Beauty Charge

様々なスタイルから心と体に美しさをチャージ

現役アパレル企画社員が教える!いますぐ使える少しの工夫で一気におしゃれになるテクニック!

shutterstock_84931642

同じ格好をしているのに、なんだかおしゃれに見える人って周りにいませんか?

真似しようにもなかなかポイントが掴めなかったりします。

ですが、こなれた雰囲気を作るのは実は本当に簡単なテクニックだったりします。

私は、大学時代はいわゆるショップ店員として、大学卒業後は新卒として勤める某アパレル企業でMD職をしております。

私自身がプロから学んだ、そして自分なりにたどり着いたこなれて見える方法を大放出!

当時も今も使っているマネキンや着こなしにも使われるちょこっとしたアイデアを伝授しちゃいます♡

鉄板のロールアップは”0.5”が重要!

shutterstock_183622532

シャツの袖やボトムスの裾をロールアップをするのはもはや当たり前。

ただそのロールアップのやり方一つで一気にこなれ感を出せるとしたら?!
シャツとボトムスに分けて本当に簡単にできるポイントをお伝えしますね!

シャツの袖のロールアップ編

IMG_1055

シャツのロールアップは1.5もしくは2.5ロールアップがおすすめです♡

袖の長さにもよりますが、肘から手首の真ん中あたりに袖の先がくるのが、長すぎず短すぎずでバランスがいいかと思います。

この場合2.5ロールアップがおすすめ。

丁度細い部分が見えるので、細見え効果もあります◎

少し抜け感を出すスタイリングの場合

小さくロールアップをすることで肘から手首の2/3が隠れるぐらいの長さにするとバッチリ!

この場合は1.5ロールアップがおすすめ。
襟が抜けているシャツなどとも相性抜群です♡

どちらもポイントはきっちり1巻き、きっちり2巻きするのではなく、0.5巻き追加でロールアップすることを忘れずに♡

0.5巻き追加することでかっちり感がなくなり、こなれ感が出てきます!

ボトムスのロールアップ編

shutterstock_437722978

昨今のボトムスのトレンドはワイドシルエットですが、シルエットを問わずデニムは定番アイテムとして常にワードローブにあるものですよね!

中でも定番シルエットとしてボーイフレンドデニムにもスキニーデニムにもロールアップは必須です♡

ボーイフレンドデニムのロールアップ編

こなれ感を出すためのボーイフレンドデニムのロールアップ方法は、

1.二巻き分を大きく折る

IMG_1050

 

2.1で折った部分を小さく二巻きする

IMG_1051

 

3.最後に前の中心を指で少し下げる!

IMG_1053

 


3番は細見えのテクニックです♡
ロールアップしたものが少し崩れるので、こなれ感も出すことができます。

スキニーデニムのロールアップ編

実はこれには0.5の法則が使えないのですが、前のみ0.5から1巻き、もしくは2巻きがすっきりと見えておすすめです。

新定番のカットオフのデニムの場合は2巻きしてしまうとカットオフ部分が見えなくなってしまうので、是非0.5-1巻きでお試しになってみてくださいね!


ちなみにワイドシルエットのデニムのロールアップはおしゃれ上級者なのであまりおすすめはしません!

まずはシンプルにすっきりと着こなしてみてください♡

ちょこっとウエストインで一気にこなれる

shutterstock_257299654

こなれテク2つ目はウエストイン

こちらもハイウエストの流行に伴い定番のスタイルとなりましたが、スタイリングによっては残念ながらきわどい感じになったり、ちょっとダサく見えてしまう場合もあります。

そんな時におすすめなのが”ちょこっとウエストイン”

薄手のアイテムに使えるので、春ならシャツで、夏場ならTシャツで、秋ならシャツと薄手ニットで是非試していただきたいです!

ちょこっとウエストインのやり方

shutterstock_316740545

バランスを見て決めていただきたいのですが、正面の真ん中を指3-4本分ウエストインするだけ♡とっても簡単でこなれて見えるテクニックです!

例えばレイヤリング(重ね着)している場合は、下に着ているもののみ、ウエストインしてくださいね!

全てウエストインする場合

shutterstock_183068741

すべてウエストインする場合は、スカートの方がチャレンジしやすいかと思います。

ミモレ丈のスカートにトップスはカットソーやシャツ、薄手のニットなどをウエストインすることで上品なスタイリングになります。

デニムなどのボトムスにすべてウエストインする場合はあえてレトロな雰囲気に、スカーフなどの小物を合わせると良いかと思います♡

上と下のカラーを合わせて一気にこなれ感を演出

shutterstock_73318591

上と下とはトップスとボトムスではありません!

例えば


  • ハット(上)とパンプス(下)
  • トップス(上)とパンプス(下)

などの色をリンクさせるととってもおしゃれ♡

一気におしゃれ上級者のこなれ感を演出することができます。

バラバラのカラーではなく、統一感を出すことにより、スタイリングがまとまります♡

まとめ

いかがでしたか?こなれ感を出すポイントとしてご紹介したロールアップやウエストインのように、きっちりするのではなく、適度な抜け感を大切にすることかと思います♡

ほんの少しのポイントがあなたをもっとおしゃれに見せる♡

肩の力を抜きつつ、おしゃれを思いっきり楽しみましょう!

Pick Up

Return Top