Beauty Charge

様々なスタイルから心と体に美しさをチャージ

睡眠は最高の美容液!睡眠の質を上げてストンと眠れる5つの方法

睡眠

あなたは普段、ぐっすり眠れていますか?

仕事や恋愛でストレスを抱えていたり、目が冴えてしまってなかなか眠りにつけない夜もありますよね。

そのような夜のために、今回は、ストンと眠るための5つの方法をご紹介します。

肌にも心にもとっても大切な睡眠。

質のよい睡眠をとって、毎晩BeautyをChargeしちゃいましょう♡

睡眠と美肌の関係

赤ちゃん睡眠

眠っている間に分泌される“成長ホルモン”という言葉を、聞いたことはありませんか?

これは、肌のターンオーバーを促し、新しい細胞を再生させる、まさに美肌のためのホルモン。

この成長ホルモンが盛んに分泌されるのは、眠りはじめてから3時間までの間

長い睡眠時間が取れなくても、最初の3時間にぐっすりと深く眠ることが、美肌にとって有効なんですね。

そんな成長ホルモンをたっぷり分泌させられるように、ストンと深い眠りにつくための方法を次項で詳しく見ていきましょう。

眠れなくなる原因

眠れない

普段、不眠症というわけではなく、体は疲れているのに、なかなか眠りにつけない夜ってありますよね。

その原因はなんでしょうか。

その秘密は“脳”にありました。

脳が興奮していると、交感神経が優位に立ち眠れなくなり、逆に、副交感神経が優位に立っているとリラックスして眠くなります。

仕事やプライベートにいそがしいBeautyCharge世代は、残業で遅くまで頭をフル回転させている日や、悩み事や心配事で頭がいっぱいの日も、たくさんありますよね。

そのような日でも、眠る前に、この脳の興奮状態をいかに和らげてあげるか、それが深い眠りにつくカギとなるのです。

ストンと眠りにつく方法

それでは、脳の興奮状態を和らげて、ストンと眠りにつくためにはどうしたらよいでしょうか。

ポイントは、忙しい日中の世界からガラッと雰囲気を変えた、リラックスできる空間を作ること。

早速、具体的な方法をご紹介していきましょう。

寝る直前のパソコンやスマートフォンはやめる

寝るときスマホ

パソコンやスマートフォンから発せられるブルーライトは、眠りに誘うメラトニンの分泌を抑えてしまう働きがあり、不眠症の人口が増えている現代において、大変、問題視されています。

ベッドに入ってからも、ネットサーフィンや、ゲームなど、ついダラダラとスマートフォンを触ってしまう人は要注意です!

できれば眠る1〜2時間前には使用をやめ、眠りにつく準備を整えましょう♪

部屋を暗くする

ベッド

パソコンなどのブルーライトだけでなく、部屋の明かりの調節も大切なポイントです。

脳は、周囲が明るいと昼だと判断して覚醒し、暗いと夜だと判断しメラトニンが分泌されて眠くなるという働きがあります。

これを利用し、眠る30分〜1時間前から部屋を薄暗くしておくと、いざベッドに入った時に自然と眠りにつきやすくなります。

眠る前に、明るく白い光を放つ蛍光灯を消して、暖色系の柔らかい光に変更すると効果的です。

お気に入りの間接照明を寝室に用意するのもおススメです♪

リラックス効果のあるアロマオイルを炊く

眠る前にリラックス効果のあるアロマオイルを炊くことも、質のよい眠りには最適です。

特に、日中忙しい仕事に追われていたり、イライラで興奮気味の人は、日中の忙しない世界から、落ち着いた空間にシフトするために、香りは力を発揮してくれます。

アロマオイルの種類

ラベンダーアロマ

  • 緊張をほぐしリラックスさせてくれるラベンダー
  • ほんのり甘い香りが不安や怒りを鎮めてれるカモミール
  • 精神を穏やかにしてくれるゼラニウム
  • 落ち込んだ心を優しく包んでくれるネロリ

など種類もさまざま。

お気に入りの香りをみつけてみてください♪

どの香りがよいか迷ってしまう人には、眠りにぴったりのオイルをブレンドした、ブレンドオイルもおススメです。

【おススメのブレンドオイル】

ニールズヤードレメディーズ ナイトタイム
https://www.nealsyard.co.jp/

アロマオイルの炊き方

アロマ炊く

アロマオイルを炊き方にはさまざまな方法があります。

ベッドに入る前に炊く際には、ろうそくなど火を使ったアロマポットがおススメです。

炎ゆらぎが心を落ち着け、香りとの相乗効果で心地よい眠りに誘います。

ある程度香りが広がったら、火事にならないようしっかりと火を消しましょう。

ベッドに入ってからアロマを炊きたい場合は、タイマー機能のある専用のデュフューザーや、お湯を注いだカップにオイルを数滴垂らして香りを広げる方法が安心です。

リラックスできる音楽をかける

音楽

眠りにつく前に、リラックス効果のある音楽を薄くかけておくのも、落ち着いた空間を作るには効果的です。

その際、激しい曲や、歌詞がしっかり聞き取れてしまうような曲は、神経を興奮させてしまい逆効果です。

  • インストゥルメンタル
  • 歌詞の聞き取れない洋楽
  • アコースティック系の優しい歌声のアーティストの曲

などがおススメです。

【おススメCD】

青葉市子 『マホロボシヤ』
http://www.jvcmusic.co.jp/

柔らかい歌声と独特のギターが異空間に誘ってくれます。

日中のイライラやドキドキをそっと消してくれる魅惑の一枚。

肌触りのよいパジャマを着る

睡眠パジャマ

あなたは普段、何を着て寝ていますか?

ついついTシャツやジャージのような部屋着で、そのままベッドに入ってしまう日もあるんではないでしょうか。

しかし、それらは日中のためにデザインされた服なので、いくら動きやすくても眠りには不向きです。

一方、パジャマは、吸水性もよく、縫い目なども眠りを妨ることない眠りのためのアイテム

パジャマよりも洋服にお金をかけたいところですが、肌触りのよいパジャマは、うっとりラグジュアリーな気分にさせてくれます。

あなたの肌に合う優しい布を纏って、心地よい眠りを誘いましょう。

冷却まくらと湯たんぽで“頭寒足熱”を作る

ゆたんぽ

東洋医学で古くから知られる「頭寒足熱」

これは、頭を冷やして、足を温めるという方法ですが、これは大変眠りに効果的です。

興奮状態になってしまった頭を冷やすことで、クールダウンし、逆に血流が滞ってしまった足を温めて、リラックス効果を期待できます。

これには、頭には冷却まくら、足には湯たんぽの昔ながらのアイテムが大活躍!

嘘のようにストンと眠れるので、ぜひお試しください。

【おススメ枕】

クロッツ ひんやり枕 クールメッシュ
http://www.cloz.biz/

まとめ

睡眠時間が思うように取れない多忙なBeautyCharge世代だからこそ、知っておきたい睡眠のコツ♡

短い時間でもしっかり質の良い睡眠をとって、心もお肌も健やかに保ちましょう♪

Pick Up

Return Top