Beauty Charge

様々なスタイルから心と体に美しさをチャージ

母娘で行きたい台湾旅行!台北のおすすめグルメと観光スポットリスト

台湾台北

近頃テレビや雑誌でも話題の台湾!親子で訪れるにはピッタリの海外の国、台湾

今回は、台湾の首都、台北でオススメのグルメと観光スポットをご紹介します!

たくさん食べて、見て、楽しんで、大満足の海外旅行に行ってみませんか?

台湾ってどんな国?

台湾台北 (2)

台湾への距離は、首都の台北まで東京から直行便で約3時間で飛行機で行けます。

時差マイナス1時間で、日本より1時間遅れているため、時差ボケに悩まされる事もありません。

台湾の言葉は?

台湾では台湾華語北京語(中国語)が主に使われています。

しかし、日本統治時代の名残から、大抵の観光スポットでは日本語が通じる場所が多くあり、一般の若い人でも日本語を理解する人が多く居ます。

台湾のお金は?

お金は、「ニュー台湾ドル」と呼ばれる貨幣が使われていて、単位は$(ドル)、または元(ゲン)です。

1$/元=約3.5円(2016年11月現在)で、物価は日本より多少安いかほぼ同じくらいです。

交通費が非常に安く、タクシーは初乗り70$(約245円)からと、日本の半分以下程度なので、気軽に利用することが出来ます。

台湾は非常に親日家の国としても知られていて、街を歩いていて嫌な思いをする事はまずありません。

台湾はなぜ母娘旅行にオススメ?

台北食事

海外にありながら、台湾では多くの場所で日本語が通じます。

また、看板等、文字を見るだけで何となく文章の意味が理解が出来る為、日本人にとって台湾は大変旅行しやすい国なんです。

また、欧米諸国や他のアジア諸国に比べて比較的治安も良い為、女2人旅にはもってこいと言えます。

  • 様々なグルメを楽しむ食べ歩き
  • ショッピング
  • 足つぼを始めとしたマッサージ
  • 温泉

などの、母娘で楽しみやすいアミューズメントであふれているため、気兼ねない旅をするのに台湾はピッタリの国といえます。

台湾で食べ歩くならココ!

グルメファンにはたまらない台湾での食べ歩き、コレだけは外せないオススメ店をご紹介します♪

朝食のオススメ

台湾朝食

台湾では、朝食から外食をする文化があります。

そんな台湾の人たちが普段から朝食に食べているのが、豆乳です。

温かい豆乳に揚げパンを浸しながら食べるのが台湾流の朝食なんですよ。

台北でオススメの朝食のお店はコチラ!

鼎元豆漿(ディンユェンドウジャン)

https://www.tripadvisor.jp/

豆乳にほんのりお酢を利かせ、揚げパンを加えた「鹹豆漿(シエントウチャン)」は、起き抜けにはピッタリな優しい味わいの台湾朝食の定番です。

小エビのダシが効いて、一部がお豆腐になりかけてトロトロになっているのがまた絶品なんです!

メニューの値段は100円以下からそろっているため、お財布にもお腹にも優しい台湾の朝食は、ぜひローカルの人に紛れて試してみる価値ありですよ。

小籠包

しょうろんぽう

台湾に行ったら絶対食べたいもの!と言えば「小籠包」ではないでしょうか?

行列必須の並んででも食べたい小籠包の名店と言えばココ、

鼎泰豊(ディンタイフォン)

http://www.dintaifung.com.tw/

MRT東門駅近くにあるのが本店ですが、101内や各デパート内にも入っています。初めてなら間違いなく本店がオススメでしょう。

薄い皮を一口噛んだ瞬間に溢れるスープの旨味といったらもう、言葉で現し様のないほどの美味しさにひたすら感動するのみです!

小籠包がオススメなのは言うまでもなく、筆者の一押しは「海老シュウマイ」!トップに海老を乗せて可愛らしい形に成型されたシュウマイは、小籠包に負けず劣らずの絶品です♪

台湾料理

台湾料理

台湾では、北京料理や関東料理といった多くの中華料理も楽しめますが、やはり台湾に行ったなら、本場台湾の「台湾料理」を楽しみたいですよね。

そんな台湾料理を楽しむならココ、

欣葉(シンイエ)

http://www.shinyeh.com.tw/

台湾の家庭料理を再現したメニューは、日本人の口にも合う優しい味わいです。

台北のシンボルタワー「101」の高層階にも支店がありますが、リーズナブルに本場の味を楽しむなら、行くべきは本店の台菜創始店です。

オススメメニューは、ワタリガニが豪快に乗った食べ応えのある餅米を使った「ワタリガニのおこわ」$830と、一口含んだ瞬間に優しさが広がる「ハマグリスープ」Sサイズで$80。

デザートには、新感触のモチモチとした名物の手作り「杏仁豆腐」$80もお忘れなく!

これぞ台湾!南国ドリンク

タピオカドリンク

台湾でドリンクと言えば、タピオカミルクティー発祥の「春水堂」が有名ですが、東京でも数店舗を構えている等、日本でもその味を楽しめるまでになりました。

今回お勧めしたいのは、パッションフルーツやココナッツなど、南国の雰囲気をたっぷり味わえるフルーツやタピオカをミックスした新感覚のドリンクが楽しめるお店!

橘子工坊(チュウツコンファン)

http://www.orangehouse.com.tw

フレッシュな果肉や果汁を100%使用した、健康志向の人にはうってつけのビタミンたっぷりなフルーツドリンクのお店です。

多くの支店があり、スタンドタイプで気軽に買って飲み歩けるのが嬉しいですね。

台湾で絶対おさえておきたい観光スポット

近頃はテレビでも多く取り上げられる台湾観光旅行。

3日もあればほとんどの有名どころはおさえられますよ。

以下は絶対に見逃せない観光スポットです!

九份

九份

あの世界的にも有名なジブリ映画、「千と千尋の神隠し」のモデルになったとして知られ、日本からも多くの観光客を惹き付ける「九份(キュウフン)」

情緒溢れる懐かしい九份の家並みは、その昔、金鉱で栄えたゴールドラッシュを経験した街なんです。

閉山され、その時代の雰囲気をそのままに残した九份は、今となっては多くの人々を呼び寄せる台湾一大観光地となっています。

日が暮れると同時に赤い提灯が灯され、そこはまるで映画の中のような幻想的な世界へと早変わり!

日没の1時間前くらいに行って、先に食べ歩きやお土産調達を済ませ、明りが灯る頃に街並を見渡せるスポットで一息つくのがオススメですよ。

台北からバスで約90分です。

龍山寺

龍山寺

台北随一のパワースポットといえばココ、「龍山寺(ロンシャンスー)

  • 健康の神様
  • 学業
  • 安産の神様

など、沢山の神様が祭られている龍山寺ですが、中でも恋愛成就を願う若い女性達に人気なのが、良縁の神様、「月下老人」です。

無料でおみくじを試す事も出来ますので、信仰心の強いローカルの台湾人に紛れて、現地の作法でお参りしてみましょう。

龍山寺の周りの商店街では、素材から取り揃えた多くの「漢方」を扱う問屋さんが多く立ち並んでいますので、お参りの帰りにはぜひそちらも訪れてみてはいかがでしょうか。

士林夜市

士林夜市

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/

365日まるでお祭り騒ぎのような台湾の夜市の中でも、一番有名なのが台北にある「士林夜市」。

地元のB級グルメが溢れるこの夜市では、強烈で独特な臭いの、ハマ人はハマる強者なら試してみたい「臭豆腐」や、巨大な揚げたての鶏の唐揚げ「大炸鶏排」などなど、数えきれないほどの現地のグルメで溢れ返っています。

本会場は士林夜市の中にある建物「士林市場」ですが、会場外にある店舗型の味付けされたフワフワかき氷が食べられるお店「辛發亭 (シンファーティン)」がオススメです♪

中でもピーナッツ味は絶品でした!

辛發亭

http://4travel.jp/

夜中の1時過ぎまでグルメにショッピングにゲームにと、夜通し楽しめるこちらの夜市。

人も雰囲気もとにかくパワフルなので、現地の熱気を感じたい人は特に訪れておきたいスポットです。

台湾旅行にオススメのLCC航空会社

飛行機

台北行の格安航空会社(LCC)が増えた今、東京以外の都市からでも直行便が出ています。

今回私が利用したのは、シンガポール系LCC「SCOOT(スクート)」です。

東京、札幌、大阪から発着しているため、東京以外にお住まいの方でも最寄りの都市から直行便で台北まで飛ぶ事が出来、価格も非常に良心的なので、とてもオススメです。

また、不定期にセールを行っているので、旅行の予定を早めに立てたら、逐一ウェブサイトを確認してみましょう!

SCOOT公式ウェブサイト

http://www.flyscoot.com/jp/

まとめ

いかがでしたでしょうか?

日本からも近くて、語学に不安があっても気軽に行ける海外、台湾。

母娘2人旅にはもちろん、友達との旅行にもピッタリですよ。

今回ご紹介したグルメ・観光スポットをおさえておけば、台北を楽しめる事は間違い無しです♪

Pick Up

Return Top