Beauty Charge

様々なスタイルから心と体に美しさをチャージ

韓国オルチャン発の美容法!さつまいもってそんなに美容やダイエットにいいの?

shutterstock_237362413

脚がスラッと細く、真っ白な美肌を誇る韓国のオルチャンたち。

私たちの憧れの的ですよね。

彼女たちは日頃からかなりストイックにダイエットをおこなっていることでも有名です。

そんな彼女たちの間で流行っていたのは、さつまいもダイエット。

美女たちがこぞって食べているさつまいもについて徹底的に見てみましょう!

さつまいもの美容成分!

shutterstock_339228053

食欲の秋といえば、さつまいも。冬といえば、焼きいも。

さつまいもはこれからの季節の代表的な味覚ですよね。

調理法も焼きいもの他、焼いたりふかしたり、ジャガイモ代わりに料理に入れてほんのり甘味を楽しんだり、いろいろありますよね。

そんな優秀な食材であるさつまいもには、非常に多くの栄養素が含まれており、美容に効果もある栄養素も豊富!

それでは、さつまいもに含まれる栄養素について紹介していきますね。

ビタミンB群

shutterstock_255001651

体の中で糖質や脂質を代謝するのに欠かせない栄養素群です。

疲労回復、皮膚や粘膜の健康維持など多くの効果が認められています。

さつまいも100g中には、食物繊維が1.7g含まれています。

ビタミンC

美白・美肌・シミの予防効果があるほか、風邪やガン、動脈硬化性の病気に対して効果を発揮します。

また、抗酸化作用があるのでアンチエイジングにも◎!

さつまいも100g中に30mg含まれています。

ビタミンE

若返りビタミンとも言われる栄養素です。

さつまいも100g中に1.3mg含まれています。

カリウム

shutterstock_297318935

体の中の余分な水分やナトリウムを排出し、むくみや高血圧を改善してダイエット効果をもたらしてくれる栄養素です。

カリウムはさつまいも100g中460mg含まれています。

アントシアニン

赤ワインにも含まれているポリフェノールの一種です。

普通のさつまいもなら皮部分に、紫いもならば芋の部分にもアントシアニン色素が含まれています。

アントシアニンには、動脈硬化などと言った生活習慣病を引き起こす活性酸素の働きを抑制する働きがあることが明らかになっています。

クロロゲン酸

アントシアニンと同様、ポリフェノールの一種で、コーヒー豆などにも多く含まれている栄養素です。

食後の血糖上昇の原因となるα-グルコシターゼという酵素の働きを阻害する作用があるためダイエットを助け、糖尿病を防ぎ、さらにアンチエイジングにも効果があります。

食物繊維

さつまいもには水溶性食物繊維不溶性食物繊維がどちらも含まれています。

水溶性食物繊維は腸内の他の栄養分に吸着します。

この働きで糖質やコレステロールの消化・吸収を穏やかにし、ダイエット効果をもたらします。

不溶性食物繊維は水に溶けない食物繊維ですので、便をカサ増ししたり、腸を刺激して腸の動きを活発にすることで便を出やすくさせます。

食物繊維については、『使い方で便秘が悪化!?2種類の食物繊維の効果と使い分け法』にて詳細に解説しているので参考にしてみてください。

ヤラピン

さつまいもの芋部分や、葉部分の切り口からにじみ出る乳液状の物質で、さつまいもにしか含まれていません。

古くから便秘薬として効果が知られているほど便秘改善作用があり、さつまいもを食べると食物繊維とヤラピンの相乗効果で便秘への効果が期待できます。


さつまいもに含まれている栄養がどんなものなのか、お分かりいただけたでしょうか?

オルチャンに人気の「さつまいもダイエット」って?

それでは、オルチャン達が実践している「さつまいもダイエット」の方法を紹介していきますね。

さつまいもダイエットのやり方

shutterstock_416193808

さつまいもダイエットの基本的なやり方は単純です。

『主食として今までご飯を食べていたのを、さつまいもに置き換えるだけ』

です!

置き換える量としては、一食あたり150g(大きいさつまいも約4分の1)が目安です。

白米よりもカロリーが低く、上で述べたように栄養もたっぷりな食材なので主食としてはオススメなんです。

甘くて美味しいから、ストレスフリーに痩せることができますね。

食事と食事の間にどうしてもお腹が空いちゃった!なんてこともありますよね。

そんな時もさつまいもを甘く調理して食べれば、市販のお菓子よりもずーっとヘルシーです。

さつまいもダイエットのオススメ調理法!

それでは、ダイエットのためのさつまいものオススメ調理方法はどんなものでしょうか?

「蒸す」「茹でる」がイイ!

shutterstock_162850958

さつまいもをメインで使ったレシピはたくさんありますが、その中でも「ふかしいも」「さつまいもの甘煮」がオススメ。

「ふかしいも」なら蒸すだけでさつまいもの素朴な甘味を楽しめます。

また、「さつまいもの甘煮」は、さつまいもに甘味料とみりん、醤油などを加えてコトコト煮ておくだけ。

シンプルで手間もお金もかからないのに、優しい甘さと食物繊維で甘いものへの欲求を抑えることができますよ。

さつまいもの甘煮を作るときの注意点

shutterstock_459824257

甘煮を作る場合、白砂糖は血糖値を上げやすくダイエットのためにあまり良くありません。

そのため、甘味をつける時は低カロリー甘味料か、黒砂糖や甜菜糖などの精製が粗い甘味を使うといいでしょう。

揚げる調理法は控えめに

shutterstock_119739274

いくら美容と健康の味方・さつまいもでも、油で揚げてしまうと糖質と脂質の塊です。

ここは心を鬼にして、シンプルな調理法を心がけましょう。

まとめ

いかがでしたか?

さつまいもの成分が便秘薬に使われていたなんて、びっくりですよね。

これからが甘くて美味しい季節になるさつまいもを食生活の中にぜひ取り入れて、毒素の無いすっきりした体になりましょう。

Pick Up

Return Top