねって美しく伸びなくなったり、ホルモンの影響で薄毛になるため。

そういった原因からではなく、垢抜け計算ショートヘアを楽しむには今しかないということです。

手抜きでもなく、髪質の劣化でもない、美しさを追求した末のショートヘア。

まだまだ美しいBeatyCharge世代のうちに一度はトライしたいところ♡

ショートヘアのメリット

とことん楽チン

shutterstock_293278025

劇的に楽になるのが、シャンプー、トリートメント、そして何よりドライヤーの工程!

ロングでは15分〜20分もかかっていたドライヤー時間も、5分程度で乾いてくれるので、時間も電気代もかなりの節約に♪

失恋して髪を切るとポジティブになれるというのは、実際ヘアスタイルにかかる時間が激減し、行動的になるという理由もあるそうですよ。

忙しいあなたや、行動的になりたいあなた、少しでも電気代を節約したいあなたにも、時短ショートはおススメ♡

アレンジだってできちゃう

shutterstock_150519884

ショートヘアは、ロングヘアのようにアレンジが効かなくて退屈なのでは?

そう思いがちですが、ショートヘアのアレンジも多種多様。

コテを使って空気感を出したり、カチューシャで女の子らしさを倍増させてみたり、ベリーショートでなければ編み込みだってできちゃいます♪

お気に入りの髪飾りも、さらっと耳元などで楽しめるのがショートヘアの醍醐味。

カラーで遊びやすい

shutterstock_385515490

カラーリングはどうしても髪が痛んでしまうものですが、ショートヘアなら多少傷んでもダメージ部分が少ないのはうれしいポイント!

また、長い髪ではちょっと目立ちすぎてしまう特殊なカラーも、ショートヘアではあまり奇抜にならずに意外とさらっとできてしまうことも。

真黒ショートもかっこいいけれど、普段なかなか手を出せない鮮やかなカラーも、ショートヘアを機にチャレンジしてみるのも楽しそう!

マフラーとの相性も抜群

shutterstock_345630404

これからの季節大活躍するマフラー。
短い襟足とマフラーも相性抜群です♡

涼しそうなうなじを、お気に入りのあったかいマフラーで包んで、“秋冬のかわいい”に王手を♡

女の子らしい服装でもブリブリにならない

Beautiful Little Business Woman In Black Suit With Pink Feathers

ピンクや花柄、柔らか素材のスカートなど、女の子らしいアイテムは、ともすると“やりすぎ”になりがち。

これを緩和してくれるのもショートヘアです。

ショートヘアにすると、逆に全体的なバランスを取ろうと、可愛い服を選ぶようになる場合も。

それでもまったくやりすぎにはならず、ステキにまとまるので、思いっきり可愛い服を楽しみたいという方にも断然おススメ♪

ショートヘアにする際の注意点

さあ、だんだん勇気がでてきたところで、ちょっと小休止♡

一度切ってしまうと取り返しのつかないショートヘアの怖いところです。

バッサリと行く前に、注意したいポイントをチェックしておきましょう。

イメージの写真を持っていこう!

shutterstock_104353226

同じショートヘアといっても、ベリーショートや、前下がりショートボブ、ニュアンスパーマをかけた柔らかい天使風ショートなど、スタイルは多種多様。

ヘアカタログや雑誌、携帯サイトなどで、イメージするショートヘアを担当の美容師さんに提示できるよう準備しておきましょう。

美容師さんにアドバイスと相談しよう!

shutterstock_88135864

人それぞれ、髪の硬さや、クセもさまざま。

ロングヘアではうまくイメージと似せることができても、案外ショートヘアでは完全再現などが難しい場合もあります。

イメージを提示した後、これが自分の髪質で再現可能か、いつになく入念に相談してからトライしましょう♪

さらに、アレンジ方法について、しっかりアドバイスも貰いましょう!

まとめ

変わらない退屈な日々、進展しない恋、忙しすぎる仕事・・・

そんなあなたの毎日を、新しい色で塗り替えるのは、久々のショートヘアかもしれません♡

Pick Up

Return Top