Beauty Charge

様々なスタイルから心と体に美しさをチャージ

便秘や冷えはお腹の「コリ」が原因!?「コリ」の原因と解消方法3選!

shutterstock_250375267

ダイエットしても、下っ腹だけはぽっこりしたまま…。

もしかしたら、それは脂肪ではなくお腹の「コリ」が原因かもしれません!

また、便秘や冷え性で悩んでいる人もお腹の「コリ」が原因の不調かもしれません!

ぽっこりお腹にさよならしたい人、便秘・冷え性を解消したい人へ、お腹のコリが引き起こす体の不調を一挙公開!

この機会に、ぜひチェックをして下っ腹も体の不調もすっきりさせてみませんか?

まずはお腹の「コリ」をチェック!

shutterstock_116147806

すぐ猫背になってしまう人はお腹がこっている人が多いと言われていますが、こっているという実感はあまりないと思います。

まずは、自分のお腹がこっているかチェックしてみましょう!


CHECK!お腹のコリ簡単チェック方法!
1.親指以外の4本の指をおへその周りに置きます。
2.指の腹を使ってゆっくり深く押していきます。
3.押した場所に痛みやくすぐったい感じ、違和感があればお腹がこっています。


同じように、肋骨の下や腸骨の周りもチェックしてみましょう。

痛みがある場合は無理に押し込まなくて大丈夫です。

押すことでコリをほぐすのではなく、あくまでチェックですので無理のない範囲で行ってください。

お腹の「コリ」の原因と症状は?

肩がこるのは、同じ姿勢でいて血流が悪くなることで痛みなどの症状がでますが、実はお腹も同じです。

お腹の「コリ」は、どんな原因で、どんな症状を引き起こすのでしょうか?

お腹の「コリ」の原因

まずは、お腹の「コリ」の原因を見ていきましょう。

筋肉の疲れ

shutterstock_212524525

不規則な生活やストレスなどで、内臓を動かしていた腹筋や内臓を支えるインナーマッスルが疲れてきてしまいます。

すると、消化吸収がスムーズに行われなくなったり、内臓が下に下がりやすくなってしまいます。

胃下垂、胃拡張

344362

胃下垂は、胃が下に伸びてしまっている状態で、胃拡張は胃の中にガスが溜まってしまう状態です。

こうなると、胃にはかなりのストレスがかかってしまい、胃潰瘍や胃炎を起こしやすくなります。

周囲の臓器も圧迫して血流が悪くなっていき、お腹が冷たくなります。

お腹の「コリ」から発生する症状

紹介した原因により、どのような症状が出てくるのでしょうか?

便秘・下痢

shutterstock_360278939

胃下垂や胃拡張によって腸が圧迫され、蠕動(ぜんどう)運動がスムーズに行われなくなり、便秘になったり、おならが出やすく1日に何度も便が出たり、下痢になったりします。

また、押しつぶされたことによって炎症を起こしやすくなり、炎症が起こってしまうと腸が腫れてきます。

腸に乗っかる胃、腫れた腸・・・限られたスペースの取り合いになり、骨のない柔らかい場所、下っ腹を前に押し出し、居場所を作ろうとします。

これが下っ腹をぽっこりさせる原因です。

生理痛

shutterstock_357807947

胃下垂や胃拡張で圧迫された腸が、さらに子宮や卵巣に乗っかる状態になっていきます。

その結果、子宮の血流が悪くなり、生理痛として現れます。

さらに酷い状態になると、子宮後屈や子宮脱になる可能性もあります。

冷え性・むくみ

453665

胃拡張の場合、胃が風船のように膨らんでいる状態ですので、腸だけでなく、肝臓や腎臓、脾臓などの臓器を圧迫しています。

これによって、体内のろ過機能が弱っていまい、老廃物の処理がスムーズに行われなくなります。

その結果、冷え性やむくみなどの症状が現れるようになります。


このように、お腹がこる、臓器が疲れ下っ腹がぽっこり、血流が悪くなる、またお腹のコリがひどくなっていく…というサイクルが繰り返されます。

お腹の「コリ」解消法3選!

shutterstock_373186366

お腹のコリが便秘や冷え性までも引き起こしていたとは…下っ腹のぽっこりも体の不調も解消したい!

そう思ったあなたに、お腹のコリを解消するストレッチを3つご紹介します!

腹式呼吸

1.仰向けに寝ころびます。
2.4秒かけて息を吸います。この時、横隔膜が動いていることを意識しましょう。内臓全体に酸素が行きわたり、血流が良くなっていくイメージをしながらすると効果的です。
3.吸いきったところで5秒息を止めます。
4.お腹の力を緩めます。お腹の力を緩めることで自然と息を吐くことができます。
5.これを10回ほど繰り返します。

複式呼吸の呼吸法については、こちらの動画が分かりやすいので、参考にしてみてください!

腹式呼吸で腰痛予防(Ⅱ) ~ギックリ腰・腰痛で困ったら!!~チアキ接骨院

 

上体そらし

1.うつぶせに寝ころびます。
2.背中と太もも裏の力を使って上体を反らせていきます。この時足が浮かないように気を付けましょう。無理そうなら手をついても構いません。
3.息を止めないようにゆっくり行います。
4.これを10回ほど繰り返します。

手をついた上体そらしは、こちらの動画を参照してみてください。

No.26 円背・腰痛に激効!上体反らし①

 

肋骨マッサージ

1.一番下の肋骨に触れます。
2.肋骨のすぐ下を肋骨に沿ってゆっくり深く押していきます。
3.30秒ほど押していきます。

肋骨周辺を柔らかくするマッサージ

 


これらストレッチをした後にもう一度腹式呼吸をすると違いが感じやすいと思います。

時間があるときにどれか一つだけでもいいのでやってみて下さい。

お腹のコリが少しずつ解消されていくと思いますよ。

まとめ

普段はあまり気にならないお腹のコリ。

しかし、お腹のコリが原因で、冷え性や生理痛までも引き起こすことがあります。

下っ腹のぽっこりが気になっている人も、頑固な便秘や冷え性で悩んでいる人もぜひ一度試してみて下さい!

お腹のコリを解消して、すっきりした下っ腹を手に入れましょう!

Pick Up

Return Top