Beauty Charge

様々なスタイルから心と体に美しさをチャージ

400年前に想いをはせて!戦国の姫に学ぶ様々な恋のHow toを紹介

城を眺める女性

恋に愛に身を焦がすBeauty Charge世代のみなさん。

今日も、ままならない恋愛にヤキモキしていませんか?

女はいつだって愛に生きる性。

それは、例えば約400年前、現在、大河ドラマで放映中の『真田丸』の時代だって一緒です。

今回は、戦国時代のお姫様たちの恋愛事情をいつくかご紹介♡

もしかしたら、今よりもっと自由の効かなかった戦国時代のお姫様たちの生き方、愛し方が、あなたの恋のヒントになるかもしれません。

いつの時代から恋愛は自由になったの?

和服

現代に生まれた私たちは、片想いだろうと両想いだろうと、当たり前のように、自分が好きになった相手に恋をしています。

しかし、この当たり前が普及されたのは、150年ほど前のお話。

日本に「恋愛の自由」がもたらされた明治時代より以前は、家同士のつながりや、お見合いで決められた相手と結婚するのが一般的でした。

一方で、あの激動の戦国時代と言われる桃山時代では、一部、恋愛結婚が認められていたそうです。

お見合いと恋愛結婚が入り乱れる女たちの戦国時代。

彼女たちはいかにして、幸せを勝ち取ってきたのでしょうか。

お姫様たちたちの恋愛事情

それでは早速、戦国時代の女性たちが繰り広げた熱い恋愛模様を見ていきましょう。

驚異の女好き、豊臣秀吉の正妻、「寧々」

高台院(寧々)

引用:https://ja.wikipedia.org/

女好きのパートナーの浮気にお悩みの方のお手本となるのが、あの豊臣秀吉の正妻、寧々(ねね)

百姓からの異例の出世を果たし、天下統一を叶えた秀吉を、生涯支え続けた女性です。

大河ドラマでは、鈴木京香さんや大竹しのぶさんなどの名女優が演じています。

寧々と秀吉の恋愛から学ぶ

秀吉と寧々は恋愛結婚でした。

仲睦まじい夫婦である傍ら、秀吉はとても女好きで、なんと生涯で14人もの側室(本妻以外に認められた側妻、妾)をとったとされています!

その上、秀吉と寧々との間には子宝に恵まれませんでした。

当時、跡取りの男子を産むことは女にとって最大のミッション。

自分が跡取りを産めない上に、14人もの側室を置き、そのうちの一人の女性に子供ができしまうという悲劇!

それでも秀吉を支え続ける器の広さといったら、正妻の鏡です。

寧々の相談相手とは?

そんな寧々も、一度は秀吉のあまりの女好きっぷりに限界を感じ、ある人物に相談しています。

それはなんとあの「織田信長」

秀吉の上司にあたる信長は

「寧々ほどイイ女はいない。秀吉にはもったいないくらいだ!大丈夫、もっと自信を持ちなさい。」

と寧々を励ましたそうな。


たった1度の浮気さえ、ギャーギャー騒ぎ立ててしまう現代女性。

もしかしたら、1本筋を通し心を広く持ってパートナーを支えていくと、ぐんぐん出世してくれるかもしれませんね♪

寧々から学ぶ恋のHow toまとめ

  • 英雄色を好む。
  • 浮気されても騒ぎ立てずに、器を広く持ってパートナーを支えましょう。
  • 本当に困り果てたら、彼が尊敬する上司にこっそり相談してみましょう。

年の差婚のパイオニア!「茶々」

淀殿(茶々)

引用:https://ja.wikipedia.org/

その秀吉の子供を、唯一産んだ側室が「茶々」とい女性。
織田信長の姪っ子に当たります。

大河ドラマ『真田丸』では、竹内結子さんが、小悪魔風に演じて話題となっていますね。

茶々と秀吉との恋愛に学ぶ!

茶々にとって、秀吉は、愛する父や兄、そして義父や母を死に追いやった憎き天敵でした。

しかし、そんなことはおかまいなしに、母譲りの美貌を持った茶々に、秀吉が猛アピール!

大嫌いなアイツでしたが、あまりにも猛アピールしてきて、ついに茶々は秀吉の側室になります。

年の差はなんと32歳!!

30歳以上年上の、大嫌いなおじさんの腕に抱かれて生き延びるという、まさに女の戦国時代。

その後、茶々は男児を出産し、城を与えられるなどして、豊臣家の手厚い愛情を受けて過ごしましたとさ。(豊臣家が滅びるまでは…)

茶々から学ぶ恋のHow to

  • 大嫌いなアイツだけど、そこまで愛してくれるなら、ちょっとくらい誘いに乗ってみてもイイかも♪
  • 年の差なんて気にしないー!!

1人の男に執着しない!「江」

崇源院(江)

引用:https://ja.wikipedia.org/

先ほどの茶々の妹、「江」
3姉妹の末っ子に当たります。

かつて、大河ドラマ『江〜姫たちの戦国』では、上野樹里さんが主役を務めた一躍有名になったお姫様。

江の恋愛に学ぶ!

江も、まさに時代の波に翻弄され、最終的に幸せを勝ち取った一人。

なんと、3度の結婚をしています。

1人目の夫は、豊臣秀吉に別れさせられ、2人目の夫は、結婚わずか数カ月で戦場にて病死という、悲劇の結婚を2度も繰り返します。

それでも江はくじけませんでした。

22歳にして、3度目の結婚を決意するのです。

お相手は、6歳年下の彼、徳川幕府の2代目将軍「秀忠」。

彼はどうやらあまり戦は強くないみたいだけど…戦国時代も終わりを迎え、太平の世。

江は、秀忠との間に7人の子を授かり、江戸城の「大奥」に君臨!名を上げていくのでした。

江から学ぶ恋のHow to

  • いくつ愛を失っても、決してくじけない!
  • 頼りない年下の彼でも、幸せをつかめる…♡

遠距離恋愛に負けない!「細川ガラシャ」

細川ガラシャ

引用:https://ja.wikipedia.org/

あの“本能寺の変”で織田信長を討った明智光秀の娘、「玉(たま)」

熱心なキリスト教徒で、洗礼名の“ガラシャ”として名高いお姫様です。

大河ドラマでは、橋本マナミさんやミムラさんが、演じていました。

ガラシャと忠興の恋愛に学ぶ!

ガラシャは、15歳の時に、細川忠興という武将の妻となりました。

名将、武将細川忠興と、絶世の美女ガラシャは、大変、仲睦まじい夫婦となり幸せに暮らしていましたが、それもつかの間―。

本能寺の変で、実父が、織田信長を討ち、世の大悪党とされてしまうのです!

その血を引く娘のガラシャも、愛する夫と離され、京都の山奥に幽閉されてしまいました。

辛い遠距離恋愛の始まりです。

しかし、彼女は想い続けました。

京都の山奥で、愛する夫にもう一度会える日を!

やがて2年後、許しを得て解放され、夫の元へ戻ることができたのですが、そこには新しい側室が…!

とはいえ、その後も、夫はガラシャを嫉妬するほど愛し続けたという説があります。

そんな、あまりにも辛い人生を救ってくれたのがキリスト教でした。

夫には反対されましたが、熱心なキリスト教徒となり、やがては洗礼を受けたガラシャ。

激しい戦国時代の最中、心の平和を祈り続けた、凛とした芯の強い女性です。

ガラシャから学ぶ恋のHow to

  • 遠距離恋愛が不安でも、自分が一番愛されていると自信を持とう!
  • 恋愛以外で没頭できる趣味や仕事を見つけると、辛い時の助けに!

まとめ

恋愛

いつの時代も溢れる恋の悩み。

400年前にも、同じように、嘆き苦しみ、愛に生きた女性たちがいました。

そんな歴史に想いを馳せながら、今のあなたの恋、もうちょっとだけがんばってみませんか?

Pick Up

Return Top